東佐野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東佐野駅*
駅舎
駅舎
ひがしさの - Higashi-Sano
和泉橋本 (1.5km)
(1.5km) 熊取
所在地 大阪府泉佐野市泉ケ丘一丁目1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   R   阪和線
キロ程 31.5km(天王寺起点)
電報略号 ヒサ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,317人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1939年昭和14年)1月9日
備考 業務委託駅
POS端末設置
* 1944年に泉ヶ丘駅から改称。
駅前広場

東佐野駅(ひがしさのえき)は、大阪府泉佐野市泉ケ丘一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)阪和線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅分岐器のない棒線駅の構造であるが、踏切長時間鳴動対策のために駅前後の信号機が絶対信号機に変更されたため、停留所ではない。駅舎は和歌山方面行きホームの和歌山寄りにあり、反対側の天王寺方面行きホームへは跨線橋で連絡している。

関西空港駅が管理し、ジェイアール西日本交通サービスが駅業務を受託する業務委託駅である。阪和線内の有人駅では唯一POS端末による窓口発券となっている。また、早朝と夜間は無人となる。なお、阪和線における同社の業務委託駅は当駅が最南端である。

ICカード乗車券ICOCA」が利用することができる(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

東佐野駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1   R   阪和線 下り 熊取関西空港和歌山方面
2   R   阪和線 上り 天王寺大阪方面
  • 駅掲示時刻表の路線名は上下線とも「阪和線」となっており、「関西空港線」の記載がない。

利用状況[編集]

大阪府統計年鑑[1]によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 1,351
1998年 1,391
1999年 1,361
2000年 1,340
2001年 1,340
2002年 1,294
2003年 1,292
2004年 1,250
2005年 1,283
2006年 1,317
2007年 1,252
2008年 1,249
2009年 1,300
2010年 1,332
2011年 1,334
2012年 1,317

駅周辺[編集]

阪和電気鉄道時代に、関連会社の阪和興業によって「泉ヶ丘経営地」がつくられ、大規模な宅地開発が行われた。駅から少し歩くと有力な代議士や会社経営者の大きな屋敷や邸宅が建ち並ぶ高級住宅街である。

  • 泉佐野泉ヶ丘郵便局

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  R   阪和線
関空快速・紀州路快速・快速・直通快速・B快速
通過
区間快速・普通
和泉橋本駅 - 東佐野駅 - 熊取駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  2. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜(インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]