時間の比較

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

時間の比較(じかんのひかく)では、時間(の長さ)を比較できるよう、昇順にする。

[編集]

因数 単位 説明
10-∞ 0 s 0分00秒(楽曲)
...
10-44 1.38×10-44 s プランク粒子の寿命。
5.4×10−44 s プランク時間 -- プランク長(1.6×10−35 m)の距離をが移動する時間。宇宙が誕生してから重力が生まれるまでの時間。現在の物理学の理論でこれより短い時間で物理的意味を持つものは知られていない。ただし、量子カオス系においては、これより小さな時間も表れる。
...
10-36 1×10−36 s 宇宙が誕生してから電弱力強い力が分岐するまでの時間。
宇宙が誕生してからインフレーションが始まるまでの時間。
...
10-32 1×10−32 s 宇宙が誕生してからインフレーションが終わるまでの時間。
...
10-25 3×10−25 s (0.3 ys) WボソンZボソンの平均寿命
5×10−25 s (0.5 ys) トップクォークの平均寿命
10-24 1 ys
ヨクト秒
1 ys 強い相互作用が伝わりうるおよその時間
2.3 ys 七重水素半減期
10-23 10 ys 91 ys リチウム4半減期
10-22 100 ys
10-21 1 zs
ゼプト秒
8 zs J/Ψ中間子の半減期
10-20 10 zs 13 zs Υ中間子の半減期
10-19 100 zs 300 zs X線のおよその周期
330 zs 真空中で約1オングストローム進む時間
10-18 1 as
アト秒
3.3 as 光が真空中で約1ナノメートル進む時間
10-17 10 as 83 as π0中間子の半減期
95 as が1回の浮動小数点演算に要する“平均”時間(10.51PFLOPS)(2011年現在最速のスーパーコンピュータ)。

(並列実行のため、実際に京のCPUに1回演算させるのに要する時間は7.8ps)

