テーブル (情報)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HTMLを使ってウェブブラウザで描画したテーブルの例

テーブル: table)またはは、ビジュアルコミュニケーションの一形態であり、データを並べる手段である。テーブルはコミュニケーション研究データ解析など様々な分野で使われている。印刷物、手書きのノート、コンピュータソフトウェア、建築装飾、交通標識など様々なところでテーブルを見つけることができる。テーブルについての正確な規定や用語は文脈によって異なる。さらに、テーブルの構造、柔軟性、記法、表現、用途も非常に多彩である[1][2][3][4][5]。書籍や技術文書で本文とは分離してテーブルを配置し、番号と説明文を付記したものを浮動ブロックと呼ぶ。

テーブルは、階層マトリックスの中にデータ集合の論理的構造をマッピングする視覚的情報伝達法の一種でもある。テーブル内のデータは離散的データの場合もあるし変数の場合もある。例えば、数表真理値表周期表HTMLの表(table)などがある。しばし、グラフなどとまとめられて「統計図表」という言われ方をすることがある。

概要[編集]

テーブルは (row) と (column) を順に並べる形で構成されている。これが最も基本的なテーブルである。これに対して次のような点が考慮される。

  • にはいくつか同義語が存在する(例えば、レコードk-タプル、n-タプル、ベクトルなど)
  • にもいくつか同義語が存在する(例えば、フィールド、パラメータ、プロパティ、属性など)
  • 列には通常、名前がある。
  • 列の名前としては単語、文節、番号などがある。
  • 行と列の交わるマス目を「セル (cell)」と呼ぶ。

テーブルの要素はグループ化されたり、分割されたり、様々な方法で配置され、時には再帰的に入れ子にすることもある。さらに、テーブルにはメタデータ注釈ヘッダフッタ、その他の補助的情報を付けることができる[5]

単純なテーブル[編集]

以下の例は、3つの列と6つの行からなる単純なテーブルである。最初の行は列の名前を表示しているだけなので数に含めない。このような行を「ヘッダ行」という。

年齢表:

年齢
Nancy Davolio 33
Nancy Klondike 43
Nancy Obesanjo 23
Justin Saunders 37
Justin Timberlake 26
Paulo Ilustre 11

概括的表現[編集]

コミュニケーションツールとしてのテーブルは、様々な文脈の様々な情報を概括的に表す形式である。他の形式ではすぐには理解できない情報を分かりやすく提示できる。

例えば、下の図は同じ情報を2種類の形式で表したものである。上側は NFPA 704 規格「ファイア・ダイアモンド」と呼ばれ、例に示した値を下のテーブルで追加の説明と共に説明している。どちらも同じ情報を表しているが、テーブル表現の方が NFPA 704 を知らない人でも理解しやすい。しかし、テーブル表現はあらゆる状況で理想的というわけではない(例えば、スペースが限られている場合や安全性の理由など)。

ファイア・ダイアモンド:

NFPA 704.svg
2
3
1
 

テーブルによる表現:

危険物質のリスクレベル
健康障害 燃焼性 不安定性 特記事項
Level 3 Level 2 Level 1  

用途[編集]

テーブル(表)が普通に使われている例を以下に示す。

出版物[編集]

  • クロスリファレンス - 目次 (table of contents)

数学[編集]

自然科学[編集]

情報技術[編集]

プログラミング[編集]

データをテーブルで表すことはコンピュータではよくあることで、それぞれが特定のデータ構造やフォーマットを表している。テーブルはメモ化による負荷低減とも深い関係がある(キャッシュを参照)。

例:

アプリケーションソフト[編集]

様々なテーブルやテーブル状のデータの生成・整形・編集を支援するアプリケーションソフトウェアがある。

アプリケーションの例:

家具との歴史的関係[編集]

中世ヨーロッパの会計屋は、市松模様(チェック模様)のテーブルの上で、その升目を使って貨幣を数えていた。イギリスの財務省Exchequer と呼ぶのもそれに由来する。市松模様のテーブルで貨幣を重ねて数えるという行為は、まさしく情報の具体的認識方法の1つである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fink, Arlene (2005). How to Conduct Surveys. Thousand Oaks: Sage Publications. ISBN 141291423X. 
  2. ^ Mcnabb, David (2002). Research Methods in Public Administration and Nonprofit Management. Armonk: M.E. Sharpe. ISBN 0765609576. 
  3. ^ Morgan, George (2004). Spss for Introductory Statistics. Hillsdale: Lawrence Erlbaum. ISBN 0805847898. 
  4. ^ Robey, David (2000). Sound and Structure in the Divine Comedy. Oxford Oxfordshire: Oxford University Press. ISBN 0198184980. 
  5. ^ a b Zielinski, Krzysztof (2006). Software Engineering: Evolution and Emerging Technologies. Amsterdam: IOS Press. ISBN 1586035592.