SEXY STREAM LINER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BUCK-TICK > 作品リスト > SEXY STREAM LINER
SEXY STREAM LINER
BUCK-TICKスタジオ・アルバム
リリース
録音 1997年
SOUND SKY STUDIO
EGGS & SHEP STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル マーキュリー
プロデュース BUCK-TICK
奈良敏博
比留間整
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 登場回数5回(オリコン)
BUCK-TICK 年表
COSMOS
1996年
SEXY STREAM LINER
(1997年)
LTD
1998年
『SEXY STREAM LINER』収録のシングル
  1. ヒロイン
    リリース: 1997年11月12日
  2. 囁き
    リリース: 1998年3月11日
テンプレートを表示

SEXY STREAM LINER』(セクシー・ストリーム・ライナー)は、日本ロックバンドであるBUCK-TICKの10枚目となるオリジナルアルバム[1]、およびアルバムの2曲目に収録されているインストゥルメンタル曲である。アルバムは1997年12月10日マーキュリー・ミュージック・エンタテイメントよりリリースされた。

マーキュリー移籍後初となる作品だが、契約が早々に終了したため、マーキュリー在籍時にリリースされた唯一のオリジナルアルバムとなった。

解説[編集]

ギターが入っていない曲があったり、ほぼ全てのドラム打ち込みであったりと、6thアルバム『狂った太陽』(1991年)以降取り入れてきたノイズ、打ち込みといったデジタル要素をより前面に押し出した作品。そういった背景もあり、一部の音楽雑誌では「BUCK-TICK史上最大の異色作」と評されている。

ギタリスト今井寿曰く、タイトルの「SEXY」にはスラングで「最新型の」と言う意味もあるらしく、「最新型の流線形」ということらしい。

後に「囁き」(1998年)がシングルカットされ、これに「SEXY STREAM LINER」・「キミガシン..ダラ」を追加収録したアナログ盤『LTD』(1998年)がリリースされた。これらのジャケットはどれも本作のジャケットのモチーフが使われている。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1997年12月10日 マーキュリー CD PHCL-5089 4位 初回限定スペシャルカラーケース、ピクチャーレーベル仕様
2 2000年3月29日 マーキュリー CD PHCL-5140〜1 - コンピレーションアルバム『97BT99』収録

収録曲[編集]

全編曲:BUCK-TICK(特記以外)

  1. タナトス [5:23]
    Aメロのリフはギターの音をサンプリングしたものをシンセサイザーで鳴らしている[2]。タナトスとはギリシャ神話の死神、あるいはフロイトの心理学用語における「自己破壊的な死の本能」を指す。
  2. SEXY STREAM LINER [2:45]
    本作のタイトル曲にしてインスト。ライブではオープニングSEとして使用された。
  3. ヒロイン -angel dust mix- [4:27]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    先行シングルのバージョン違いで、イントロボーカルトラックがカットされていたり、間奏が大幅に異なっている。
  4. 無知の涙 [4:34]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    アルバム『darker than darkness -style 93-』(1993年)の頃から構想は今井の中にあったという[2]永山則夫の手記と同じ題名ではあるが、内容的関連性は無い。詞の内容は「戦争」を皮肉ったもの。
  5. リザードスキンの少女 [4:34]
    • 作詞・作曲:今井寿
  6. 螺旋 虫 [4:33]
    先行シングル「ヒロイン」(1997年)のカップリングに収録されているのはドラムやギターのトラックが無いリミックスアンビエント色が濃い。
  7. 蝶蝶 [4:32]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:星野英彦
  8. 囁き [4:38]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    後にギターパートを追加したリミックスバージョンがシングルカットされた。
  9. 迦陵頻伽 Kalavinka [5:08]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  10. MY FUCKIN' VALENTINE [4:35]
    • 作詞・作曲:今井寿
    櫻井と今井のツインボーカル曲で、ハウステクノを融合させた曲[2]。今井は音感を重視し、歌詞に「ル」を含む単語を多用している[3]
  11. Schiz・o幻想 [4:23]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    今井が「変態的なダブ」を目指した曲[2]。歌詞においてアルバム『COSMOS』(1996年)以降、封印されていた直接的な精神描写が顕著で、櫻井曰く「思わず出てしまった」とのこと。
  12. キミガシン..ダラ [5:11]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    本作中最もキャッチーで、メンバーが知人にアルバムを聴かせた際に「最後がこの曲で安心した」と言われたほど[2]

参加ミュージシャン[編集]

サポートミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ セルフカバー・アルバム『殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits』を除いた場合。『殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits』を7thアルバムとした場合11thアルバムとなる。
  2. ^ a b c d e 『ロッキンf』(1998年1月号)
  3. ^ 『WORDS BY BUCK-TICK 1987-2002』