マツダ・CX-3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マツダ・CX-3
DKEFW/DKEAW/DK5FW/DK5AW/DK8FW/DK8AW型
2015年2月登場型 フロント
Mazda CX-3.jpg
2015年2月登場型 XD リア
Mazda CX-3 XD (DK5FW) rear.JPG
2015年2月登場型 コクピット
Mazda CX-3 interior.jpg
製造国 日本の旗 日本
タイ王国の旗 タイ
販売期間 2015年2月27日 -
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン PE-VPS型/PE-VPR型:
1,997cc 直列4気筒 直噴DOHC
2017年6月-
S5-DPTS型/S5-DPTR型:
1,498cc 直列4気筒 直噴DOHCディーゼルターボ
2015年2月-2018年5月
S8-DPTS型/S8-DPTR型:
1,756cc 直列4気筒 直噴DOHCディーゼルターボ
2018年5月-
駆動方式 前輪駆動
四輪駆動(i-ACTIV AWD)
最高出力 PE-VPS型/PE-VPR型:
109kW (148PS)/6,000rpm
2017年6月-2018年5月
110kW (150PS)/6,000rpm
2018年5月-
S5-DPTS型/S5-DPTR型:
77kW (105PS)/4,000rpm
2015年2月-2018年5月
S8-DPTS型/S8-DPTR型:
85kW (116PS)/4,000rpm
2018年5月-
最大トルク PE-VPS型/PE-VPR型:
192N・m (19.6kgf・m)/
2,800rpm
2017年6月-2018年5月
195N・m (19.9kgf・m)/
2,800rpm
2018年5月-
S5-DPTS型/S5-DPTR型:
270N・m (27.5kgf・m)/
1,600-2,500rpm
2015年2月-2018年5月
S8-DPTS型/S8-DPTR型:
270N・m (27.5kgf・m)/
1,600-2,600rpm
2018年5月-
変速機 6速MT(2.0Lガソリン4WD車のみ未設定)
6速AT (6EC-AT)
サスペンション 前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
全長 4,275mm
全幅 1,765mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,570mm
車両重量 1,240-1,340kg
2015年2月-2016年10月
1,250-1,360kg
2016年10月-2017年6月
1,240-1,360kg
2017年6月-2018年5月
1,230-1,390kg
2018年5月-
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク
後:ディスク
-自動車のスペック表-

CX-3(シーエックス・スリー)はマツダが製造・販売するクロスオーバーSUV型の乗用車である。

概要[編集]

SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した新世代車種の第5弾となるコンパクトクロスオーバーSUVである。 エンジンはディーゼルエンジンガソリンエンジンの2種類が用意される。日本での発売当初は「SKYACTIV-D 1.5」のみの設定であったが、2017年6月より、海外市場では既に搭載済みだった「SKYACTIV-G 2.0」が新たに設定された。「SKYACTIV-G 2.0」搭載車が設定されるまでは、日本で販売される乗用車では唯一のディーゼルエンジン専用車であった。なお、2018年5月の大幅改良で、ディーゼルエンジンが「SKYACTIV-D1.8」に換装されている。

メカニズム
日本仕様では、前述のとおり1.8Lディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 1.8」と、2.0Lガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」が設定されており、ディーゼル車はS8-DPTS型が、ガソリン車はPE-VPS型が搭載されるが、「PROACTIVE」系と「L Package」系のAT車にメーカーオプション設定されている減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」を選択した場合、エンジン形式名がディーゼル車はS8-DPTR型、ガソリン車はPE-VPR型に変更される。ガソリン車は「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得する。なお、ディーゼルエンジン車は2018年5月まで、4代目デミオの「XD」系グレードに搭載されている1.5Lディーゼル「SKYACTIV-D 1.5」のS5-DPTS型(「i-ELOOP」搭載車はS5-DPTR型)が搭載されていた。
グレード
グレードはガソリン車の「20S」とディーゼル車の「XD」があり、それぞれに、標準仕様・「PROACTIVE(プロアクティブ)」・「PROACTIVE S Package」・「L Package」が用意されている。いずれのグレードにも、駆動方式は2WD(FF)と4WD(i-ACTIV AWD)が設定され、トランスミッションは6MT(SKYACTIV-MT)と6EC-AT(SKYACTIV-DRIVE)が用意される。(2.0Lガソリンエンジンの4WD車は、6EC-ATのみの設定)

