東岸和田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東岸和田駅
駅舎
駅舎
ひがしきしわだ - Higashi-Kishiwada
下松 (1.5km)
(1.5km) 東貝塚
所在地 大阪府岸和田市土生町2072
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 阪和線
キロ程 26.6km(天王寺起点)
電報略号 ヒキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
10,705人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1930年昭和5年)6月16日
備考 直営駅
みどりの窓口
改称経歴
- 1932年 土生郷駅→阪和岸和田駅
- 1940年 阪和岸和田駅→東岸和田駅

東岸和田駅(ひがしきしわだえき)は、大阪府岸和田市土生(はぶ)町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)阪和線である。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を持ち、待避設備を有する地上駅である。かつての1番線(下り待避線)の和歌山寄りに安全側線が設置されていたが、後述の仮線移行に伴い廃止された。駅舎は東側にあり、ホームとは和歌山側の跨線橋で結ばれている。快速列車と普通列車の緩急接続が行われるほか、一部の快速列車は当駅で特急列車の通過待ちを行なう。

かつての下りホームの幅は、他の島式ホームをもつ快速停車駅より狭かったが、これは1986年10月31日まで快速通過駅だった名残でもある。設備面においても高架化された南海本線岸和田駅と比べると大きく劣っている。2013年以前は、阪和線の快速停車駅の中で唯一発車標が設置されていなかった。

便所は改札内にあり、男女別の水洗式2006年現在のところ、身体障害者向けの便所は設置されていないが、岸和田市では、人に優しい街づくりの一環として、将来的には、バリアフリーの面で駅設備を充実させたいという。2016年ごろまでに高架化される予定で、現在その工事と同時に防災街区整備事業が実施されている。2011年12月11日に上り線が、翌2012年10月14日に下り線が[1]、それぞれ仮線へ移行された。

和泉府中駅が管理している直営駅で、ICカード乗車券ICOCA」が利用することができる(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

東岸和田駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1・2(旧3・4) 阪和線 下り 熊取関西空港和歌山方面
3・4 阪和線 上り 天王寺大阪方面
  • 仮線移行までは2・3番のりばが本線、1・4番のりばが待避線であったが、移設に伴い現在は1・3番のりばが本線、2・4番のりばが待避線となっている。なお現在の下りホームは仮線移行前の上りホームである。

現在は、JR阪和線東岸和田駅付近高架化事業が行われている。(平成25年1月より高架本体工事着手)

ダイヤ[編集]

当駅にはすべての快速が停車する。日中は当駅で区間快速と関空快速・紀州路快速の緩急接続が行われる。この時間帯は、当駅発車後の区間快速は両方向とも終着駅まで先着する。

1986年10月31日までは天王寺駅基準で日中1時間あたり6本の普通のうち、2本が当駅で折り返していた。残り4本は手前の鳳駅発着(そのうちの2本は同駅で区間快速と接続していた)であり、1986年10月31日まで当駅は快速通過駅だった(当駅折り返しの普通が鳳駅で快速と緩急接続していた)。そのため当駅から和歌山方面へは区間快速のみの1時間あたり2本のダイヤで不便だった[2]。今でも天王寺方の片渡り線が敷設されており、23時台に当駅止まりの普通が設定されている。2011年3月12日のダイヤ改正前までは、平日ダイヤの21時台に当駅折り返しの快速が、22時台(土曜・休日は23時台)には当駅止まりの普通があった。2004年10月15日までは夕方にも折り返しの設定があった。

利用状況[編集]

大阪府統計年鑑[3]によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 10,354
1998年 10,278
1999年 10,107
2000年 10,253
2001年 10,341
2002年 10,320
2003年 10,413
2004年 10,502
2005年 10,410
2006年 10,493
2007年 10,522
2008年 10,543
2009年 10,390
2010年 10,551
2011年 10,609
2012年 10,705

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
阪和線
関空快速・紀州路快速・快速・直通快速・B快速
和泉府中駅 - 東岸和田駅 - 熊取駅
区間快速・普通
下松駅 - 東岸和田駅 - 東貝塚駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪和線 東岸和田駅線路切換工事に伴う代行輸送の実施について:JR西日本 - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2012年9月19日 本ページの他に別紙 (PDF) でもその具体的な内容を取りまとめてある。
  2. ^ 当時の日中ダイヤでは、区間快速は熊取駅でのみ快速と緩急接続し、接続後は両方向とも終着駅まで先着していた。
  3. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  4. ^ 「天王寺鉄道管理局三十年写真史」P97
  5. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜(インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日

外部リンク[編集]