ヨシモトファンダンゴTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プリプリプリンスから転送)
移動先: 案内検索
ヨシモトファンダンゴTV
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社よしもとファンダンゴ
放送(配信)開始 2000年11月1日
放送(配信)終了 2008年3月31日
ジャンル 国内ドラマ・バラエティ・舞台
放送内容 バラエティ番組・劇場中継など
視聴可能世帯数 なし
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社よしもとファンダンゴ
チャンネル番号 Ch.284
放送開始 2000年11月1日
放送終了 2008年3月31日
J:COM 799

ヨシモトファンダンゴTV(ヨシモトファンダンゴテレビ)は、吉本興業系列会社のよしもとファンダンゴが運営していた日本お笑い専門チャンネルスカパー!と一部のケーブルテレビで放送されていた。略称はファンダンゴTV、YFTV。

概要[編集]

2000年12月開局。当初は番組ソフトが少なく未整備であったこともあり、教養・各種学問、講座番組を中心に放送する「教養チャンネル」の分野で開局。開局当初は山崎邦正(現:月亭方正)が校長を務め、イベントの司会などを行っていた。その後、ルミネtheよしもとのオープンなどに伴うお笑い番組ソフトの充実化が進むにつれ次第に方向転換していき、開局後約1年してから「お笑い専門チャンネル」にリニューアルされた。

放送内容はオリジナルのバラエティ番組、劇場中継(ルミネtheよしもとうめだ花月baseよしもと、若手芸人の単独ライブ等)、かつて地上波で放送された吉本興業が製作に携わったバラエティ番組の再放送など。出演者はほとんどが吉本興業所属の芸人である。さらに2005年からは吉本総合芸能学院(NSC)の通信講座も放送された。インターネットと連動した番組が多いのが特徴。いくつかの番組をインターネットで同時生放送したり、オンデマンド配信(有料・無料)していた。

TOKYO MXテレビ神奈川などの独立UHF局に番組を販売することもあった。スカイパーフェクTV!での月額視聴料金は525円(税込)だったが、2005年12月から1300円(税込)に値上げし、また多チャンネルパックに含まれなくなり単独チャンネルでの契約が必要となったほか、一部ケーブルテレビのベーシックチャンネルからも外れ、別途オプションで契約しなければならなくなった。

2005年11月28日から、365日5時間の生放送のヨシモト∞を2回の再放送を含めて1日の内の15時間放送し、番組の編成を大幅にリニューアルした。2008年3月31日24:00をもって放送終了。2008年4月1日からYahoo! JAPANと共同で出資したインターネット放送「Y∞Y動画」に移行した。

放送されていた番組[編集]

閉局以降もY∞Y動画よしもと劇場で2008年12月31日まで放送された。
閉局以降もTOKYO MXでは2009年9月27日まで放送された。
毎週月曜 - 金曜 18:00 - 19:00
パナソニックセンター有明スタジオで行われていた公開イベントの生放送。インターネットの無料動画ポータルサイトcasTYでも放送されていた。吉本興業の若手芸人10組が参加。毎週出されるテーマに沿った新ネタのコントやゲームコーナー。
  • 木村web堂
レギュラー:木村祐一原万紀子
視聴者の投稿ネタの紹介など。
  • 御影のツボ
レギュラー:高須光聖板尾創路
吉本興業の芸人たちがリリースするお笑いDVDを紹介する番組。「第3のツボ」という番組名だったが、12回から「御影のツボ」へと番組名を変えリニューアルした。
ゲスト:2丁拳銃インパルス千原兄弟麒麟フットボールアワー品川庄司ロバートバッファロー吾郎
  • baseよしもと中山功太の番組
レギュラー:中山功太
「中山功太の実家の部屋」というタイトルで中山功太の実家の部屋で収録する番組であったが、諸事情により趣旨を変更し、番組タイトルも変更された。
ゲスト:、笑い飯ミサイルマン田中上阪ダイアンアジアンベリー・ベリープラスマイナス若井おさむ天津ジャルジャルジャンクション
  • コーナー
ネタ…baseよしもとで行われた漫才やコントを2組紹介。
ザ・コンテンツショー…携帯サイトでのダウンロード用のコンテンツを作るコーナー。
千原兄弟のトークライブの収録放送
ダイノジ司会の音楽番組。
  • 楽道〜ルミネtheよしもと楽屋中継〜
ルミネtheよしもと」の楽屋での芸人達のフリートークを放送。

特別番組[編集]

  • 29時間生TV 無料放送で吉本芸人大解放スペシャル(2006年11月4日)
    • イス1-グランプリ
    • 次長課長のミニコント図鑑
  • 写術
木村祐一による写真を使ったお笑いライブの収録放送。

他局制作[編集]

視聴方法[編集]