年表[編集]

2014年11月19日
新型コンパクトクロスオーバー『マツダ CX-3』を世界初公開[1]。2015年春より、日本から順次グローバルに導入を開始する予定、と発表した。合わせて、同年11月21日から30日まで開催されるロサンゼルスオートショーに出品することも発表。
2014年11月19日
2015年1月9日~11日に開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC」に、を参考出品することを発表[2]
2015年2月27日
「マツダ CX-3」を発売[3]
  • エンジンは、直列4気筒1.5Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D 1.5」(「S5-DPTS」型。「i-ELOOP」装着型は「S5-DPTR」型)を搭載。トランスミッションは、6速MT(SKYACTIV-MT)と6速ATSKYACTIV-DRIVE」(6EC-AT)を全グレードに設定。駆動方式は2WD (FF)と4WDを選択可能。ラインアップは、「XD」・「XD Touring」・「XD Touring L Package」の3タイプ。
  • ボディカラーは、新色「セラミックメタリック」のほか、「クリスタルホワイトパールマイカ(特別塗装色)」、「メテオグレーマイカ」、「ジェットブラックマイカ」、「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」、「チタニウムフラッシュマイカ」、「ディープクリスタルブルーマイカ」、「ダイナミックブルーマイカ」の全8色を設定。
2015年10月26日
タイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.(AAT)」で「CX-3」の生産開始を祝う式典を実施[4]。「AAT」は、CX-3にとって初の海外生産拠点となる。
2015年12月24日。
商品改良[5]
  • 従来は「イノベーションパッケージ」の一つとしてオプション設定されていた「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を標準装備化。また、フロントドアガラスの厚みを増すことで車外騒音の室内への透過を抑えた。
  • 走行面では、前後ダンパーの内部構造、フロントスタビライザーの構造を改良し、乗り心地を改善。電動パワーステアリングの制御を改良したほか、エンジンのトルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を行い、軽負荷領域におけるアクセル操作に対するクルマの反応をよりダイレクトになるように設定した。
  • インテリアでは、「XD Touring L Package」に、パーフォレーションレザーや「ラックススエード」をシートに使用した黒革内装仕様を追加設定した。
2016年5月27日
平成27年度JNCAP自動車アセスメントにおいて、当年度最高得点で新・安全性能総合評価ファイブスター賞を受賞したことを発表[6]
2016年10月14日
商品改良、及び特別仕様車「XD Noble Brown」を設定[7]。(11月24日発売)
  • 「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を全車に標準装備したほか、サスペンションや電動パワーステアリングのチューニングを行い、操縦安定性・乗り心地を向上させた。燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で制御することでノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を全車に標準装備。さらに、リフトゲートのガラスの板厚をアップし、遮音・吸音材の追加採用により、風騒音やロードノイズを抑制した。
  • 「XD」を除く全車に装備される「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」を改良し、上部に走行環境情報、下部に車両情報を集約・区分するとともに、フルカラー・高輝度・高精細・高コントラスト化。併せて、メーター表示の字体の見直しと、左右液晶ディスプレイの高コントラスト化により、瞬間的な読み取りやすさと質感を向上。運転席10Wayパワーシート&シートメモリーには、シートポジションと連動してアクティブ・ドライビング・ディスプレイの角度・明るさ・ナビの表示設定などを登録できる機能を追加(「XD L Package」に標準装備、「XD PROACTIVE」にメーカーセットオプション)。また、ステアリングホイールはデザインを一新するとともに、ステアリングヒーターを新採用(「XD L Package」に標準装備、「XD PROACTIVE」にメーカーセットオプション)した。さらに、ドアロックに連動してドアミラーを自動格納・展開する機能を全車に標準装備した。
  • 安全装備では、歩行者の検知も可能にし、作動速度域を拡大した「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」を全車に標準装備し、後退時の衝突被害軽減をサポートする「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」を新設定(「XD L Package」に標準装備、「XD PROACTIVE」にメーカーセットオプション)した。また、速度標識の見落としを防ぎ安全運転をサポートする「交通標識認識システム(TSR)」、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を新採用(「XD PROACTIVE」、「XD L Package」に標準装備)した。
  • ボディカラーは、クリスタルホワイトパールマイカ(特別塗装色)」を「スノーフレイクホワイトパールマイカ(特別塗装色)」に、「メテオグレーマイカ」を「マシーングレープレミアムメタリック(特別塗装色)」に、「ダイナミックブルーマイカ」を「エターナルブルーマイカ」にそれぞれ変更し、全8色とした。また、LEDヘッドランプと18インチアルミホイールを「XD」にも装備した。
  • グレード名称が変更となり、「XD Touring」を「XD PROACTIVE」に、「XD Touring L Package」を「XD L Package」とした。
  • 特別仕様車「XD Noble Brown」は、「XD L Package」のAT車(i-ELOOP非装着車)がベース車。ブラウンを基調にグレーのアクセントと金属加飾を組み合わせ、シート素材に高級革のナッパレザーとセーレンのスエード調人工皮革「グランリュクス」を採用。アルミホイールは高輝度ダーク塗装を施した。ボディカラーは「チタニウムフラッシュマイカ」を除く7色が設定される。
2016年12月15日
「宇品第1工場」に加え、同日から「防府第1工場」でも生産が開始された[8]
2017年3月28日
タイ自動車ジャーナリスト協会(Thai Automotive Journalists Association、略称TAJA)が主催する「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」の受賞を発表[9]
2017年6月2日
ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車(2017年夏発売予定)が、「WLTCモード」の認可を取得したと発表[10]
2017年6月28日
一部改良、並びにガソリン車を追加[11]。(ディーゼル車は6月29日発売、ガソリン車は7月27日に発売)
  • 直列4気筒2.0Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」車を新設定(「PE-VPS」型。「i-ELOOP」装着型は「PE-VPR」型)。トランスミッションは、6速ATSKYACTIV-DRIVE」(6EC-AT)のみが設定される。グレードは「20S」・「20S PROACTIVE」・「20S L Package」の3種で、駆動方式は2WD (FF)と4WDを設定。2018年10月以降に表示が義務化される燃費モード「WLTCモード」の認可を先行して取得している。
  • 先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の標準装備化が行われ、既に標準装備済みのアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)、アダプティブ・LED・ヘッドライト(「PROACTIVE」系・「L Package」系に装備)に加え、車線逸脱警報システム(LDWS)、スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]](SCBS R)、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)、リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)、リアパーキングセンサー(センター/コーナー)を全車に標準装備。更に、AT車にはAT誤発進抑制制御[前進時/後退時]を、「20S」と「XD」にはハイビーム・コントロール・システム(HBC)をそれぞれ標準装備した。
  • ボディカラーは、「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」に替わり、「ソウルレッドクリスタルメタリック(特別塗装色)」を採用した。
  • 特別仕様車「XD Noble Brown」はベースグレードの改良を受けて継続販売し、新たにガソリン車の「20S Noble Brown」を追加設定した。
2018年3月29日
「2018ニューヨーク国際自動車ショー」において、商品改良した「マツダ CX-3」を世界初公開。[12]。商品改良モデルは、2018年春以降、グローバルに順次導入予定、と発表。
2018年5月17日
大幅改良、並びに特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブ モッズ)」を設定[13]。(5月31日発売、「Exclusive Mods」は7月生産開始)
  • 次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の一部が取り入れられ、フロントダンパーやフロントスタビライザー・コイルスプリングの改良や「G-ベクタリングコントロール」制御・電動パワーステアリング制御の最適化を実施。サスペンションの改良に合わせて新開発の18インチタイヤを採用し、乗り心地を向上。フロント/リアドアのアウターパネルやリアドアガラスの板厚向上、ドアシールの遮音性とルーフ部の吸音性向上により、静粛性をレベルアップ。フロントシートの座面クッションはCX-8と同じ高減衰ウレタンを採用し、座り心地と乗り心地を向上させている。
  • ディーゼルエンジンは、新開発された直列4気筒1.8Lターボ「SKYACTIV-D 1.8」(「S8-DPTS」型。「i-ELOOP」装着型は「S8-DPTR」型)を新搭載。エンジン排気量をアップ(1.5L → 1.8L)し、超高応答マルチホールピエゾインジェクターや可変ジオメトリー シングルターボチャージャーなどが採用された。従来モデルに対し、最高出力で+11PS(+8kw)の116PS(85kw)に、最大トルクは変わらず27.5kgf・m(270N・m)となっている。ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」は、CX-5のガソリン車でも導入されたエッジカットピストン、低抵抗ピストン、新ノズル付き拡散インジェクターを採用する等、改良を実施。従来モデルに対し、最高出力で+2PS(+1kw)の150PS(110kw)に、最大トルクで+0.3kgf・m(+3N・m)の19.9kgf・m(195N・m)に向上している。
  • エクステリアは、ラジエーターグリル、LEDリアコンビネーションランプ、アルミホイールなどのデザインを変更。また、グロスブラックのフォグランプベゼル、ピラーガーニッシュ、サイドガーニッシュモールを採用。なお、ボディカラーの設定に変更は無い。
  • インテリアは、電動パーキングブレーキ(EPB)の採用によりセンターコンソールが刷新され、アームレストやマルチボックスを新設定。リアシートにもカップホルダー付アームレストが装備された。また、インストルメントパネルやシート、ドアトリムの素材・カラーコーディネーションの見直しを実施した。
  • 装備面では、「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」に、マツダ車初採用となる夜間歩行者検知機能付に、また「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」は作動下限速度を0km/hまで拡大された全車速追従機能付(ただしAT車のみ。MT車は従来同様に下限30km/hまでの追従)にそれぞれ改良された。さらに、360°ビュー・モニターを全車にメーカーオプション設定、自動防眩ルームミラーを全車に標準装備とした。
  • グレード構成の見直しを行い、2.0Lガソリンエンジン搭載車は、2WD車にのみ6速MT(SKYACTIV-MT)を追加設定。また、「20S PROACTIVE」・「XD PROACTIVE」に、フロントLEDフォグランプ、メッキガーニッシュ(フロント&サイド下部)、ステアリングヒーター、運転席&助手席シートヒーターを追加し、運転席を10Wayパワーシート&シートメモリー(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ連動)にグレードアップした「20S PROACTIVE S Package」・「XD PROACTIVE S Package」が新設された。
  • 特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」は、「20S L Package」・「XD L Package」(それぞれ6EC-AT車)がベース。ディープレッドのナッパレザーシートとインパネデコレーションパネルで構成された専用インテリアコーディネーションが採用されるとともに、18インチアルミホイールは高輝度ダーク塗装に変更され、フロントガラスとフロントドアガラスにスーパーUVカットガラス&IRカットガラスが装備された。ボディカラーは「チタニウムフラッシュマイカ」と「エターナルブルーマイカ」を除く6色を設定。

