強い相互作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

強い相互作用(つよいそうごさよう、Strong interaction)は、基本相互作用の一つである。ハドロン間の相互作用や、原子核内の各核子同士を結合している核力)を指し、標準模型においては量子色力学によって記述される。強い力強い核力とも。その名の通り電磁相互作用に比べて102倍の強さがある。

強い相互作用の理解は、歴史的には湯川秀樹による、パイ中間子の交換によって核子に働く核力の説明に始まるが、1970年代前半の量子色力学の成立によって、ゲージ理論として完成した。

性質[編集]

強い相互作用の、重力相互作用との相対的強さは1040と大きいが、影響範囲は10-15mと小さい。力を伝達するゲージ粒子グルーオンである。強い相互作用の伝わる平均時間は10-24秒(1y秒)ほどである。

関連記事[編集]