ロングプレイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロングプレイヤー」(Longplayer)は1000年かけて演奏されるように作られた曲。これは2000年1月1日に演奏が始まり、予定では反復無しで2999年12月31日まで続き、始めに戻ることになっている[1]

「ロングプレイヤー」は20分20秒の曲をベースにしており、それをコンピュータが簡単なアルゴリズムに基いて処理をする。これが膨大なバリエーションを生み出し、切れ目無く演奏すると1000年かかるのである。

ベースになっている曲は、ザ・ポーグスの初期メンバーの一人であるジェム・ファイナーが作曲した。この曲ではチベット(りん)と銅鑼が使われており、それらは縁を木製の(ばち)で叩いたり擦り回すことで様々な音色を出せるのである。ベースの曲はイギリスの芸術家団体 Artangel の依頼で1999年12月に録音された。

「ロングプレイヤー」は、ロンドンにあるミレニアム・ドームが開館した2000年の間は、そこのリラクゼーション・ゾーンで聴く事ができた。またトリニティ・ブイ・ワーフにある19世紀の灯台や、その他にもイギリスアメリカオーストラリアエジプトの公共演奏場所で演奏されており[2]Icecast によるインターネット・ストリーミング(2008年時点ではグリニッジSPC が運営)でも聴くことができる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Eyres, Harry (2009年9月10日). “Coming soon: the future”. Financial Times. 2009年11月19日閲覧。
  2. ^ The Longplayer Trust. “Longplayer - Finding Longplayer”. 2009年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]