日根野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日根野駅
東口
東口
ひねの - Hineno
所在地 大阪府泉佐野市日根野4035
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 ヒネ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
7,942人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1930年昭和5年)6月16日
乗入路線 2 路線
所属路線 阪和線
キロ程 34.9km(天王寺起点)
熊取 (1.9km)
(1.4km) 長滝*
所属路線 関西空港線
キロ程 0.0km(日根野起点)
備考 直営駅
みどりの窓口
* この間に近畿統括本部和歌山支社境界あり(当駅から熊取寄りは近畿統括本部管内)
ホーム

日根野駅(ひねのえき)は、大阪府泉佐野市日根野にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

概要[編集]

当駅の所属線である阪和線[1]と、当駅を起点とする関西空港線の分岐駅であり、阪和線の要衝となっている。当駅の南東に車両基地吹田総合車両所日根野支所。旧日根野電車区)が設置されている。

当駅は近畿統括本部管内の駅(駅営業は大阪支社受け持ち)であるが、阪和線の隣の駅である長滝駅和歌山支社の管轄となる。よって、当駅が阪和線における近畿統括本部の最南端の駅である。

駅構造[編集]

1番線に停車する225系(2012年4月15日)

島式ホーム2面4線(有効長は9両)を持つ待避設備がある地上駅で、橋上駅舎を有する。駅の和歌山寄りの部分はカーブ上にある。

改札口および橋上駅舎のある跨線橋には、各ホームに1基ずつと、改札外東側に1基、それぞれエレベーターがあり、さらにホーム中央部には、1・2番のりばと3・4番のりばを行き来するために設けられた、エレベーターつきの跨線橋がある。

関西空港線の0キロポストは、駅ホームと駅南側の踏切道とのほぼ中間付近、上下線の間に設置。

関西空港駅が管理している直営駅で、ICカード乗車券ICOCA」の利用エリアに含まれている。

日根野駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2 阪和線 下り 和泉砂川和歌山方面 一部3番のりば
関西空港線 - 関西空港方面
3・4 阪和線 上り 天王寺大阪方面 ただし当駅始発の一部は1・2番のりば
  • 2・4番のりばが本線、1・3番のりばが待避線である。
日根野駅配線図 凡例
Mvoie flechehd 吹田総合車両所日根野支所
Mbifb Mvoie
Vrouteh Mbifd xV Mbifg
courbebg voie voie voie voie PN bifbd voie voie voie voie courbehd Mbifh
熊取方 Mvoie quai quai quai Vroute Dvoie Mvoie 長滝方
voie sensd voie bifbg voie bifhd bifbd voie voie voie voie voie PN voie voie bifhg bifbd bifbg bifhd voie voie voie voie voie voie voie sensd voie
voie sensg bifhd courbebd courbebg bifhg voie voie voie voie PN bifbd voie voie bifhd bifhg voie courbebd tunnelbg voie voie voie voie sensg voie
Dbifd courbehd quai quai quai Vroute Dbifd bifbg voie voie voie courbebd Dvoie
courbehg voie voie voie voie voie voie PN voie bifhd bifhg voie voie voie tunnelhd Vcourbehg Vcourbehg
Vrouteb 日根野南一踏切 Vsensh Vsensb りんくうタウン方


ダイヤ[編集]

国鉄時代は、当駅止まりの快速を除いて、快速・特急列車は通過していたが、国鉄分割民営化後の1994年平成6年)には、関西国際空港が開港し、関西空港線が開通した。それを機に、日根野駅の位置づけが、主要駅に変わった。

関西国際空港開港後は、大阪・京橋方面の快速列車が停車するほか、当駅 - 関西空港駅間のシャトル列車(各駅停車)が朝晩に運行されており、関西国際空港開港以前に比べれば、大幅に利便性が改善された。また、ラッシュ時間帯など、一部の特急「はるか」・「くろしお」が停車している。当駅で関空快速・紀州路快速や、関西空港駅からの直通快速および、一部の和歌山駅発着の快速は増解結作業を行う。天王寺駅発着の快速・普通列車の約半数(特に、日中時間帯のほぼすべての区間快速)が当駅で折り返すため、和歌山方面への列車は、この駅を境に列車の本数が半減する。

当駅始発の天王寺・大阪方面の上り列車は、主に1番のりばか3番のりばから、また、数は少ないが2番のりばから発車している(ホームで直接折り返すか、日根野電車区からの出区となる。)。また、関西空港線シャトル列車は基本的に3番のりばで折り返す。そのほか、天王寺方面行きの上り始発列車が1番のりばに停車している場合、和歌山方面の下り列車が3番のりばで待避を行うことがある。このため、一部の天王寺方面は1・2番のりば、一部の和歌山方面および関西空港方面は3番のりばから発車している。一部の下り列車(主に熊取駅で快速列車または特急列車を待避した普通)は、1番のりばを利用して交互着発を行うことがある。

また、3番のりばで関空快速・紀州路快速が併結作業している間に、4番のりばを特急列車が通過(あるいは停車後に、先発)していくことがある。なお、誘導信号機が3番のりばにしか設置されていないため、当駅で増結を行う列車は、特急列車の待避の有無に関わらず全列車が3番のりばに入線する。

関西空港線開業後しばらくは、和歌山方面行および関西空港行の多くの列車を3番のりばで発着し、3・4番のりばの同一ホーム上で和歌山方面と関西空港方面の対面乗り換えができるように配慮していたが、1999年5月10日のダイヤ改正の関空快速・紀州路快速の併結運転以降は、この取り扱いは行われなくなった。

利用状況[編集]

ラッシュ時には一部の快速の始発駅であり通勤特急が止まることもあり和歌山県北部(紀の川市・岩出市など)から駅周辺の駐車場を通勤する利用者も多い。

大阪府統計年鑑[2]によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 5,858
1998年 5,995
1999年 6,012
2000年 6,295
2001年 6,684
2002年 6,809
2003年 6,994
2004年 7,112
2005年 7,144
2006年 7,356
2007年 7,506
2008年 7,687
2009年 7,669
2010年 7,803
2011年 7,865
2012年 7,942

駅周辺[編集]

駅前のタクシー乗り場

駅前には、バスターミナルが設置されており、そこから、南海ウイングバス南部タクシーが発着している。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
阪和線
快速・直通快速・紀州路快速(朝の一部)
熊取駅 - 日根野駅 - 和泉砂川駅
紀州路快速・B快速・区間快速(下りは到着列車のみ)・普通
熊取駅 - 日根野駅 - 長滝駅
関西空港線
関空快速直通快速
熊取駅(阪和線) - 日根野駅 - りんくうタウン駅
シャトル(普通)
日根野駅 - りんくうタウン駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  3. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜(インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日
  4. ^ 駐車場優待サービス「パーク&ICOCA」をぞくぞく拡大 〜タイムズとJR西日本の鉄道がもっと利用しやすくなります〜(別紙) (PDF) [リンク切れ] - パーク24プレスリリース 2009年10月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]