サルメンエビネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルメンエビネ
Calanthe tricarinata.JPG
サルメンエビネ Calanthe tricarinata
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ラン目 Orchidales
: ラン科 Orchidaceae
: エビネ属 Calanthe
: サルメンエビネ C. tricarinata
学名
Calanthe tricarinata Lindl. 1832[1][2]
シノニム
和名
サルメンエビネ
変種

サルメンエビネ(猿面海老根、学名Calanthe tricarinata Lindl. 1832[1])は、ラン科エビネ属多年草和名の「サルメン」は唇弁が赤みを帯びてしわが寄っているのをサルに見立てたことに由来し[1][3]、「エビネ」は同属のエビネ偽球茎の形をエビの背中に見立てたことに由来する[4]種小名tricarinataは、「3背稜がある」を意味する[1][5]

分布[編集]

カシミールネパール標高2,285-2,900 m)、インドシッキム州ブータン中国西南部(標高1,000-3,500 m)、台湾(標高1,700-2,500 m)、日本に分布する[3][6]

日本では北海道本州(標高300-1,300 mに分布する[6]千葉県[7]愛知県[8]大阪府[9]には自生していない。)、四国九州まで広く分布し、ブナ林などの深山の落葉樹林下に生育する[3][10]田中澄江による『花の百名山』で、大千軒岳を代表する花の一つとして紹介されている[11]

特徴[編集]

各部の外観[編集]

は2-4枚で、長さ15-25 cm、幅 6-8cmの倒披針形[3][10]。葉の裏面には、1 mm2あたり約14本のが生える[12]球茎は長さ1.5-2.5 cm、直径1.5-2.5 cmの卵状球形で10数年の寿命[1]は直径0.2-0.3cm[1]、2月に長さ約7.5 cm、幅約2 cmの冬を形成する[13]。新芽が展開後花茎は、直径約0.5 cmで高さ30-50 cmまで成長し、4-6月に上部に7-15個[3]を交互にまばらにつける[10]。花茎は直立し、1-2個の苞葉がある[1]。花は下から順に咲き、ほぼ横向きに平開する。黄緑色の3枚の幅が広い萼片と2個の側花弁がある[10]。赤褐色の唇弁は3裂し、垂れ下がる。その左右にある側裂片は小さく、下部の中裂片にはしわがありサルの顔に見立てられている。蕊柱は薄黄緑色で、長さ0.5-0.6 cm、幅0.4 cm[1]はない[14]花粉塊は黄緑色で8個、長さ約0.3 cm[1]で、ハチにより持ち去られ他のエビネ類より早く受粉を行うことが多い[15]。花後に黒い蒴果ができる。

核形態[編集]

1900年代にエビネ属の染色体の研究が行われ、系統進化の分類がなされている[16]

本種の染色体数は、2n=40、60[17]。2n=40個の中期染色体は漸変的に小さくなり、長さは2.6-5.2 μm[17]。染色体の対称性が高く、ナツエビネ群に最も近い種でこの群から進化したものと考えられている[18]

分類[編集]

本種は染色体の核型などにより、エビネ属Calanthe亜属のCalanthe節に分類されている[19]

シノニム[編集]

以下のシノニムがある[1]

変種[編集]

唇弁は分布域によって差異が見られ、以下の変種に分類される[6]

  • C. torifera Lindl. var ecarinate (Rolfe) Maek. - 中国産、唇弁の3個のひだが発達しない。
  • C. torifera Lindl. var trifera (Schltr.) Maek. - 日本産、唇弁の3個のひだが発達する。
  • C. torifera Lindl. var pantlingii (Schltr.) Maek. - ヒマラヤ産、唇弁の3個のひだの他に肉質突起が2個ある。

交雑種[編集]

自然交雑種として以下のものが知られている[20]

  • イシズチ - サルメンエビネとエビネとの交雑種[21]、西日本型イシズチと区別するためにクリコマ型イシズチと呼ばれることがある[注釈 1][22]
  • 西日本型イシズチ - サルメンエビネとエビネキエビネまたはキリシマエビネなどとの交雑種。
  • キサルメン - サルメンエビネとキエビネとの交雑種[21]

種の保全状況評価[編集]

日本では環境省により、レッドリストの絶滅危惧II類(VU)の指定を受けている[23][注釈 2][24]

絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト

Status jenv VU.png

[23]

また以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[25]中部山岳国立公園[26]阿蘇くじゅう国立公園[27]氷ノ山後山那岐山国定公園[28]耶馬日田英彦山国定公園[29]などの指定植物であり、採集は禁止されている。開発と植林地化による自然林の減少[注釈 3]、森林の管理放棄[27][30][31]、業者やマニアによる園芸目的の採集・盗掘[注釈 4]、1970年代後半のエビネブームに伴う乱獲[29][32]などにより、個体数は減少している[24][33][34]。既に絶滅して生育していないと見られている都府県もある。保護を行うためには、ブナ林などの生育環境の保全、自生地が特定できる情報を公開しない盗掘防止対策などが必要である[31][35]

園芸[編集]

