炭素14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
炭素14
概要
名称、記号 放射性炭素,14C
中性子 8
陽子 6
核種情報
天然存在比 1 part per trillion
半減期 5,730 ± 40 years
同位体質量 14.003241 u
スピン角運動量 0+
Beta 0.156476[1] MeV

炭素14(たんそ14)Carbon-14, 14C は、炭素放射性同位体。炭素の内の0.00000000012%を占め、原子核は6個の陽子と8個の中性子からなる。炭素の大部分(98.9%)を占める炭素12は6個の陽子と6個の中性子、1.1%を占める炭素13は6個の陽子と7個の中性子からなる。1940年2月27日にMartin KamenとSam Rubenによって発見された。

有機物中に存在する炭素14は放射性炭素年代測定に使われる。半減期は5,730年でベータ崩壊をして窒素14になる。

炭素14は対流圏上部から成層圏で、窒素原子に熱中性子が吸収されることによって生成している。宇宙線が大気に入射するとさまざまな反応が起こり、その中には中性子を生成するものもある。生成した中性子と窒素原子から以下の反応によって炭素14が生成する。

n + 14N → 14C + 1H

最も炭素14の生成量が多いのは高緯度地域の高度30,000から50,000フィート(約9,000から約15,000メートル)である。

脚注[編集]

  1. ^ A.H Waptstra, G. Audi, and C. Thibault. “AME atomic mass evaluation 2003”. 2007年6月3日閲覧。

関連項目[編集]