眠れる森の美女 (1959年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
眠れる森の美女
Sleeping Beauty
監督 クライド・ジェロニミ(指揮)
ウォルフガング・ライザーマン(演出)
エリック・ラーソン(演出)
レス・クラーク(演出)
脚本 アードマン・ペナー
ジョー・リナルディ
ウィンストン・ヒブラー
ビル・ピート
テッド・シアーズ
ラルフ・ライト
ミルト・バンタ
原作 シャルル・ペロー
製作 ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー
ナレーター マービン・ミラー
出演者 下記参照
音楽 ピョートル・チャイコフスキー
ジョージ・ブランズ(編曲)
主題歌 いつか夢で
撮影 ボブ・ブロートン
編集 ロイ・M・ブルワー・ジュニア
ドナルド・ハリデイ
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ・ディストリビューション
日本の旗 日本RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年1月29日
日本の旗 1960年7月23日
上映時間 76分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 600万$
興行収入 530万$
テンプレートを表示

眠れる森の美女』(ねむれるもりのびじょ、原題:Sleeping Beauty)は、1959年1月29日公開のアメリカ映画ファンタジー映画ディズニーの長編アニメーション映画

概要[編集]

原作はヨーロッパの同名の童話であるシャルル・ペローの『眠れる森の美女』。1953年に作業を開始。だがこの頃、ウォルト・ディズニーディズニーランドの建設と運営、テレビ番組・『ディズニーランド』に没頭し総監督のケン・ピーターソンにまかせっきりだった。そんな中で彼は音楽にピョートル・チャイコフスキーバレエ音楽を使用する事を決めていた。それを本作より音楽担当となったジョージ・ブランズが見事に編曲しワルツで彩られた曲がいくつか誕生しました。美術面ではアイヴァンド・アールが全体の美しいスタイルを創りだし色彩面ではメアリー・ブレアが退社前にこの作品の為にいくつかの美術ボードを作成した事で後を継いだトム・オレブが見事な色彩を創る事に成功。そして本作の目玉は大型映画ブームにあわせ70mmスーパーテクニラマ方式、6本サウンドトラック・ステレオ音響の使用であった。また、アニメーターの原画をセルにトレスする工程が手作業であった最後の作品でもある。

生前のウォルトが関わった童話を原作とする作品としては最後のものとなった。ウォルト・ディズニーの死後、ディズニーのアニメ映画で童話を原作としたものは本作以降1989年の『リトル・マーメイド』まで存在しない。

6年の歳月と600万$の費用をかけ、300人のアニメーター、セル画数100万枚。これはディズニー映画史上最も贅沢で豪華な長編アニメ映画である。だが興行収入は530万ドルにとどまった。ウォルト・ディズニーが、本作に注力出来なかった事が作品の質に悪影響を及ぼしたのではないかと指摘する論者もいる[1]。しかし1970年、1979年、1986年の再公開で人気が高まり、ディズニーの大切な財産となった。

ストーリー[編集]

ヨーロッパのある国に待望の王女が誕生し、ローマ神話の女神(アウロラ)の名にちなんでオーロラと名付けられた。お祝いには許婚である隣国のフィリップ王子も訪れ、生まれたばかりのオーロラに3人の妖精から贈り物が与えられた。1人目の妖精・フローラからは美しさを、2人目の妖精・フォーナからは歌の才能が贈られた。ところが、その場に現れた魔女マレフィセントが呼ばれなかった腹いせに「16歳の誕生日の日没までに糸車で指を刺して死ぬ」という呪いをかけてしまう。まだ贈り物をしていなかった3人目の妖精・メリーウェザーは、贈り物の代わりに「死ぬのではなく眠るだけで、運命の相手からのキスにより目覚める」という魔法をかけた。

オーロラの父であるステファン王は呪いが実現しないよう国中の糸車を焼却したが、3人の妖精はマレフィセントに気づかれないように自ら魔法を使うことを禁じ、人と同じように暮らしながらオーロラを匿い育てることを決め、彼女にブライア・ローズという仮名を付けて森の奥の家に移り住む。

15年が過ぎ、ローズは16歳の誕生日の日没後に妖精たちの庇護を離れて城に戻ることになっていた。3人の妖精は内緒で誕生日パーティの準備をするため、いちごをつんで来てほしいと言って外出させる。訝しがりながらも外に出た彼女は、たまたま近くを通りかかったフィリップと出会い、お互いに相手が誰か気づかないまま恋に落ち、夜に再会する約束を交わして別れる。その夜、妖精たちからオーロラという自分の本当の名前と王女である事、そして既に結婚相手がいるという事実を聞かされ、フィリップに二度と逢えないと知り悲しみにくれる。そこに居場所を突き止めたマレフィセントがつけ込んで呪いが実現し、オーロラは眠りに落ちてしまう。城ではお祝いの準備が進められていたが、3人の妖精はオーロラが戻らないことを知って悲しまないよう城にいる人々に魔法をかけて眠りにつかせた。