出典[編集]

  1. ^ “マツダ、新型コンパクトクロスオーバーSUV「マツダ CX-3」を世界初公開” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2014年11月19日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2014/201411/141119a.html 
  2. ^ “東京オートサロン2015に新型「マツダ CX-3」、新型「マツダ ロードスター」を参考出品” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2014年12月18日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2014/201412/141218a.html 
  3. ^ “新型「マツダ CX-3」を発売” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2015年2月27日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201502/150227b.html 
  4. ^ “新型「マツダ CX-3」を発売” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2015年10月26日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201510/151026b.html 
  5. ^ “「マツダ CX-3」を商品改良” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2015年12月24日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201512/151224d.html 
  6. ^ “「マツダ CX-3」、JNCAPファイブスター賞を平成27年度最高得点で受賞” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2016年5月27日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201605/160527a.html 
  7. ^ “「マツダ CX-3」の商品改良車を発表” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2016年10月14日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201610/161014a.html 
  8. ^ “マツダ、防府工場で「CX-3」の生産を開始” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2016年12月15日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201612/161216a.html 
  9. ^ “「CX-3」が「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2017年3月28日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201703/170328a.html 
  10. ^ “「マツダ CX-3」がWLTCモード走行試験の認可を取得” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2017年6月2日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201706/170602a.html 
  11. ^ “「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2017年6月2日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201706/170602a.html 
  12. ^ “マツダ、ニューヨークモーターショーにて商品改良した「マツダ CX-3」を初公開” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2018年3月29日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201803/180329a.html 
  13. ^ “「「マツダCX-3」を大幅改良” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2018年5月17日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201805/180517a.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]