便秘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
便秘症から転送)
移動先: 案内検索
便秘
Constipation.JPG
エックス線画像で見る若い子供の便秘。(円は大便の問題のエリアを表している)
分類及び外部参照情報
ICD-10 K59.0
ICD-9 564.0
DiseasesDB 3080
MedlinePlus 003125
eMedicine med/2833
MeSH D003248

便秘(べんぴ、: constipation)とは、ヒト(または他の動物)において便の排泄が困難になっている状態の総称である。原因は消化管の狭窄や閉塞による便の通過障害、臨床的には異常を認めない慢性型機能性便秘など多岐にわたる。自覚症状として、血便、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまいなどのほか、肩や背中に放散痛を伴う場合がある[1]

定義[編集]

明確な定義は無く症状が患者の主観によるため定量化が難しく[2]、定義は学会や国により異なる。日本消化器病学会では、『便秘とは、排便の回数が減ること』としている[3]。2000年に米国消化器学会のコンセンサス会議で作成された便秘の診断基準では、「下腹部膨満感」、「排ガス量」、「排便回数」、「残便感」、「排便時の肛門の痛み」、「量」、「便の状態」を複合的に捉えたものに変更された。これは、多くの患者が臨床上は正常な排便頻度(毎日)であっても「下腹部膨満感」「排便時のいきみ」「便の硬さ」「残便感」などを訴えるため、排便回数だけで便秘を評価するのは不十分と考えたためである[4]。3日以上の排便間隔と残便感を基準とし「排便の頻度が週2回以下で、便が硬く、排便困難、残便感がある状態」[2]や「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」と考える専門家もある[4]

疫学[編集]

2013年(平成25年)の国民生活基礎調査[5]によれば便秘の有訴者率は、男性が約33.1%、女性は約67%である。男女ともに60歳以上になると急激に増加するが、女性では20歳代で増加する。9歳以下では男女とも差が見られない[5]

主な原因(成人)[編集]

急性と慢性に分類される。原因は多岐に渡り、急性の場合は医療機関での診断と治療が必要とされる。特に、出血や狭窄を伴う場合は生命に関わる重篤な機転に及ぶ可能性がある。

便秘分類[2]
分類 解説
便秘
急性 機能性 消化管に異常はないのに機能低下を起こして回数や量が減少
器質性 消化管そのものの病変が原因
慢性 機能性便秘
腸過敏性症候群を含む
腸過敏性症候群、生活習慣
症候性(二次性) 腫瘍、憩室の形成と進行に伴う症状
薬剤性 薬物中毒、重金属中毒、薬の副作用
器質性 消化管そのものの病変が原因

消化管に臨床的な異常を生じていない機能性便秘は、ストレスや食事内容の変化が原因となる「一過性便秘」と慢性的な「弛緩性便秘」、「痙攣性便秘」、「直腸性便秘」に分類される。

発症機序から見た分類[4]
  • 特発性
    • 弛緩性便秘
    • 痙攣性便秘
  • 神経性
  • 機械性閉塞 (イレウス
    • 良性腫瘍、悪性腫瘍、ヘルニア、炎症(偽膜性大腸炎[6])、憩室炎後狭窄、消化管手術後狭窄、回虫、胆石、腸捻転、直腸脱、腸管内膜症
  • 内分泌疾患、代謝異常
    • 脳下垂体機能低下症、甲状腺機能低下症、褐色細胞腫
  • 筋異常性疾患
    • 家族性内臓骨格筋萎縮症、強皮症、アミロイドーシス、進行性全身性硬化症[7]
  • 代謝性疾患
    • 糖尿病、ポルフィリン症、尿毒症、低カリウム血症、高カルシウム血症
  • 薬剤性
  • 虚血(消化管への血流減少)
  • その他
    • 妊娠、変形性関節疾患、心疾患、長期臥床

症状[編集]

排便の停止や便量の減少を主症状として、腸の閉塞性疾患が原因になっている場合では、呼気の便臭、変形した便、血便、便潜血を伴う事がある[11]。また、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまい、肩や背中の放散痛などを伴う事がある[1]

診断[編集]