その頃オーロラとの約束に従って妖精の家を訪ねたフィリップは、呪いを解かれることを危惧したマレフィセントによって拉致され、魔の城の地下牢に閉じ込められる。ヒューバート王の寝言から、呪いを解く運命の相手がフィリップだと知った3人の妖精は魔の城に向かい、オーロラを救うために真実の剣美徳の盾を授ける。王子が魔の城を抜け出してオーロラの元へ向かったのを知ったマレフィセントは、行く手を阻むために城の周りにイバラを巡らせ、自らもドラゴンの姿になって妨害に行くがフィリップによって殺害される。

フィリップのキスでオーロラにかかっていた魔法が解け、二人は結婚して幸せに暮らした。

登場キャラクター[編集]

オーロラ姫/ブライア・ローズ(Princess Aurora/Briar Rose)
日の光のように輝く金髪、バラのように赤い唇、長身、スリムなスタイルの美しい王女。青いドレスを着ている[2]。”16歳までに糸車の針で指を刺さして死ぬ”という呪いを魔女マレフィセントにかけられてしまう。魔女による危害を避ける為、3人の妖精(フローラ、フォーナ、メリーウェザー)によって、森の奥の小屋にかくまわれ、農家の娘ブライア・ローズという名で育てられた。16になって城へ戻ることが決まるが、彼女の存在を嗅ぎつけたマレフィセントに操られ、呪いが成就してしまう。
ステファン王(King Stefan)
舞台となる国の国王でオーロラの父。
リア王妃(Queen Leah)
ステファン王の妃でオーロラの母。容姿がオーロラにそっくり。
フローラ(Flora)
三人の妖精の一人。リーダー格。オーロラ姫の隠蔽を提案した。赤い服が特徴。メリーウェザーとはよく喧嘩をする。オーロラの誕生に際しては「美しさ」を贈った。
フォーナ(Fauna)
三人の妖精の一人。穏やかな性格で涙脆い。緑の服が特徴。フローラとメリーウェザーの仲裁によく入っている。料理は下手。オーロラに「美しい歌声」を贈った。
メリーウェザー(Merryweather)
三人の妖精の一人。ずんぐりむっくりとした体型で、他の2人がグレーの髪なのに対して1人だけ黒髪。何かと不平不満が多く、フローラとはよく喧嘩をしている。マレフィセントの呪いを修正した。青色を好み、自分も青い服を着ている。怒ると腰を振る癖がある。
マレフィセント(Maleficent)
本作の悪役。2014年、このマレフィセントを主役にしたスピンオフ映画が公開された。
フィリップ王子(Prince Phillip)
隣国の王子。オーロラ姫の許婚。幼少時に父ヒューバート王と共にオーロラ姫の誕生祝いに訪れたことがある。成人後に森で暮らしていたブライア・ローズ(オーロラ)と出会い、恋に落ちる。後に呪いの為に倒れた姫を救うべく魔女との戦いに向かう。
ヒューバート王(King Hubert)
隣国の国王でフィリップの父。作中ではステファン王とは「古くからの友人」と紹介されている。

キャスト[編集]

役名 原語版声優 日本語吹き替え
初公開版
BVHE版初代
BVHE版2代目
オーロラ姫
ブライア・ローズ
メアリー・コスタ 高田敏江 すずきまゆみ
歌:牧三都子
フィリップ王子 ビル・シャーレイ 宮本昭太 古澤徹
歌:砂川稔 歌:立花敏弘
マレフィセント エレノア・オードリー 北林谷栄 沢田敏子
フローラ ヴェルナ・フェルトン 長岡伸子 麻生美代子
リア王妃 松田トシ
フォーナ バーバラ・ジョー・アレン 長倉茂子 京田尚子
メリーウェザー バーバラ・ルディ 堀越節子 野沢雅子
ヒューバート王 ビル・トンプソン 中村哲 富田耕生
ステファン王 テイラー・ホームズ 栗本正 徳川龍峰
グーン キャンディ・キャンディード
ピント・コルヴィック
ビル・アムズベリー
大平透 郷里大輔
ディアブロ ダラス・マッケノン 原語版流用
ナレーター マービン・ミラー 森本レオ 佐々木勝彦
  • 初公開版、BVHE版初代:1960年7月23日公開
  • BVHE版2代目:1995年12月16日公開

