マツダ・ラピュタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズキ・Kei > マツダ・ラピュタ
マツダ・ラピュタ
前期型
Mazda Laputa.jpg
後期型
Mazda Laputa 2000.jpg
乗車定員 4人
ボディタイプ 3/5ドア ハッチバック
(実質的にはクロスオーバーSUV
エンジン F6A型 直3 SOHC 658cc
K6A型 直3 DOHC 658cc
変速機 4AT
駆動方式 FF/4WD
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,435mm-1,550mm
ホイールベース 2,360mm
車両重量 760kg-830kg
別名 OEM元:スズキ・Kei
-自動車のスペック表-

ラピュタ(Laputa)はマツダが販売していた軽自動車スズキ・KeiOEM供給を受けて販売していた。

概要[編集]

スズキ・Keiのマツダ仕様である。セダンSUVの間の新しいジャンルの軽自動車として登場した。セダンより高めの全高と大径タイヤが特徴。最低地上高を高くし悪路走破性を高めている。

ほとんどの立体駐車場を苦にしないセミトールスタイルに、視界の良いヒップポイントを採用したパッケージをもっている。

搭載するエンジンは直3DOHC-VVTと同ターボ(いずれもK6A型エンジン)、それに直3SOHCターボ(F6A型エンジン)の3種類。VVTエンジンは平成12年度「優-低排出ガス」、ターボエンジンは「良-低排出ガス」認定を取得している。

ターボグレード(S-turbo,X-turbo)のベース車でもある、E-limitedは、「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」・「平成22年度燃費基準+5%」に認定され、グリーン税制対象車に指定されていた。

歴史[編集]

  • 1998年10月の軽自動車新規格化に伴って、1999年3月24日発表。当初は単にKeiのバッジ違いでしかなかった。
  • 2000年:マイナーチェンジ。他のスズキOEM車両同様に五角形のマツダグリルが与えられた。このマイナーチェンジから5ドア車のみとなり、当初の3ドアハッチバックボディも設定するSUV的な性格は一掃されている。
  • 2001年:インパネが、センターパネルに厚みをもたせたデザインに一新。これに伴い直3SOHCターボ(F6A型エンジン)搭載車が廃止。
  • 2005年12月:カタログ落ちの為、販売終了。

車名の由来[編集]

パーツを共用する車種[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]