湯島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
湯島駅
3番出入口(2010年6月)
3番出入口(2010年6月)
ゆしま - Yushima
C 12 新御茶ノ水 (1.2km)
(1.2km) 根津 C 14
所在地 東京都文京区湯島三丁目47-10
駅番号 C 13
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 C 千代田線
キロ程 10.0km(綾瀬起点)
電報略号 ユシ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
32,221人/日
-2011年-
開業年月日 1969年昭和44年)12月20日
改札口(2008年10月2日)
駅付近(2008年10月2日)

湯島駅(ゆしまえき)は、東京都文京区湯島三丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)千代田線である。駅番号C 13

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅

エスカレーターはホームと根津寄り改札口・新御茶ノ水寄り改札口を連絡するものが設置されているほか、根津寄り階段の1番線側にはエレベーターも設置されている。また、3番出入口はエレベーターを併設し、5番出入口は駅上の東京家具会館ビルと直結している。

根津寄り改札口の自動改札機は、中央の通路をICカード専用としている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 C 千代田線 大手町代々木上原唐木田方面
2 C 千代田線 北千住綾瀬取手方面

綾瀬側のA線(代々木上原方面)とB線(綾瀬方面)の間に1編成のみ収容可能な留置線があり、前日に綾瀬検車区から回送された編成が翌朝の綾瀬方面行始発電車として1本運行されている。かつては当駅終着も設定されていた。ただし、ダイヤが乱れた場合には当駅折り返しで運転される場合がある。

2008年3月15日に直通運転が開始された小田急電鉄特急ロマンスカーの始発駅となる予定だったが、北千住駅始発・終着または大手町駅始発に変更された。2011年時点のダイヤで運行されている北千住駅始発・終着の列車は、当駅には停車しない。なお、臨時特急「メトロおさんぽ号」は当駅に停車する。

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗降人員は32,221人である[1]

近年の1日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1992年 21,197 [2]
1993年 20,844 [3]
1994年 20,304 [4]
1995年 19,626 [5]
1996年 19,181 [6]
1997年 18,584 [7]
1998年 18,195 [8]
1999年 17,754 [9]
2000年 17,342 [10]
2001年 16,956 [11]
2002年 16,710 [12]
2003年 16,262 [13]
2004年 15,953 [14]
2005年 16,038 [15]
2006年 16,205 [16]
2007年 17,085 [17]
2008年 17,044 [18]
2009年 16,627 [19]

駅周辺[編集]

駅前春日通りを湯島天神方面を見る(2008年10月2日)

千代田線計画時に、将来建設予定の都市高速鉄道12号線(現在の都営地下鉄大江戸線)との連絡を考慮して設置された駅である[20]が、2011年現在大江戸線に湯島駅は設置されておらず、近隣の上野御徒町駅などとも一切連絡運輸を実施していない。将来的に上野広小路駅、上野御徒町駅、御徒町駅仲御徒町駅(大江戸線開通時にこの4駅は相互の連絡駅とされている)とともに乗り換え駅とするかを検討している。

綾瀬側出入口(1 - 4番)[編集]

新御茶ノ水側出入口(5・6番)[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は、春日通りにある湯島三丁目である。東京都交通局により運行される以下の路線が発着する。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東京地下鉄
C 千代田線
新御茶ノ水駅 (C 12) - 湯島駅 (C 13) - 根津駅 (C 14)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]