夫婦交換バラエティー ラブちぇん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラブちぇん
Love Change
ジャンル バラエティ番組リアリティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 名古屋テレビ(メ〜テレ)
演出 藤代賢二
プロデューサー 原口淳 (CP)
新村裕 (CP)
奥井剛平
川本謙一
山田貢
江間浩司
出演者 遠藤章造
友近
清水由美
高山香織
佐藤倫子
音声 ステレオ放送[1]
字幕 字幕放送
夫婦交換バラエティー ラブちぇん
放送時間 木曜 23:17 - 24:12(55分)
放送期間 2005年3月2日・2005年4月21日(2回)
ラブちぇん
放送時間 木曜 23:17 - 24:12(55分)
放送期間 2005年5月12日 - 2008年12月25日(180回)
テンプレートを表示

ラブちぇん』は、名古屋テレビ(メ〜テレ)と一部のテレビ朝日系列局で放送されていたバラエティ番組リアリティ番組。全180回。字幕放送実施。製作局のメ〜テレでは2005年5月12日から2008年12月25日まで、毎週木曜 23:17 - 24:12 (JST) に放送。

概要[編集]

主な放送内容[編集]

見ず知らずの2組の夫婦が2泊3日の夫婦交換生活を送る模様を放送していた番組で、夫婦交換は夫が互いの妻を交換し合う形で行われていた。企画初日の昼(午後)に両家の妻が交換先の夫と会って夫婦交換生活を始め、最終日の朝に元の家へ戻るというのが収録VTRのおおよその流れで、このVTRが放送された後に両家の妻がスタジオに登場し、司会の遠藤章造友近とともに夫婦交換生活についての感想などを語っていた。この企画に参加した妻には、「へそくり」と称して10万円を進呈していた。

妻が夫の生活態度や行動に何らかの不満を持っていることが夫婦交換生活の前提で、たとえば家事を全くしない夫に不満をもつ妻と、細かいことを完璧にこなさないと納得しない夫に不満をもつ妻を交換させるなど、持っている不満と正反対の不満を味わわせることで元の生活に納得して戻れるような配慮がされていた。大半は交換先の夫の行動に問題があり、その下へ訪れた妻が2日目の夜に不満を爆発させて大喧嘩になるというのがパターン化していた。その際には、妻が交換先の夫を口喧嘩でやり込めてしまうケースもよく見受けられた。なお、就寝時間には「卑猥話」が必ずと言っていいほど行われていた。

番組改編期などには、過去に企画に参加した夫婦のその後を追った特別編が放送されていたが、中には既に離婚していたなど生活が大きく変わった参加者たちもいる。

番組史[編集]

この番組は、2005年3月2日深夜と同年4月21日深夜に特別番組として放送された後、同年5月からレギュラー放送を開始した。特番時代のタイトルは『夫婦交換バラエティー ラブちぇん』(ふうふこうかんバラエティー ラブちぇん)で、この当時は遠藤と友近が司会を務めるスタジオパートが無く、モンキッキーと初代アシスタントの清水由美が元モデル妻がいる家庭へ、はなわと後に2代目アシスタントになる高山香織が太り気味の妻がいる家庭へ赴いて「ラブちぇん」指令を行うという内容で放送されていた。総合演出は植木善晴が、構成は守谷武己が担当していた。

レギュラー放送の開始以後はテレビ朝日系列局17局で放送されるようになった。また、レギュラーで放送されていないテレビ朝日においても、特別番組『ラブちぇん 芸能人スペシャル』に限っては2005年10月15日深夜と同年12月27日深夜にそれぞれ放送された。2006年8月7日には、製作局のメ〜テレのみではあったが20:00 - 20:54に『ラブちぇん 夏の特別編』と題して放送され、初のゴールデンタイムへの進出を果たした(この時間帯、東北地方以外のテレビ朝日系列局では『奇跡の扉 TVのチカラ』が放送されていた)。2007年9月2日には、14:00 - 15:25の『サンデープレゼント』枠にて初のテレビ朝日系全国同時ネットが行われた。

番組はおよそ3年半にわたり放送され続け、その間313組の夫婦が企画に参加した。番組の終了後、メ〜テレの自社製作枠は木曜深夜のさらに深い時間帯へと移行し、ここで他にネット局を持たないローカル深夜番組『バグルー!!』がスタートした。なお、この『ラブちぇん』で3代目アシスタントを務めていた佐藤倫子は、引き続き『バグルー!!』にもナレーターとして起用されていた。

出演者[編集]

レギュラー陣やゲストを紹介するテロップには、その人物の年齢が表示されていた。また、既婚者であるか独身者であるかなどの情報も表示されていた。

  • 遠藤章造ココリコ
  • 友近
  • 清水由美(当時メ〜テレアナウンサー) - 2007年3月放送分まで出演。
  • 高山香織(2008年3月まではメ〜テレアナウンサー) - 2007年4月放送分から実質2008年9月18日放送分まで出演。同日放送分をもって産休に入ったため、以後は佐藤が代理を務めたが、高山が復帰するのを待たずして番組は終了した。
  • 佐藤倫子(メ〜テレアナウンサー) - 高山の産休に伴い、2008年9月25日放送分から出演。
  • 幸野善之 - ナレーションを担当。

