根津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
根津駅
1番出入口(2010年5月)
1番出入口(2010年5月)
ねづ - Nezu
C 13 湯島 (1.2km)
(1.0km) 千駄木 C 15
所在地 東京都文京区根津一丁目3-5
駅番号 C 14
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 C 千代田線
キロ程 8.8km(綾瀬起点)
電報略号 ネツ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線(2層式)
乗降人員
-統計年度-
26,133人/日
-2013年-
開業年月日 1969年昭和44年)12月20日

根津駅(ねづえき)は、東京都文京区根津一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)千代田線である。駅番号C 14

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線上下2層構造の地下駅で、1番線ホームの下に2番線ホームが設置されている。

改札口は1番線ホームのある地下1階の湯島寄りと千駄木寄りに各1か所、駅事務室は千駄木寄り改札口に併設されている。各ホーム間を連絡するエスカレーターは南北に各1基、エレベーターは2番出入口付近と湯島寄り改札外コンコースを連絡するものが1基と、湯島寄り改札口付近のホーム間を連絡するものが1基設置されている。

千駄木寄り改札口そばに金魚水槽がある(電車からも見える)ほか、湯島寄り改札口正面には「根津メトロ文庫」と称する本棚(千代田線主力車両の6000系を模したつくり)がある。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 C 千代田線 大手町代々木上原唐木田方面
2 C 千代田線 北千住綾瀬取手方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は26,133人である[1]。近年の1日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1992年 17,321 [2]
1993年 17,025 [3]
1994年 16,501 [4]
1995年 16,317 [5]
1996年 14,926 [6]
1997年 14,411 [7]
1998年 13,852 [8]
1999年 13,432 [9]
2000年 13,121 [10]
2001年 12,488 [11]
2002年 12,564 [12]
2003年 12,423 [13]
2004年 12,247 [14]
2005年 12,493 [15]
2006年 12,438 [16]
2007年 13,000 [17]
2008年 13,068 [18]
2009年 12,937 [19]

駅周辺[編集]

このエリアにはレトロな建物や伝統ある建物が比較的残されているため、それらを鑑賞する目的で散策する観光客も多い。周辺の「谷中」「千駄木」と合わせて「谷根千」と称される。

バス路線[編集]

不忍通り言問通りの根津一丁目交差点付近にある根津駅前が最寄り停留所となる。東京都交通局により運行される以下の路線が発着する。

ギャラリー[編集]

その他[編集]

  • 2005年頃から2009年まで、床と側壁の改装工事を行った。これにより側壁のほとんどが白色となったほか、黒色のベンチが設置されるなど、レトロな街・根津らしさを強調したものになった。

隣の駅[編集]

東京地下鉄
C 千代田線
湯島駅 (C 13) - 根津駅 (C 14) - 千駄木駅 (C 15)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]