木曾 (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese cruiser Kiso in 1942.jpg
艦歴
発注 1917年度計画
起工 1919年6月10日三菱造船長崎造船所
進水 1920年12月14日
就役 1921年5月4日
その後 1944年11月13日に戦没
除籍 1945年3月20日
性能諸元
排水量 基準:5,100トン
常備:5,500トン
全長 162.15m
全幅 14.17m
吃水 4.80m (常備)
機関 オールギアードタービン4基4軸
90,000 SHP
最大速力 36.0ノット
航続距離 5,000海里 / 14ノット時
乗員 450名
装甲
兵装
新造時 50口径14cm単装砲7門
40口径8cm高角砲2門
三年式機砲 2基2問
53cm連装魚雷発射管4基
五号機雷150個
水上機 1機
改修時(1944年夏) 50口径14cm単装砲5門
40口径八九式12.7cm連装高角砲 1基2門
九六式25mm三連装機銃 4基12門
同連装機銃 6基12門
同単装機銃 14基14門
(合計38梃)
13mm連装機銃1基2門
同単装機銃 10基14門
(合計10梃)
53cm連装魚雷発射管4基
二一号対空用電探1基[1]

木曾きそ)は、大日本帝国海軍球磨型軽巡洋艦の5番艦。艦名は東海地方を流れる木曽川に由来して命名された。

概要[編集]

活躍[編集]

1921年、長崎で竣工。竣工後はシベリア撤兵日中戦争に参加していたが、太平洋戦争開戦後は第5艦隊所属として北方作戦に従事することとなり、1942年ミッドウェー作戦に伴うアッツ島キスカ島攻略作戦や翌年のキスカ島撤退作戦へ参加する。その後は主として輸送任務に就いた。

航空機搭載[編集]

竣工時に艦橋下に格納庫と艦橋前に滑走台を設置、陸上機を収容できるようにした。そのため他の球磨型より艦橋構造物が大型化した。以降の長良型川内型も同様の理由で艦橋構造物が大型化している。しかし滑走台の実用性は乏しく後に撤去、以降陸上機は搭載されなくなった。

他の5500トン型軽巡洋艦は近代化改装時にカタパルトを設置、水上機を1機搭載したが木曾大井北上と共にカタパルトを設置せず、水上機は搭載されなかった。

雨水除去装置[編集]

木曾は1,2番煙突上部にそろばん型の雨水除去装置を設置、このため他艦と容易に識別できる。なお他の5500トン型では球磨がそろばん型のものを煙突3本全てに設置、他の艦との識別点になっている。

艦歴[編集]

1919年6月10日、起工。1920年12月14日進水1921年5月4日三菱造船長崎造船所(現・三菱重工長崎造船所)において竣工した。

シベリア出兵に参加し、続いて旅順を拠点とし関東州から青島にかけての沿岸の哨戒にあたった。

1936年2月26日、二・二六事件に際して、横須賀鎮守府の判断で当日中に東京湾への緊急出動を果たそうとするも、軍令部の要請で出動は取りやめになっている。

1939年4月17日、米重巡洋艦アストリアが日本の駐米大使斎藤博の遺骨を載せて横須賀に到着した際21発の礼砲を発射した。

太平洋戦争[編集]

1941年(昭和16年)11月10日、木曾は第五艦隊の第21戦隊に編入された。真珠湾攻撃時は千島列島で活動しており、荒天による損傷のため同年末には横須賀に戻った。1942年(昭和17年)1月から4月まで木曾は同型艦の多摩とともに北方水域で活動した。

4月、アメリカ軍によるドーリットル空襲が行われると木曾もアメリカ機動部隊追跡に派遣された。19日、木曾は爆撃を受けて損傷し漂流中であった監視艇「第二十一南進丸」を発見し、乗員の救助後砲撃により処分した[2]

