マツダ・ユーノスカーゴワゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ユーノスカーゴワゴン (EUNOS CARGO WAGON)は、マツダが展開していた販売店ブランドユーノスで、1990年から1993年にかけて販売された、Cセグメントに属するキャブオーバーワンボックスである。

概要[編集]

マツダ・ユーノスカーゴワゴン
Photo:MAZDA BONGO WAGON
Mazda Bongo Wagon 301.JPG
製造国 日本の旗 日本
乗車定員 8名
エンジン FE型 1.998L 直列4気筒
RF型 1.998L 直列4気筒
駆動方式 FR
AWD
最高出力 60kW(82PS)/5000rpm
56kW(76PS)/4000rpm
最大トルク 152Nm(15.5kgm)/2500rpm
171Nm(17.5kgm)/2000rpm
変速機 5MT
4AT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:車軸式半楕円板ばね
全長 4330mm
全幅 1645mm
全高 1930mm[1] (FR車)
1980mm[1] (AWD車)
車両重量 1380kg-1650kg
トレッド 前:1415mm (FR車)
後:1370mm (FR車)
前:1450mm (AWD車)
後:1390mm (AWD車)
最小回転半径 4.3m (FR車)
5.1m (AWD車)
別名 E-Series
スペクトロン
ボンゴ
※50音順
後継 ボンゴ(マツダブランド)に転換
-自動車のスペック表-

1990年2月から販売が開始された。ユーノスカーゴワゴンは、当時マツダが推し進めていた販売店舗網の多チャンネル化に伴い、すでに1983年9月に販売されていたボンゴワゴンをベースに、ボディサイドのストライプといった主要パーツの一部意匠変更を施したバッジエンジニアリングモデルで、同社が展開していた販売店ブランドユーノスのファミリーユース向けモデルとして位置づけられていた(ワゴンのほかボンゴの商用車仕様にあたる「ユーノスカーゴバン」「ユーノスカーゴトラック」も存在した)。

主要パーツの一部意匠変更のほか、ボンゴワゴンには設定されない「ブリリアントブラック/シルエットシルバーマイカ」の2トーンカラーがユーノスカーゴワゴン専用色としてボディカラーに設けられるなど、両車との差別化は図られたものの販売は思うように振るわず、結果として苦戦を強いられることとなった。

(バンとトラックも含め)ユーノスカーゴの販売は1993年7月をもって打ち切られ、翌月にマイナーチェンジを実施するボンゴワゴンに統合されることとなった。なお、同車の販売が打ち切られた後も、ボンゴワゴンは引き続き1999年まで販売されている。

ラインナップ[編集]

グレード名称 生産年度 車両型式 排気量 新車価格
2.0 (5MT) 1990年2月-1993年7月 E-SSE8WE FE型 1.998L 172.0万円
2.0 (4AT) 179.3万円
2.0 サンルーフ (5MT) 179.7万円
2.0 サンルーフ (4AT) 187.0万円
2.0 ディーゼルターボ (5MT) Q-SSF8WE RF型 1.998L 181.5万円
2.0 ディーゼルターボ (4AT) 188.8万円
2.0 サンルーフ ディーゼルターボ (5MT) 189.2万円
2.0 サンルーフ ディーゼルターボ (4AT) 196.5万円
2.0 ディーゼルターボ 4WD (5MT) Q-SSF8RE 208.9万円
2.0 サンルーフ ディーゼルターボ 4WD (5MT) 216.6万円
2.0 X (5MT) 1993年2月-1993年7月 188.0万円
2.0 X (4AT) 196.1万円
2.0 RV-X (5MT) 207.8万円
2.0 RV-X (4AT) 216.9万円

脚注[編集]

  1. ^ a b サンルーフ装着車は-5mm。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]