ニューヨーク・ヤンキース (NFL)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニューヨーク・ヤンキース
New York Yankees
1926年創設
1929年消滅
所属リーグ
ホームタウン
  • 本拠地

ニューヨーク州ニューヨーク

  • スタジアム

1926-1928:ヤンキー・スタジアム
Yankee Stadium aerial from Blackhawk.jpg

チームデザイン
  • チーム名変遷

1926-1928:ニューヨーク・ヤンキース

  • チームカラー

1926-1928:              

ニューヨーク・ヤンキースは、1926年から1929年の短期間だけ存在したアメリカン・フットボールチームである。チームは1926年設立のAFL(通称「AFLⅠ」[1])に所属し、1927年1928年の2シーズンはNFLに所属した。

歴史[編集]

チームの誕生は、ベアーズのスター選手レッド・グランジの契約問題に端を発する。グランジの代理人であったC.C.パイルは、グランジの保有権が自分にあることを主張し、ベアーズに多額の契約金とベアーズの保有権の3分の1をベアーズのオーナーに要求したが、拒否をされた。次にパイルは、グランジの保有権が自分にあることをオーナー会議でオーナー達に示した上で、ニューヨークを本拠地とした新球団の保有権を認めるように主張し、それが認められない場合は自分で新リーグを設立すると主張した。ニューヨークにおけるフランチャイズはニューヨーク・ジャイアンツに対して排他的に認められていたことから、リーグはパイルの要求を拒否した。リーグはパイルの要求を拒否したものの、当時、グランジの人気が非常に高く、グランジが敵対リーグに所属することがNFLに財政的な打撃を与えることはリーグの共通認識であった。そこで、リーグはニューヨーク中心部ではなく、ニューヨーク郊外のブルックリンに本拠地を認める妥協案をパイルに提示したが、パイルはすでにヤンキー・スタジアムと賃貸契約を済ませていたので、パイルは妥協案を拒否し、AFLⅠの設立とともにチームも設立された。

新リーグでは、グランジ出場の試合はNFLの倍の観客を動員したが、グランジが出場していない試合は観客動員が思わしくなく、1シーズンでリーグは解散した。フランチャイズ権の競合から1926年のオーナー会議でパイルの要求を拒否していたジャイアンツのオーナーは、グランジの人気がリーグに必要であることから、ヤンキースのNFL参入へと動き、この年に解散したブルックリン・ライオンズの債務を肩代わりすることにより、ライオンズのフランチャイズ権を取得し、このフランチャイズ権をヤンキースに貸与する形でヤンキースをNFLへ参入させた。貸与契約は3年契約でヤンキースがヤンキー・スタジアムを使用する試合数を制限することで合意した。チームは1929年シーズン終了までのリーグ参入権を得たものの、足を怪我したグランジが1928年シーズンから古巣ベアーズへと復帰し、1929年シーズン開幕前に解散した。

シーズン成績[編集]

順位 リーグ
1926 10 5 0 2位 AFLⅠ
1927 7 8 1 6位 NFL
1928 4 8 1 7位 NFL


脚注[編集]

  1. ^ AFLは一般に1960年設立のAFLを指し、それまでに多くの同名のリーグが設立されたので、AFLという名称のリーグで一定以上の規模があったリーグについてはローマ数字でナンバリングして呼ばれている。