5月アリューシャン列島攻略作戦に参加。

1943年(昭和18年)7月キスカ島撤退作戦に参加する。

その後内地や南方方面の陸軍部隊輸送任務等に従事した。 9月11日、連合艦隊の下令により丁一号輸送部隊(指揮官隼鷹艦長:空母隼鷹、軽巡《木曾、多摩》、駆逐艦《大波谷風》、栗田丸)が編制され、海上機動旅団(甲支隊)を輸送する事になった[3]。9月15日、木曾、多摩は宇品を出発、22日カロリン諸島ポナペへ揚陸した[3]。2隻はトラック泊地へ回航されて待機。10月24日、隼鷹、谷風が甲支隊を輸送してトラックに到着し、木曾、多摩、谷風へ移乗する[3]。3隻は26日にトラックを発ち、27日に進出して部隊を揚陸した[3]。輸送任務完了をもって丁一号輸送部隊は解散した[3]。 10月5日、連合艦隊は第十四戦隊司令官伊藤賢三少将(旗艦那珂)を指揮官としてT四号輸送部隊(十四戦隊《那珂五十鈴》、軽巡《木曾、多摩》、第4駆逐隊《野分舞風》、駆逐艦山雲、輸送船《栗田丸、日枝丸護国丸清澄丸》)を編制した[4]。第一輸送隊(指揮官多摩艦長:多摩、木曾)は10月12日に第十七師団約980名と物資を搭載して上海市を出発[4]。18日にトラックへ到着すると駆逐艦卯月を部隊に編入した[5]。19日に出発しラバウルへ向かうが、21日にニューアイルランド島セント・ジョージ岬北東40浬で米軍機の空襲を受けた[4]。木曾の一番煙突右舷附近に爆弾1発が命中、一時航行不能となるが、復旧に成功した[6][7]。木曾の自力航行可能を見届けて多摩はラバウルへ向かった[8]。木曾、卯月はラバウルから救援のためかけつけた駆逐艦五月雨と合流、米軍機の攻撃を撃退しつつ21日正午前後にラバウルへ到着し、消火に成功した[9]。多摩は同日中にトラックへ帰投し、応急修理を行った木曾は28日にラバウルを出発、30日にトラックへ戻った[4]。木曾、多摩は10月23日附でT四号輸送部隊から除かれる[10]。戦力を補充すべく27日附で第17駆逐隊(磯風浦風)が同輸送部隊に編入された[4]

その後も木曾は11月10日に舞鶴へ入港し、翌1944年(昭和19年)2月末まで本格的な修理を行った[11]。この際大幅な改修を受け、14cm主砲の5番・7番砲を撤去し12.7cm連装高角砲1門と機銃の増備が行われた[1]。1944年3月から5月末まで大湊・川内湾で訓練を行った後に横須賀へ入港し、6月30日父島への陸軍輸送任務を行う。7月3日に横須賀へ帰還後整備補給を行い、8月11日に横須賀を出港。同月12日に呉へ入港する。8月30日練習警備艦となり、訓練に関しては横須賀海軍砲術学校の指揮下に入る[12]10月30日、木曾は輸送任務をおこなう隼鷹を第30駆逐隊(夕月、卯月、秋風)と共に護衛しつつ、佐世保からブルネイに向け出港したが[13]、途中11月3日に秋風が米潜水艦ピンタドの雷撃で撃沈された。輸送艦隊はブルネイ湾で重巡利根と合流、11月10日にマニラへ入港した[11][14]。同日第五艦隊第1水雷戦隊に編入され、第五艦隊司令部をブルネイに輸送する為に待機していた[11]。12日、隼鷹輸送隊はレイテ沖海戦から生還した駆逐艦時雨を編入し、木曾を残して内地へ帰投[15]。翌日11月13日マニラ湾に停泊中に米空母機動部隊艦載機の攻撃を受け、木曾は大破着底した。また周囲では駆逐艦初春沖波秋霜も沈没もしくは大破着底状態となっている[16]。同日深夜、残存艦艇(初霜朝霜)はマニラを出港し、シンガポールへ向かった[17]

12月10日、木曾は予備艦に指定された[18]1945年(昭和20年)3月20日舞鶴鎮守府籍・軍艦木曾は軍艦籍より除かれた[19]