サルメンエビネは春咲きのエビネ類のなかでは最も大型の種であるが、東京都大阪府などの市街地での栽培は困難で、東北地方北部などのより寒冷な地方が栽培に向いている[49]。風通しのよい、涼しい場所での管理が適する[50]。 日本全国で山野草として販売流通するが、関東以南の平低地では長期育成は困難で、ほぼ消耗品扱いとなる。

なお、市場価格が安いため、原種そのままの営利生産はほとんどおこなわれていない。流通個体は野生採集品、あるいは寒冷地において植栽下で増殖した個体で、無菌播種などによる種苗生産量はゼロに近い。

一方で、サルメンエビネを元親にした様々な種間交雑種は、生産量こそ多くないが園芸用として継続した種苗生産がおこなわれている。交雑種は耐暑性を有する場合が多く、花型や花色も交配世代が重なるごとに改良が進められ、市場価値が高くなってきている。したがって育種販売業が営利的に成立するためである。 人工交雑種の主なものを以下に示す[51][52]

  • 1回交配(原種同士の交配)
    • Harryana(ハリアーナ) - masuca x tricarinata Veitch 1895(オナガエビネ x サルメンエビネ)
    • Ishizuchi(イシズチ) - discolor x tricarinata I.Ito 1996(エビネ x サルメンエビネ)
    • Kisyouzyo(キショウジョウ) - sieboldii x tricarinata M.Tahara 1996(キエビネ x サルメンエビネ)
    • Tosa(トサ) - aristulifera x tricarinata Y.Murakami 1996(キリシマエビネ x サルメンエビネ)
  • 2回交配(雑種1代と原種との交配)
    • Bungo(ブンゴ) - Hizen x tricarinata E.Murakami 1996(ヒゼン[注釈 12] x サルメンエビネ)
    • Michinoku(ミチノク) - Kozu x tricarinata H.Murakami 1996(コオズ[注釈 13] x サルメンエビネ)
    • Misyo(ミショウ) - Higo x tricarinata I.Nakano 1996(ヒゴ[注釈 14] x サルメンエビネ)
    • Takasarumen(タカサルメン) - Higo x tricarinata I.Ito 1996(タカネ[注釈 15] x サルメンエビネ)

