福山弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福山弁(ふくやまべん)は、広島県福山市とその周辺(尾道市岡山県笠岡市など)で話される日本語の方言で、広島県東部で話される備後弁の一種。中国方言山陽方言に含まれる。広島県はかつて、西部の安芸地方から東部の備後地方北部にかけての地域を領有した広島藩と、備後南東部と岡山県笠岡市・井原市を領有した福山藩に分かれていたため、同じ備後地方内でも違いがある。笠岡市井原市などは旧備中国に含まれるが、歴史的に長く福山藩の影響下にあったため福山弁に近い方言が用いられている。

概要[編集]

福山弁は、隣接する岡山県の岡山弁、特に備中弁とよく似ている。アクセントは、広島県内のほとんどが中輪東京式アクセントであるが、福山藩域では「葉・名・日」などの一拍名詞第二類が「が」のような頭高型の発音になり、岡山県の大半の地域と同じ内輪東京式アクセントである[1]。(「やまが」「くるまが」のように語頭が高く発音される[2]点で京阪式に近い内輪東京式である。)浅野藩域(広島弁)では一文節内で高く発音される部分が一音節のみになる傾向が強いが、福山藩域では頭高型を除いて「低高高…」のような2拍目直前での音の上昇があり、東京に似た音調になる。

また、「うめぁあ/うみゃあ」(うまい)や「おめぁあ/おみゃあ」(おまえ)のように、「ai」という連母音が[æː](アとエの中間音の長音/エァー)または[jaː](ャー)に変化するという特徴がある。この特徴も岡山弁に続くもので、「アイ」が「アー」に変化する安芸弁や山口弁とは異なる。しかし、この特徴は福山市以外の若年層では聞かれなくなっている。このほか、連母音「オイ」は「エー」になり、「ウイ」は「イー」になる。

文末の助詞として、「なあ」が用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 山口幸洋(2003)『日本語東京アクセントの成立』(港の人)、p.122や巻末の分布図など
  2. ^ 金田一春彦(1977)「アクセントの分布と変遷」大野晋・柴田武編『岩波講座日本語11 方言』岩波書店 p153

参考文献[編集]

  • 平山輝男ほか『日本のことばシリーズ34広島県のことば』明治書院、1998年

関連項目[編集]