1955年から1956年にかけて曙とともに現地にて浮揚解体された。艦齢35年は日本海軍の軽巡洋艦として最長を誇る。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』143-146頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 立野徳治郎 大佐:1921年1月15日 - 4月30日

艦長[編集]

  1. 立野徳治郎 大佐:1921年4月30日 - 1922年5月10日
  2. 和田健吉 大佐:1922年5月10日 - 1922年12月1日
  3. 森電三 大佐:1922年12月1日 - 1923年10月1日
  4. 本宿直次郎 大佐:1923年10月1日 - 1924年12月1日
  5. 水野熊雄 大佐:1924年12月1日 - 1925年4月15日
  6. 佐藤英夫 中佐:1925年4月15日 - 1925年7月10日
  7. 青木国太郎 大佐:1925年7月10日 - 1926年12月1日
  8. 浜田吉治郎 大佐:1926年12月1日 - 1927年6月10日
  9. 有馬寛 大佐:1927年6月10日 - 1927年11月15日
  10. 山口清七 大佐:1927年11月15日 - 1928年12月4日
  11. 三井清三郎 大佐:1928年12月4日 - 1929年5月1日
  12. 大野功 大佐:1929年5月1日 - 1929年11月30日
  13. 荒木貞亮 大佐:1929年11月30日 - 1930年5月15日
  14. 曽我清市郎 大佐:1930年5月15日 - 1931年11月14日
  15. 大川内傳七 大佐:1931年11月14日 - 1932年12月1日
  16. 小松輝久 大佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  17. 伊藤整一 大佐:1933年11月15日 - 1934年3月10日
  18. 角田覚治 大佐:1934年3月10日 - 1934年11月15日
  19. 水野準一 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  20. 岡新 大佐:1935年11月15日 - 1936年11月10日
  21. 工藤久八 大佐:1936年11月10日 - 1938年6月1日
  22. (兼)中邑元司 大佐:1938年6月1日 - 1938年6月15日
  23. 梶岡定道 大佐:1938年6月15日 - 1938年12月15日
  24. 田代蘇平 大佐:1938年12月15日 - 1939年3月30日
  25. 八木秀綱 大佐:1939年3月30日 - 1939年11月1日
  26. 森良造 大佐:1939年11月1日 - 1940年10月15日[20]
  27. 木山辰雄 大佐:1940年10月15日 - 1941年11月10日
  28. 大野竹二 大佐:1941年11月10日 -
  29. 川井巌 大佐:1942年9月20日 - 1943年10月4日
  30. 沢勇夫 大佐:1943年10月4日 -
  31. 今村了之介 大佐:1944年2月7日 -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『写真|日本の軍艦』51ページ
  2. ^ 柴田武彦、原勝洋、『日米全調査 ドーリットル空襲秘録』、アリアドネ企画、2003年、ISBN 4-384-03180-7、147-149ページ
  3. ^ a b c d e #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)435頁『甲支隊』
  4. ^ a b c d e #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)436-438頁『第十七師団の南東方面への派遣』
  5. ^ #S1804十四戦隊日誌(4)p.8『(1)第一輸送隊(略)18日0800「トラック」着燃料補給 卯月ヲ加ヘ19日1100「ラバウル」ニ向ケ「トラック」発之字運動航行24節ニテ南下中…』
  6. ^ #S1804十四戦隊日誌(3)p.29『21日|0004第一次輸送隊「ニューアイルランド」島「セントヂョージ」岬沖ニテ敵機ト交戦木曽爆弾1命中』