現在ではさらに複雑に交配が進んでおり、形状からサルメンエビネの関与が推定されても、交配記録がなく正確な起源のわからない個体のほうが多くなっている。

なお、日本産の春咲きエビネ類のうちジエビネ、キエビネ、キリシマエビネ、ニオイエビネはどの組合せでも交雑種に稔性があり、自生地でも相互に複雑な浸透交雑が認められる。しかしサルメンエビネとの交雑個体では稔性が低くなり、自然状態では交雑2世代目以降と推測される個体はほとんど見つかっていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「クリコマ型イシズチ」の呼び名は、東日本のイシズチの最初の発見地である栗駒山にちなむ。
  2. ^ 2007年以前の環境省レッドデータブックでは絶滅危惧IB類(EN)の指定を受けていた
  3. ^ 各地域の出典詳細(その1)は注釈の下部を参照。
  4. ^ 各地域の出典詳細(その2)は注釈の下部を参照。
  5. ^ 福岡県筑豊では自生するエビネ類の中でサルメンエビネの個体数の割合は1 %以下で、エビネ(55 %)、キエビネ(55 %)、タカネエビネ(13 %)、ナツエビネ(6 %)と比較して希少である。
  6. ^ 青森県の重要希少野生生物(Aランク)は、環境省の絶滅危惧I類相当。
  7. ^ 岩手県のAランクは、環境省の絶滅危惧I類相当。
  8. ^ 兵庫県のAランクは、環境省の絶滅危惧I類相当。
  9. ^ 北海道の絶滅危惧種(En)は、環境省の絶滅危惧IB類相当。
  10. ^ 富山県の種は分布域によって差異がみられ、以下の4タイプがある。
    • サルメン - 普通のサルメンエビネ、標高400-800 mの低地に分布。
    • ホンザル - 標高800 m以上の立山山系から岐阜県境に分布する北海道と東北地方の北方系サルメンエビネと同一。
    • オオザル - 標高900 m以上の立山山系から姫川水系にかけて分布し、全体に大きい。
    • ハゲザル - 標高1,000 m以上の立山山系に特有なもので、花弁はサルメンの約2倍の大きさ。
  11. ^ 香川県では過去に生育が確認された記録がない。
  12. ^ ヒゼンはエビネとキリシマエビネとの交雑種。
  13. ^ コオズはエビネとニオイエビネとの交雑種。
  14. ^ ヒゴはキリシマエビネとキエビネとの交雑種。
  15. ^ タカネはエビネとキエビネとの交雑種。
  • 各地域の出典詳細(その1) - 本種の減少要因(開発と植林地化による自然林の減少)に対する出典は以下を参照[26][27][28][40][41][42][43]
  • 各地域の出典詳細(その2) - 本種の減少要因(業者やマニアによる園芸目的の採集・盗掘)に対する出典は以下を参照[26][27][28][38][40][41][42][43][30][44][31][35][45]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 唐沢 (1998)、178-180頁
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “サルメンエビネ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年6月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e 里見 (1982)、225頁
  4. ^ 林 (2009)、580頁
  5. ^ 高橋 (1986-4)、177頁
  6. ^ a b c 唐沢 (1998)、181頁
  7. ^ 高橋 (1984)、178頁
  8. ^ 高橋 (1986-4)、82頁
  9. ^ 高橋 (1986-4)、146頁
  10. ^ a b c d 林 (2009)、581頁
  11. ^ 田中 (1997)、154-157頁
  12. ^ 唐沢 (1998)、93頁
  13. ^ 唐沢 (1998)、94頁
  14. ^ 高橋 (1986-4)、193頁
  15. ^ 唐沢 (1998)、108-109頁
  16. ^ 唐沢 (1998)、119頁
  17. ^ a b 唐沢 (1998)、180-181頁
  18. ^ 唐沢 (1998)、131頁
  19. ^ 唐沢 (1998)、148頁
  20. ^ 高橋 (1986-10)、190頁
  21. ^ a b 唐沢 (1998)、269頁
  22. ^ 高橋 (1993)、120頁
  23. ^ a b 第4次レッドリスト「植物I(維管束植物)」”. 環境省. 2013年6月22日閲覧。
  24. ^ a b 絶滅危惧情報検索「サルメンエビネ」”. 環境省. 2013年6月22日閲覧。
  25. ^ 日本のレッドデータ検索システム「サルメンエビネ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2014年3月19日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  26. ^ a b c d レッドデータブックにいがた (PDF)”. 新潟県. pp. 259 (2001年). 2013年6月22日閲覧。
  27. ^ a b c d e レッドデータブックおおいた (PDF)”. 大分県. pp. 130 (2000年). 2013年1月22日閲覧。
  28. ^ a b c d 岡山県版レッドデータブック2009 (PDF)”. 岡山県. pp. 286 (2009年). 2013年6月22日閲覧。
  29. ^ a b c 福岡県の希少野生生物 RED DATA BOOK 2011 FUKUOKA・サルメンエビネ”. 福岡県 (2011年). 2013年6月22日閲覧。
  30. ^ a b c 徳島県版レッドデータブック (PDF)”. 徳島県. pp. 352 (2011年8月). 2013年6月22日閲覧。
  31. ^ a b c d 兵庫県版レッドデータブック2010(植物・植物群落)・サルメンエビネ”. 兵庫県 (2010年). 2013年6月22日閲覧。
  32. ^ a b 改訂・熊本県の保護上重要な野生動植物-レッドデータブックくまもと2009- (PDF)”. 熊本県. pp. 168 (2009年). 2013年6月22日閲覧。
  33. ^ 自然公園利用のマナー”. 青森県 (2008年8月7日). 2013年6月22日閲覧。
  34. ^ 五農高生が絶滅危惧種守る活動”. 陸奥新報 (2012年10月4日). 2013年6月22日閲覧。
  35. ^ a b c 岐阜県レッドデータブック(初版)・サルメンエビネ”. 岐阜県 (2002年). 2013年6月22日閲覧。
  36. ^ 埼玉県レッドデータブック2008植物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 205 (2011年). 2013年6月22日閲覧。
  37. ^ 三重県レッドデータブック2005・サルメンエビネ”. 三重県 (2005年). 2013年6月22日閲覧。
  38. ^ a b レッドデータブックやまぐち・サルメンエビネ”. 山口県 (2002年). 2013年6月22日閲覧。
  39. ^ 高橋 (1986-10)、167頁
  40. ^ a b c 指定希少野生動植物の概要(サルメンエビネ)”. 宮崎県 (2012年12月28日). 2013年6月22日閲覧。
  41. ^ a b c 京都府レッドデータブック・サルメンエビネ”. 京都府 (2002年). 2013年6月22日閲覧。
  42. ^ a b c 福井県レッドデータブック(植物編)・サルメンエビネ”. 福井県 (2004年). 2013年6月22日閲覧。
  43. ^ a b c しまねレッドデータブック・サルメンエビネ”. 島根県 (2004年). 2013年6月22日閲覧。
  44. ^ a b 青森県レッドデータブック(2010年改訂版) (PDF)”. 青森県. pp. 59 (2010年). 2013年6月22日閲覧。
  45. ^ a b 愛媛県レッドデータブック・サルメンエビネ”. 愛媛県 (2003年). 2013年6月22日閲覧。
  46. ^ 北海道レッドデータブック・サルメンエビネ”. 北海道 (2001年). 2013年6月22日閲覧。
  47. ^ 高橋 (1986)、177-178頁
  48. ^ 香川県レッドデータブック・サルメンエビネ”. 香川県 (2004年3月). 2013年6月22日閲覧。
  49. ^ 高橋 (1993)、114頁
  50. ^ 耕司 (1998)、275頁
  51. ^ 唐沢 (1998)、270-272頁
  52. ^ 唐沢 (1998)、307-311頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]