映像制作[編集]

製作 ウォルト・ディズニーロイ・O・ディズニー
原作 シャルル・ペロー
脚本 アードマン・ペナージョー・リナルディウィンストン・ヒブラービル・ピートテッド・シアーズラルフ・ライトミルト・バンタ
音楽 ピョートル・チャイコフスキー
バレエ組曲「眠れる森の美女」より
編曲 ジョージ・ブランズ
オーロラ姫、マレフィセント担当作画監督 マーク・デイヴィス
フィリップ王子担当作画監督 ミルト・カール
フローラ、フォーナ、メリーウェザー担当作画監督 フランク・トーマスオリー・ジョンストン
ヒューバート王、ステファン王、グーン担当作画監督 ジョン・ラウンズベリー
レイアウト マクラーレン・スチュワートドン・グリフィスバジル・デヴィドヴィチジョー・ヘイルジャック・ヒューバートム・コドリックアーニー・ノードリヴィクター・ハブーシュホーマー・ジョナスレイ・アラゴン
原画 ハル・キングブレイン・ギブソンケン・ハルトグレンジョージ・ニコラスヘンリー・タナウスハル・アンブロジョン・シブリーハーヴィー・トゥームズボブ・ヤングクイストジョン・ケネディ
ドン・ラスクボブ・カールソンフレッド・コピエッツエリック・クレワースケン・オブライエン
エフェクト原画 ダン・マクマナスジャック・ボイドジョシュア・メダージャック・バックリー
動画 ドン・ブルースゲイリー・ムーニー
美術監督 ケン・アンダーソンドン・ダグラディ
美術設定 アイヴァンド・アール
背景 フランク・アーミテイジアル・デンプスタービル・レインディック・アンソニーリチャード・H・トーマスセルマ・ウィトマーウォルト・ペレゴイラルフ・ヒューレットフィル・モットーラアンソニー・リッツォ
色彩協力 メアリー・ブレア
色彩設計 トム・オレブ
特殊効果 アブ・アイワークスユースタス・ライセット
撮影 ボブ・ブロートン
音響監修 C・O・スライフィールド
録音 ロバート・O・クック
ミキサー イヴリン・ケネディ
編集 ロイ・M・ブルワー・ジュニアドナルド・ハリデイ
製作担当 ハリー・タイトル
アクション担当演出 ウォルフガング・ライザーマン
エフェクト担当演出 エリック・ラーソン
演出 レス・クラーク
アニメーション制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション
監督 クライド・ジェロニミ
総監督 ケン・ピーターソン
配給 ブエナ・ヴィスタ・ホーム・エンターテイメント

日本語版音声制作[編集]

演出 木村絵理子
音楽監督 深澤茂行(ミュージック・クリエイション)
脚本翻訳 井場洋子
台詞調整 阿部佳代子(オムニバス・ジャパン)
録音 室克己(アオイスタジオ)
整音 井上秀司(東京テレビセンター)
音楽ミキサー 久連石良文(アオイスタジオ)
録音スタジオ 東京テレビセンター
録音制作 東北新社
日本語版制作 DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.

主題歌[編集]

使用箇所 曲名 作詞 作曲 訳詞 歌手
オープニングテーマ いつか夢で
Once Upon a Dream
ジャック・ローレンス サミー・フェイン 片桐和子 ジョン・レイリグ・コーラス(OP版)
メアリー・コスタ(挿入歌版)
ビル・シャーレイ(挿入歌版)
挿入歌 オーロラ姫おめでとう
Hail to the Princess Aurora
トム・アデイア ジョージ・ブランズ ジョン・レイリグ・コーラス
美と詩の贈り物
The Gifts of Happiness and Song
私は不思議
Do You Hear That?
ウィンストン・ヒブラー
テッド・シアーズ
メアリー・コスタ
スカンプス
Wine
トム・アデイア
アードマン・ペナー
テイラー・ホームズ
ビル・トンプソン
眠れる森の美女
Sleeping Beauty
トム・アデイア ジョン・レイリグ・コーラス

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エイドリアン・ベイリー著・玉置悦子訳『ウォルト・ディズニー ファンタジーの世界』講談社、1985年
  2. ^ この色は本作のみの設定で、ディズニープリンセスなどのグッズ展開では、容姿が似ているシンデレラとの混同を避けるためピンク色に変更されており、以降は絵本などでもこの色が反映されている。
  3. ^ pp.417.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]