10-16 100 as 250 as アルゴンガスを用いて発生された最も短いパルス列(2002年
320 as 電子がホッピングで原子間を移動する時間(Nature Vol.436 p373 (2005)より)
10-15 1 fs
フェムト秒
1.3 fs 波長390ナノメートルの光( - 紫外線)の周期
2.57 fs 波長770ナノメートルの光( - 赤外線)の周期
3.3 fs 光が真空中で約1マイクロメートル進む時間
3.6 fs Blue Geneが1回の浮動小数点演算に要する“平均”時間(280TFLOPS)
10-14 10 fs 10 fs 分子の典型的な分子振動の周期
27.89 fs 地球シミュレータが1回の浮動小数点演算に要する“平均”時間(35.86TFLOPS)
10-13 100 fs 200 fs 最も速い化学反応の光感受性タンパク質ロドプシン)のに対する反応など)
10-12 1 ps
ピコ秒
1 ps 格子振動のおおよその周期
1 ps ボトムクォークの半減期
1.5 ps B中間子の半減期
1.66 ps 世界最速のトランジスタのスイッチング時間(604 GHz、2005年現在)
3.3 ps 光が真空中で約1ミリメートル進む時間
7.8 ps が1回の浮動小数点演算に要する時間(128GFLOPS/CPU)
10-11 10 ps 10 ps ビッグバンの10-11秒後、電磁気力弱い力が別れた。
33 ps 光が真空中で約1センチメートル進む時間
10-10 100 ps 108.782 775 708 ps セシウム133原子の放射の1周期。秒の定義に使用されている。
278 ps Pentium 4 3.6GHzの1クロック
10-9 1 ns
ナノ秒
1 ns 周波数1ギガヘルツの1周期
3.3 ns 光が真空中で1メートル進む時間
10-8 10 ns 10 ns 周波数100メガヘルツの1周期
10 ns 高速中性子による1回の連鎖反応のおよその時間
12 ns K中間子の半減期
20 - 40 ns 水素爆弾の中での核融合反応の時間
10-7 100 ns 100 ns 周波数10メガヘルツの1周期
10-6 1 µs
マイクロ秒
1 µs 周波数1メガヘルツの1周期
2 µs ミューオニウムの半減期
3.3 µs 光が真空中で1キロメートル進む時間
10-5 10 µs 10 µs 周波数100キロヘルツの1周期
22.7 µs CDのサンプリング周期(44.1kHz)
50 µs 聴くことのできる最も高い音(20kHz)の1周期
10-4 100 µs 160 µs 1恒星月(公転周期)が年間あたり長くなる時間
187 µs 1朔望月(月の満ち欠けの周期)が年間あたり長くなる時間
240 µs コペルニシウムの半減期
10-3 1 ms
ミリ秒
1.7 ms が1回はばたくおよその時間
2.2727 ms 国際基準楽音a1(440Hz)の1周期
10-2 10 ms 13.3 ms 『大毘婆沙論』による1刹那(75分の1秒)
16.7 ms 商用交流60Hzの1周期
20 ms 商用交流50Hzの1周期
41.7 ms 映画フィルム1コマ分の時間
50 ms 聴くことのできる最も低い音(20Hz)の1周期
62.831853 ms 空飛ぶスパゲッティ・モンスター教にて、スパゲッティ・モンスター地球を創造するときに要したとされる時間。
10-1 100 ms 130 ms 人間の反応速度
838 ms リチウム-8 の半減期
100 1 s( 1.26 s 光が地球から月まで進む時間
1.316 s ユー・サファー(楽曲)
1.337 s 最初に見つかった電波パルサーPSR B1919+21 (CP 1919) のパルス周期
5 s 5秒ルール(落ちた食品が汚染されたと感じるまでの時間。迷信の一種)
8 s 8秒ルール(Webデザインにおけるガイドラインの一種)
9.58 s 男子100mの世界記録
101 10 s 60 s 1 分
102 100 s 273 s 4 分 33 秒 4分33秒(楽曲)
499.004 782 s 8 分 19 秒 光が太陽から地球まで進む時間 (太陽光差[1]、IAU1976)
614.6 s 10 分 15 秒 原子核外での中性子の半減期
864 s 14 分 24 秒 古代中国の 1 (1/100日)
103 1 ks
キロ秒
1 ks 16 分 40 秒
3.6 ks 1 時間 時間
7.439 ks 2 時間 3 分 59 秒 男子マラソンの世界記録
104 10 ks 35.73 ks 9 時間 55.4 分 木星自転周期[1]
38.36 ks 10 時間 39.4 分 土星自転周期[1]
57.99 ks 16 時間 6.5 分 海王星自転周期[1]
62.06 ks 17 時間 14.4 分 天王星自転周期[1]
86.164 090 53 ks 23 時間 56 分 4.090 53 秒 地球の自転周期(1恒星日[2])
86.400 ks 1 日 (1平均太陽日)
88.646 ks 1.0260 日 火星自転周期[1]
105 100 ks 604.8 ks 7 日
799.2 ks 9.25 日 ツリウム-167 の半減期
106 1 Ms
メガ秒
1 Ms 11.6 日
1.6 -
2.7 Ms
19 - 31 日 マウスの妊娠期間
1.728 Ms 20 日 マヤ暦における1ウィナル
2.193 Ms 25.38 日 太陽の自転周期 (対恒星)[1]
2.351 135 883 Ms 27.212 220 87 日 交点月[2]
2.357 Ms 27.2753 日 太陽の自転周期 (対地球)[1]
2.360 584 707 Ms 27.321 582 26 日 分点月[2]
2.360 591 560 Ms 27.321 661 57 日 恒星月[2]
