ランチア・プリズマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランチア・プリズマ
Lancia Motor Club AGM 2010 Thame Oxford IMG 2645 - Flickr - tonylanciabeta.jpg
Lancia Prisma 1600 -'83.jpg
販売期間 1982年 - 1989年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン 1.3L SOHC 直列4気筒 8V
1.5L SOHC 直列4気筒 8V
1.6L DOHC 直列4気筒 8V
2.0L DOHC 直列4気筒 8V
本国はディーゼルもあった
駆動方式 FF 4WD
変速機 5速MT・3速AT
サスペンション 前:独立 マクファーソンストラット コイル 後:独立 マクファーソンストラット コイル
全長 4,180mm
全幅 1,620mm
全高 1,385mm
ホイールベース 2,475mm
車両重量 1,210kg(2.0L/4WD)
後継 ランチア・デドラ
-自動車のスペック表-

プリズマPrisma )は、イタリアの自動車会社ランチアが製造していたFF方式及び4WDの乗用車。

かつての正規輸入元であるガレーヂ伊太利屋が輸入販売していた。

概要[編集]

プリズマは、デルタの姉妹車種として1982年に発表された。ボディタイプは3ボックスの4ドアセダンのみ。 基本的にはデルタの3ボックスセダン版というべきものであるが、デルタ同様ボディ・デザインをイタルデザインが担当し、ノーブルな雰囲気に仕立てられている。

エンジン・モデル[編集]

ガソリンはすべて直列4気筒SOHC8Vの1.3リッター、1.5リッター、DOHC8Vの1.6リッター、DOHC8Vの2リッター。その他本国ではディーゼルもあった。

内装は、エルメネジルド・ゼニアの生地をシート全面やドアトリムに用いるなど、高級な雰囲気に仕立てられている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]