刹那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

刹那(せつな、Skt: क्षण ksana)は仏教時間の概念の1つで、最小単位を表す。とも。長期日本に、中国から輸入されたものの、インド発祥地である。

刹那の長さ[編集]

刹那の長さについては諸説あるが、指をひとはじきする(弾指)間に65刹那あると言われているほか、『大毘婆沙論』では、24時間=30牟呼栗多=900臘縛=54,000怛刹那=6,480,000刹那とし、1刹那の長さを1/75に比定している。

しかし、唯識教学の開祖である龍樹は、刹那に具体的な時間的長さを設定する思想を否定している。

刹那と仏教思想[編集]

上座部仏教の一宗派である説一切有部では、人間の意識は一刹那の間に生成消滅(刹那消滅)を繰り返す心の相続運動であるとする。それについて曹洞宗道元は、『正法眼蔵』の「発菩提心」巻で、悟りを求める意志も、悟りを開こうとするのもその無常性を前にするからであり、常に変化するからこそ、悪が消滅し、善が生まれるのであると説く。

単位としての刹那[編集]

刹那は漢字文化圏では単位としても用いられている。刹那がいくつを示すかは時代や地域により異なるが、現在では10-18(100京分の1)で、弾指の10分の1、六徳の10倍に当たる。SI接頭辞ではアト(atto)に当たる。

その他[編集]

日本語で「つらくやるせない」という意味の「せつない」という言葉は刹那とは無関係であり、「切ない」とも表記するように「強く思うこと」を表す漢語の「切」(せつ)に由来している。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]