マツダ・アンフィニMS-9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マツダ・アンフィニMS-9
マツダ・929
(北米仕様車)
Mazda 929 .jpg
アンフィニ MS-9 リア
Mazda Ẽfini MS-9 rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア サルーン
エンジン 2.5L V6 J5-DE型
3.0L V6 JE-ZE型
駆動方式 FR
最高出力 J5-DE型
117kW (160PS) /6,000rpm
JE-ZE型
147kW (200PS) /6,000rpm
最大トルク J5-DE型
210N·m (21.5kgf·m) /3,500rpm
JE-ZE型
270N·m (27.7kgf·m) /3,500rpm
変速機 4速AT
サスペンション マルチリンク式
全長 4,925mm
全幅 1,795mm
全高 1,380mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,590-1,640kg
-自動車のスペック表-

アンフィニ MS-9 (Ẽfini MS-9) は、マツダが展開していた販売店ブランドアンフィニ(旧マツダオート)で、1991年から1993年にかけて販売されたEセグメント4ドア高級セダンである。

車名のアンフィニ MS-9は、同車が販売される販売店ブランドアンフィニの名称に、英語で「大いなる思い」を意味するMegalo Spiritsの頭文字と車格を示す9とを組み合わせできた造語で、「無限大に広がる喜びを提供するサルーン」の意味合いが込められている。

概要[編集]

1991年10月から販売が開始された[1]。アンフィニMS-9は、当時マツダが推し進めていた販売店舗網の多チャンネル化に伴い、すでに同年6月に販売されていたセンティアをベースに、フロントグリルやアルミホイールといった主要パーツの一部意匠変更を施したバッジエンジニアリングモデルで、同社が展開していた販売店ブランドアンフィニのフラッグシップモデルとして位置づけられていた。

主要パーツの一部意匠変更のほか、センティアには設定されない「ブラックフォレストマイカ」がアンフィニMS-9専用色としてボディカラーに設けられるなど両車との差別化は図られたものの、ボディやエンジンといった基盤メカニズムをすべて共有するためか、両車を事実上の同一モデルとして捉える向きがある[2]

バブル崩壊とマツダの経営悪化に伴いアンフィニMS-9の販売は1993年をもって打ち切られ、翌年1月にマイナーチェンジを実施するセンティアに統合されることとなった。なお、同車の販売が打ち切られた後も、センティアは引き続き2000年まで販売されている。

ラインナップ[編集]

グレード名称 生産年度 車両型式 排気量 新車価格 備考
25タイプI 1991年10月-1993年6月 E-HD5S 2.494L 275.0万円
25タイプII 299.0万円
30タイプIII E-HDES 2.954L 358.0万円
30タイプIV 414.0万円
30タイプJ 1992年10月-1993年6月 367.0万円 アンフィニ店開業1周年を記念した特別仕様車「30タイプJ」を新設定。
25タイプSE 1993年6月-1993年12月 E-HD5S 2.494L 282.6万円 一部改良を実施。
「25タイプI」を廃止するとともに、「25タイプSE」、「25タイプIII」、「30タイプJ」を新設定。
25タイプII 300.0万円
25タイプIII 320.0万円
30タイプJ E-HDES 2.954L 317.0万円
30タイプIII 350.0万円
30タイプIV 414.0万円

脚注[編集]

  1. ^ 1991年5月から同年10月までの僅か半年程度の間は、旧マツダオート店としてセンティアを販売してあった。
  2. ^ Gazooホームページ>名車館>国名【メーカー・ブランド】一覧>アンフィニ>1991年 アンフィニ・MS-9 30タイプIV Archived 2005年2月8日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]