オートザム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツダ > オートザム

オートザム(Autozam)とは マツダの販売系列の一つである。マツダ5チャンネル体制の1つとして、1989年に設立された。

概要[編集]

「あなたの街の身近なカーショップ」をディーラーコンセプトに掲げ、中小規模の整備工場や中古車販売店を中心に販売網を整備したことが特徴の一つである。ブランド戦略ではユーノスアンフィニと同様にマツダの名を伏せて展開した。設立時のラインナップは軽自動車が中心で、最上級車はクロノスベースのセダンであるクレフ

また、高級車ラインナップを補う目的でランチアの正規輸入権を取得し[1]ランチア・テーマランチア・デルタアウトビアンキ・Y10といったイタリア・フィアットオートが製造するランチアアウトビアンキブランドの乗用車も販売されていた。

全国販売網は「株式会社オートザム」および地区卸会社(株式会社オートザム○○)が統括していた。

「マツダオートザム店」への順次移行[編集]

1998年、全国オートザム店の店舗規模・売り上げ等に一定の基準が設けられ、基準をクリアした店舗の看板は「マツダオートザム」と掲げられることとなり、取り扱い車種はマツダ店と同一化が図られる。またチャンネル発足時の主力販売車両であった軽自動車は、独自開発車両の開発は止めてスズキからのOEM車となる。基準未達成の店舗は新機種の販売権を与えられないままディーラー権を返上していき、結果2000年前半までに、約900店舗あったオートザム店は350店のマツダオートザム店へと変わった[2]。また、ランチアの正規輸入権も1998年までに返上した。

販売車種も1998年より、「マツダオートザム店」に変更した店舗はファミリアボンゴプレマシーの販売権を与えられた。

チャンネル再編期では、マツダオートザム店に移行できなかったオートザム店は、看板はそのままで取り扱い車種も軽自動車だけだったが、新機種としてAZ-オフロードラピュタがマツダオートザム店と併売されていた。この2車以降「オートザム店」への新機種投入は無くなった。

その後は、2003年にアクセラ、2004年3月にMPVトリビュートボンゴフレンディの取り扱いを開始。マツダの他のチャンネル(マツダアンフィニ店・マツダ店)でも、オートザムの専売車種だったキャロルスピアーノAZ-ワゴンスクラムを取り扱う様になり、他の販売チャンネルとの差別化は無くなっていったが、2015年2月現在も国内で販売されるマツダ車の最上位車種であるアテンザロードスターファミリアバンタイタンの取り扱いはない。[3]

2001年には株式会社オートザムと地区卸会社が合併して「株式会社マツダオートザム」となり、現在は当該会社が全国販売網を統括している。

専売時代の取り扱い車種[編集]

オートザム時代(1989年-1998年)の専売車種
外観 車種名 車格 販売期間 備考
Mazda Carol 001.JPG
CAROL
オートザムキャロル 軽乗用車 1989年-1998年 初代モデル販売終了より20年ぶりのモデル復活
2代目と3代目モデルが自社製造ボディ・スズキ製エンジンで製造
4代目以降はマツダブランドで2015年現在販売中
スズキアルトバッジエンジニアリングOEM)車となる
AUTOZAM SCRUM Standoff 01.jpg
SCRUM
オートザムスクラム 軽ワゴン
軽バン
軽トラック
1990年-1997年 1990年にマツダブランドからオートザムブランドの変更
スズキエブリイキャリイのバッジエンジニアリング(OEM)車
初代と2代目モデルがオートザムブランドで販売
2代目途中の1997年4月以降マツダブランドで2015年現在販売中
Mazda Revue 001.JPG
Revue
オートザムレビュー 小型乗用車 1990年-1998年 フォード・フェスティバの車台をベースに開発
レビューの車台はデミオにも活用
晩年にマツダブランド変更後、モデル廃止
Autozam AZ-3 front.JPG
AZ-3
オートザムAZ-3 小型クーペ 1991年-1998年 ユーノス・プレッソと姉妹車
販売当初AZ-3は直4エンジン、プレッソはV6エンジンのみの販売で差別化された
1998年にモデル廃止
MAZDA AZ-1.JPG
AZ-1
オートザムAZ-1 軽スポーツ車 1992年-1995年 自社製造ボディ・スズキ製エンジンで製造
スズキにキャラとしてOEM供給される
1995年にモデル廃止
Autozam Clef.JPG
Clef
オートザムクレフ 普通乗用車 1992年-1994年 クロノスなどとの姉妹車
1995年にモデル廃止
Autozam AZ-Wagon 001.JPG
AZ-Wagon
オートザムAZ-ワゴン 軽トールワゴン 1994年-1997年 スズキワゴンRのバッジエンジニアリング(OEM)車
初代途中の1997年4月以降マツダブランドで2012年11月まで販売
1st generation Mazda Demio.jpg
DEMIO
デミオ 小型ステーションワゴン - マツダの経営不振の時に各チャンネルで販売
マツダブランド
LanciaThema 3.0V6.JPG ランチアテーマ - -
Lancia Motor Club AGM July 2010IMG 2439 - Flickr - tonylanciabeta.jpg ランチアデドラ - -
Lancia delta HFintegrale Evo2 collezione.01.jpg ランチアデルタ - -
Lancia Motor Club AGM 2010 Thame Oxford IMG 2645 - Flickr - tonylanciabeta.jpg ランチアプリズマ - -
Lancia Y10 vl white.jpg アウトビアンキY10 - -
マツダオートザム移行後の(1998年-)の専売車種
外観 車種名 車格 販売開始年 備考
Mazda AZ-Offroad 001.JPG
AZ-OFFROAD
AZ-オフロード 軽SUV 1998年
Mazda Laputa.jpg
Laputa
ラピュタ 軽クロスオーバーSUV 1999年

オートザム取り扱い車種の車名には、オートザムを意味する『AZ』の付いた車種名が多かったが、ブランド戦略でマツダ色を隠す目的があった。

脚注[編集]

  1. ^ 輸入権はマツダが所有した。また同時期にガレーヂ伊太利屋も独自の販売網で輸入・販売していた
  2. ^ オートザムのディーラー権は返上したものの、地域のマツダ店の販売代理店として引き続きマツダ車を扱う店舗もある
  3. ^ 乗用車において、オンライン見積もりから販売店へ見積もりを依頼する場合、アテンザとロードスターの場合、マツダオートザム店が表示されなくなる。また、ファミリアバンについては、総合ラインナップカタログにおいて、オートザム店取扱いのアイコンが併記されていない。