アロック・サーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アロック・サーマ(Alok Sama、1962年11月 - )は、アメリカ合衆国の実業家。SoftBank Group InternationalのCFO。ブライトスターのディレクター。ベア・キャピタル・パートナーズ相談役。Beacon India Private Equity Fundのディレクター。

経歴[編集]

インドに生まれる。デリー大学セント・ステファン・カレッジでBA in Mathematicsを取得し、卒業後渡米しペンシルベニア大学ウォートン・スクールMBAを取得[1]。モルガン・スタンレーでマネージング・ディレクターとして勤めインドの進出に功績を残す[2]。2006年7月共同創業者としてベア・キャピタル・パートナーズ株式会社を設立しPresidentとなる。2014年9月から2015年3月までSoftBank Internet and Mediaのシニアアドバイザー、2015年6月よりSoftBank Group InternationalのCFO。ソフトバンクグループによるARM買収に伴い取締役就任[3]

ソフトバンク・ビジョン・ファンドのシニアアドバイザーに就任予定[4]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ About us” (2016年). 2016年8月21日閲覧。
  2. ^ CORPORATE Directors” (2016年). 2016年8月21日閲覧。
  3. ^ ソフトバンク、投資支えるアローラ氏人脈”. 日経新聞社 (2016年10月17日). 2017年3月4日閲覧。
  4. ^ ソフバンクの11兆円ファンド、本社はロンドンのメイフェアに-関係者”. Bloomberg (2016年12月9日). 2017年3月4日閲覧。