2.380 713 100 Ms 27.554 549 77 日 近点月[2]
2.4192 -
2.6784 Ms
28 - 31 日
2.551 442 879 Ms 29.530 588 88 日 朔望月[2]
4.58 -
6.13 Ms
53 - 71 日 イヌの妊娠期間
5.07 Ms 58.6462 日 水星の自転周期[1]
7.60 Ms 87.9712 日 水星の公転周期[1]
107 10 Ms 19.4 Ms 224.7044 日 金星の公転周期[1]
21.0 Ms 243.0185 日 金星の自転周期[1]
24.2 Ms 280 日 人間のおよその妊娠期間
29.947 974 965 Ms 346.620 080 61 日 食年[2]
31.104 Ms 360 日 マヤ暦における1トゥン
31.5360 Ms 365 日 太陽暦での平年の1
31.556 925 184 Ms 365.242 189 63 日 太陽年[2]
31.556952 Ms 365.2425 日 グレゴリオ暦の1年の平均値
31.557 600 Ms 365.25 日 ユリウス年
31.558 149 764 Ms 365.256 363 01 日 恒星年[2]
31.558 432 570 Ms 365.259 636 23 日 近点年[2]
31.6224 Ms 366 日 太陽暦での閏年の1年
59.3 Ms 1.880 866 年 火星の公転周期[1]
108 100 Ms 221 Ms 7 年 イヌの平均寿命
316 Ms 10 年 十年紀
375 Ms 11.861 55 年 木星の公転周期[1]
568.971 762 Ms 18.029 6272 年 1サロス周期(223朔望月)
622.08 Ms 19.7 年 マヤ暦における1カトゥン
932 Ms 29.532 16 年 土星の公転周期[1]
109 1 Gs
ギガ秒
1 Gs 32 年
1.7069 Gs 54.0889 年 1 exeligmos(3サロス周期、条件の似た日食が同地域で見られる周期)
2.38 Gs 75.3 年 ハレー彗星の公転周期
2.59 Gs 82 年 日本人の平均寿命(2004年)
2.65 Gs 84.253 01 日 天王星の公転周期[1]
3.16 Gs 100 年 世紀
5.21 Gs 165.2269 年 海王星の公転周期[1]
7.82 Gs 247.7 年 冥王星の公転周期
8.49 Gs 269 年 アルゴン39の半減期
1010 10 Gs 12.4 Gs 394.3 年 マヤ暦における1バクトゥン
13.2 Gs 418 年 108の半減期
31.6 Gs 1 000 年 ミレニアム(千年紀)
ジェム・ファイナーの楽曲「ロングプレイヤー」の演奏時間 (2000年1月1日よりロンドンで演奏開始。現在も演奏中)
1011 100 Gs 181 Gs 5 730 年 炭素14の半減期
249 Gs 7 885 年 マヤ暦における1ピクトゥン(Pictun)
761 Gs 24 110 年 プルトニウム239の半減期
814 Gs 25 800 年 春分点移動の周期(歳差
1012 1 Ts
テラ秒
1 Ts 32 000 年
4.98 Ts 157 700 年 マヤ暦における1カラブトゥン(Kalabtun)
1013 10 Ts 99.5 Ts 315万 年 マヤ暦における1キンチルトゥン(K'inchiltun)
1014 100 Ts 739 Ts 2342万 年 ウラン236の半減期
1015 1 Ps
ペタ秒
1 Ps 3200万 年
1.99 Ps 6308万 年 マヤ暦における1アラウトゥン(Alautun)
7.10 -
7.89 Ps
2億2500万年 -
2億5000万年
太陽系銀河系に対する公転周期
1016 10 Ps 12 Ps 3.8億年 CNOサイクルの1サイクルが完結するまでの時間
40.4 Ps 12.8億年 カリウム40の半減期
1017 100 Ps 137 Ps 43.2億年 (ヒンドゥー教における時間の単位)
141 Ps 44.7億年 ウラン238の半減期
145 Ps 46億年 地球誕生からの時間(地球の歴史を参照)
407 Ps 129億年 銀河系誕生からの時間(銀河系を参照)
431 Ps 136.6億年 HD 140283の年齢の下限値(最も古い恒星
435 Ps 137.98億年 宇宙誕生からの時間(宇宙の歴史を参照)
443 Ps 140.5 億年 トリウム232の半減期
1018 1 Es
エクサ秒
1 Es 320億年
1.54 Es 488億年 ルビジウム87の半減期
1019
以上
1024s = 1 Ys
ヨタ秒
600 Ys 1900京年 ビスマス209の半減期
7×107 Ys 2.2×1024 テルル128の半減期(半減期が実際に測定されたものとして最長)
3×1016 Ys 1033 陽子の寿命は少なくともこの時間以上とされる。
1049 Ys程度 1066年程度 太陽と同程度の質量のブラックホール蒸発するまでにかかる時間。
1082 Ys程度 10100年程度 銀河系と同程度の質量のブラックホール蒸発するまでにかかる時間。
101500 全ての物質が鉄56に変換するまでにかかる時間(陽子崩壊が起こらない場合)。
10^{10^{26}} 全ての物質がブラックホールに飲み込まれるまでの時間(陽子崩壊が起こらない場合)。
10^{10^{120}} 熱的死
10^{10^{10^{10^{10^{1.1}}}}} 全ての物質が原点付近に戻るまでの時間。[要出典]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『天文年鑑2012』
  2. ^ a b c d e f g h i j 『天文年鑑2012』(2012.5における値)