  7. ^ #S1804十四戦隊日誌(4)pp.8-9『21日0004「ニューアイルランド」島「セントジョージ」岬ノ36度44浬附近ニ於テ後方低雲中ヨリ突如敵機来襲之ト木曽被爆1個(一番煙突右舷第二缶室)(略)一時停止多摩卯月ニテ木曽周辺警戒曳航準備中0030再ビ敵哨戒機2機ノ低空爆撃至近弾4ヲ受ケタルモ被害ナシ』
  8. ^ #S1804十四戦隊日誌(4)p.9『0040木曽自力航行可能トナリ卯月ヲシテ木曽ノ警戒ニ当ラシメ多摩ハ「ラバウル」ニ先行中0200ヨリ0330迄ニ2回ノ爆撃(爆弾2発宛)ヲ受ケタルモ被害ナシ』
  9. ^ #S1804十四戦隊日誌(4)p.9『木曽ハ約十節ニテ卯月ノ護衛下ニ0315迄敵機18機ノ執拗ナル攻撃ヲ撃退、0500以後味方直衛機及五月雨ノ増援ヲ得テ1130「ラバウル」着1410火災鎮火排水…』
  10. ^ #戦史叢書ガ島撤収後356-357頁『第二次輸送(T4号輸送)』
  11. ^ a b c 『写真|日本の軍艦』60ページ
  12. ^ #海軍公報昭和19年9月(1)p.18『内令第一〇一一號|舞鶴鎮守府豫備艦 軍艦 木曾|右練習警備艦ト定メ練習ノコトニ關シテハ横須賀海軍砲術学校長ノ指揮ヲ受ケシメラル|昭和十九年八月三十日海軍大臣』
  13. ^ #S1906第30駆日誌(3)p.4『10月30日/夕月、卯月、隼鷹、木曽護衛「ブルネイ」ニイ向ケ佐世保発(作戦緊急輸送)秋風馬公ニ向ケ大島出港|31日/秋風、夕月卯月ニ合同ス』
  14. ^ #S1906第30駆日誌(3)p.12『6日/「ブルネイ」入港、夕月ハ榛名ニ卯月ハ金剛ニ各横付給油ヲ受ク』-『8日/未明隼鷹、木曽、筑摩《註:筑摩は既に沈没》ヲ護衛シ第一遊撃部隊シ第一遊撃部隊ニ引続キ「ブルネイ」出港』-『10日/日没時「マニラ」入港、隼鷹ヨリ給油ヲ受ク』
  15. ^ #S1906第30駆日誌(3)p.13『12日/1100時雨ト共ニ隼鷹筑摩護衛「マニラ」出港』
  16. ^ #捷1号作戦2YB作戦経過概要pp.32-33『11・13|0730敵KdBノ艦上機「マニラ」船舶空襲三次ニ亘リ来襲、沖波、初春被弾大火災沈没、潮擱座、木曾沈没「カビテ」曙、秋霜、大破 商船殆ド全部火災トナル』
  17. ^ #捷1号作戦2YB作戦経過概要p.33『2345「マニラ」出撃ス(霞、初霜、朝霜、潮、竹)昭南ニ向フ』
  18. ^ #海軍公報昭和19年12月(2)p.20『内令第一三四一號|舞鶴鎮守府豫備艦 軍艦 木曾 右第四豫備艦ト定ム|横須賀鎮守府豫備特務艦 特務艦洲埼 右第四豫備特務艦ト定ム|昭和十九年十二月十日海軍大臣』
  19. ^ #内令(軍極秘)昭和20年3月p.44『内令第二四八號(軍極秘)|佐世保鎮守府在籍 軍艦香椎|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 木曾|右帝国軍籍ヨリ除カル 昭和二十年三月二十日海軍大臣』
  20. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08051772000 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。
    • Ref.C12070496600 『昭和19年8月~9月秘海軍公報(防衛省防衛研究所)/昭和19年9月(1)』。
    • Ref.C12070498200 『昭和19年9月~12月秘海軍公報号外(防衛省防衛研究所)/昭和19年12月(2)』。
    • Ref.C12070204300 『昭和17年8月10日.昭和20年7月13日 内令及び海軍公報(軍極秘)/昭和20年3月』。
    • Ref.C08030052400 『昭和18年4月1日~昭和18年11月15日 第14戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030052500 『昭和18年4月1日~昭和18年11月15日 第14戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030149800 『昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C14061105800 『捷1号作戦に於ける2YBの作戦経過概要 5F水雷主務参謀 中佐 森幸吉記憶』。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』 朝雲新聞社、1976年8月。
  • 雑誌「丸」編集部 『写真|日本の軍艦 第8巻 軽巡Ⅰ』光人社、1990年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 官報

関連項目[編集]