ハニートラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハニートラップ英語: Honey Trap)とは、女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する諜報活動で、人的諜報ヒューミント英語: HumintHuman intelligenceの略)の一種。またスキを見せた標的をその場で殺害する事もある。ただし必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、東ドイツ国家保安省(シュタージ)の「ロミオ諜報員」のように男性スパイによって対象となる女性を罠にかけることもある。いわば「色仕掛け」による諜報活動といえる。

なお、ハニートラップは直訳すると「蜜の罠」や「甘い落とし穴」となり、同じような意味合いで使用されるセクシャル・エントラップメント英語: Sexual Entrapment)は「性的な囮(おとり)」という意味である。

歴史[編集]

冷戦時代、ソビエト連邦で頻繁に行われた(殊に、KGB十八番であったとされる)。また、かつてのアメリカのケネディ大統領との関係があったといわれるマリリン・モンローがスパイだったのではないかという説も根強く存在し、この説によれば、彼女はFBIもしくはCIAにマークされていたとされる。

事例[編集]

最近の事案としては、2004年に在上海日本総領事館電信官遺書を遺して自殺した事件(詳細は上海総領事館員自殺事件参照)や、2006年海上自衛隊対馬防備隊一等海曹が内部情報を持ち出したうえ中国・上海に無断渡航していた事件(この自衛官も後に自殺する)が代表として挙げられる。

彼らは共通して、同一の上海の日本人向けカラオケ店に勤める中国人女性と親密な関係にあったとされるが、実は「その中国人女性店員こそが中共が送り込んだ女性工作員で、日本総領事館員も海上自衛官もハニートラップに嵌められたのではないか?」という説が、一部週刊誌等で主張されている(また、2006年9月13日放送の『報道ステーション』でもこの旨の内容が報道されている)。一方で、そういった説と並んで、これらの女性は必ずしも「中共当局が送り込んだ」わけではなく、中国の警察による一斉摘発で捕えられた女性店員等が「どんな客が来て、どんな話をしたのか」という情報を中国警察や中国の諜報機関に提供することで投獄を免れることがままあるという情報もある(通常、摘発された者達は投獄されるにもかかわらず、当該事件の中国側関係者の投獄例が極めて少なかったことが本説の傍証とされている)。

メディア作品等[編集]

映画アニメゲーム小説等のいわゆるサブカルチャー作品においては、『ルパン三世』の峰不二子が、その“達人”の代表として描かれてきた。最近では『メタルギアソリッド3 スネークイーター』のEVAや、『GUNSLINGER GIRL』のアレッサンドロとロッサーナが挙げられる。また、『内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』でもハニートラップの描写がみられる。

関連項目[編集]