スタッフ[編集]

番組終了時のスタッフ[編集]

  • 構成 - 堀田延、興津豪乃、小杉四駆郎、堀江B面、守谷武己、下村実、近藤博幸
  • ブレーン - 関秀章
  • リサーチ - 吉田真理子(スコープ)、岩間丈倫(ニューズクリエイト
  • AP (アシスタントプロデューサー) - 鈴木美絵(NET WEB)
  • ディレクター - 渡辺恭三、小林一丈、小林恭寛、齋藤慎一郎、石井賢次、大久保崇、田中健太、村井伸一、磯谷直行、笠原由貴 
  • 総合演出 - 藤代賢二(NET WEB)
  • 制作プロデューサー - 太田雅人(メ〜テレ)、辻村たろう(NET WEB)、天野貴幸(植木商店)、大野勝彦(NET WEB)
  • プロデューサー - 川本謙一(メ〜テレ)、山田貢(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、江間浩司(NET WEB)
  • チーフプロデューサー - 新村裕(メ〜テレ)
  • 技術協力 - Trash麻布プラザフジアールSPOT、インテック、4DS
  • 収録スタジオ - テイクスタジオ
  • 観客管理協力 - BEEPS
  • 制作協力 - NET WEB、植木商店
  • 制作 - 吉本興業
  • 制作著作 - メ〜テレ

番組途中までのスタッフ[編集]

  • 構成 - 福田雄一
  • チーフプロデューサー - 原口淳(メ〜テレ)
  • プロデューサー - 奥井剛平(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
  • AP (アシスタントプロデューサー) - 高山雄次郎(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、谷陽子、石原文男(以上NET WEB)
  • ディレクター - 中塚大悟、原田浩司、金子浩
  • 収録スタジオ - ARIAKE Studio (放送開始から2006年3月まで)

放送局[編集]

ここに記しているものは全て番組終了時における放送時間である。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間
中京広域圏 メ〜テレ テレビ朝日系列[2] 木曜 23:17 - 24:12 2005年5月12日 - 2008年12月25日
北海道 北海道テレビ 金曜 24:10 - 25:10 2006年10月 - 2009年5月29日
秋田県 秋田朝日放送 金曜 25:15 - 26:10 2006年5月 - 2009年4月3日
山形県 山形テレビ 日曜 24:40 - 25:35 不明 - 2009年1月11日
福島県 福島放送 金曜 25:35 - 26:30[3] 不明 - 2009年3月6日
新潟県 新潟テレビ21 金曜 24:15 - 25:15 2006年2月 - 2009年2月6日
長野県 長野朝日放送 土曜 24:30 - 25:25 不明 - 2009年1月17日
静岡県 静岡朝日テレビ 金曜 24:50 - 25:50 2006年6月 - 2009年3月13日
石川県 北陸朝日放送 木曜 24:15 - 25:10 2007年4月 - 2009年3月5日
近畿広域圏 朝日放送 月曜 25:26 - 26:23[4] 2006年7月 - 2009年1月5日
広島県 広島ホームテレビ 木曜 24:10 - 25:10 2005年10月 - 2009年2月5日
香川県岡山県 瀬戸内海放送 土曜 15:00 - 15:55 2007年9月1日 - 2009年1月31日
愛媛県 愛媛朝日テレビ 土曜 16:30 - 17:25 2005年10月? - 2009年4月11日
福岡県 九州朝日放送 金曜 24:44 - 25:39 2005年10月 - 2009年5月8日[5]
長崎県 長崎文化放送 土曜 24:30 - 25:25 2005年10月? - 2008年12月20日[6]
熊本県 熊本朝日放送 土曜 24:30 - 25:25 2005年10月? - 2009年3月28日[7]
鹿児島県 鹿児島放送 木曜 25:10 - 26:05 2006年10月 - 2009年1月15日
富山県 チューリップテレビ TBS系列 火曜 24:50 - 25:45 不明 - 2008年3月11日[6]
鳥取県島根県 日本海テレビ 日本テレビ系列 水曜 16:53 - 17:50 2008年7月16日 - 2009年2月25日

脚注[編集]

  1. ^ 2008年2月21日放送分まではEPGにステレオ放送の表記があったが、同年2月28日放送分からは表記が消失した。
  2. ^ 金曜深夜に編成していた局では『朝まで生テレビ!』がある関係で、毎月最終週に限り放送休止になることがあった。
  3. ^ 福島放送自主編成の深夜番組放送枠『金曜ナイトセレクション』で放送。
  4. ^ 朝日放送ではミニ番組が放送される関係から、3分繰り下げになる日もあった。
  5. ^ 九州朝日放送では2009年2月13日放送分をもって放送休止状態に入り、同年5月1日と5月8日に総集編を放送して終了した。
  6. ^ a b 途中打ち切り。
  7. ^ 熊本朝日放送では長らく放送休止状態が続いていたが、2008年10月11日に放送を再開した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

メ〜テレ 木曜23:17枠
前番組 番組名 次番組
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!
(23:17 - 24:12、木曜24:48枠へ移動)
ラブちぇん
(2005年5月 - 2008年12月)
雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク
(23:17 - 24:12、木曜24:50枠から移動)