問診と身体診察を行い、消化管そのものの病変が原因となっている器質性便秘や症候性便秘の鑑別を行う。特に、「最近の状況」、「大腸癌の家族歴」、「体重の急激な変化」、「直腸出血」、「50歳以上」のいずれかに該当し器質性の疑いが考えられる場合は下部内視鏡診断が選択される。また、薬剤性便秘を起こす可能性のある薬剤を中止し経過観察を行う事もある。治療抵抗性の便秘に対しては注腸造影による腸管形態の確認、腸管蠕動遅延性便秘の診断が行われる。更に肛門直腸内圧検査、直腸肛門反射の確認をしヒルシュスプルング病、肛門挙筋群症候群の診断を行う。器質性疾患や代謝性疾患を認めた場合は、該当する疾患の治療が行われる。

前述の臨床的な異常や薬剤歴を認めない場合、機能性便秘の可能性が高くなる。機能性便秘のの場合、「機能性便秘の診断基準」「便秘スコア(CSS)」を利用し細分類が行われる。

ROME IIIによる機能性便秘の診断基準[12]
  1. 以下の2つの症状がある。
    a. 排便時の25%超がいきむ。
    b. 排便の25%超が塊であったり硬い。
    c. 排便時25%超で残便感がある。
    d. 排便の25%超で肛門直腸閉塞感がある。
    e. 排便を促すために25%超で用手法を使う。
    f. 排便が週3回未満。
  2. 下剤を使わないのに軟便となる事は希。
  3. 過敏性腸症候群の基準を満たさない。
便秘スコア(CSS)[12]
0 1 2 3 4
排便回数 3回以上/週 2回/週 1回/週 1回未満/週 1回未満/月
排便困難:便を出すのに苦痛を伴う なし まれに ときどき たいてい いつも
残便感 なし まれに ときどき たいてい いつも
腹痛 なし まれに ときどき たいてい いつも
排便に要する時間 5分未満 5~10分 10~20分 20~30分 30分以上
排便の補助の有無 なし 下剤 摘便or浣腸
トイレに行っても便が出なかった回数/24時間 0 1~3 3~6 6~9 10回以上
排便障害の病悩期間(年) 0 1~5 5~10 10~20 20年以上

まれに:1回/月未満、ときどき:1回/月以上だが1回/週未満、いつも:1回/日以上、たいてい:1回/週以上だが1回/日

機能性便秘の種類[編集]

最も多い便秘として特発性便秘(機能性便秘)があり、慢性の機能性便秘は腸管の運動機能が亢進している痙攣性便秘と低下している弛緩性便秘がある。痙攣性便秘の大部分は過敏性腸症候群である。また、弛緩性便秘の中で、直腸知覚の鈍麻の著しいものが直腸性便秘に分類され、症状・原因により次の3つに分類される。

弛緩性便秘
食事量・食物繊維の摂取不足(入れ歯がかみ合わなかったり、歯の数が少なかったりして食事量が減ることもある)、運動不足、加齢、経産婦、臥床者に良く見られる腹筋力の低下などが原因となる。これらにより、腸管への機械的刺激が不足し、腸蠕動の低下をきたす。その結果腸の内容物が大腸に貯留し必要以上に水分が吸収され、少量の硬い便が形成される。
痙攣性便秘
内臓知覚の過敏を伴う事があり、精神的ストレスや過敏性大腸炎症候群(過敏性腸症候群)に代表される便秘で自律神経失調により下部大腸(横行結腸より肛門側の結腸)が過度に痙攣性の収縮をするために、腸管内膜が挟まり大腸内容物の輸送に時間がかかる。便は硬く少量で、時に兎糞状を呈する。
直腸性便秘
多忙、環境の変化、プライバシーの欠如、疼痛、不規則な生活などにより便意が繰り返し抑制されたり、瀉下薬浣腸の乱用をしたりすることによって起こる。これは直腸内圧に対する感受性が低下し、直腸内圧を介し起こる直腸反射が減弱し、直腸内に便がたまっても便意を生じなくなるためである。その結果、便が大腸に貯留する時間が長くなり、水分が吸収されて硬便となる。

治療[編集]

症状の訴えがあっても本人が苦痛を感じておらず、また肛門疾患などの合併症が無ければ治療の必要は無い。急性症状の場合、外科的に閉塞の原因を取り除く。器質性便秘、症候性便秘、薬剤性便秘も同様に対症療法を中心に原因を取り除く。

過敏性腸症候群では、「過敏性腸症候群の診断・治療ガイドライン」[13]が策定されている。

薬剤[編集]

瀉下薬による副作用として、塩類下剤では高マグネシウム血症、刺激性下剤は習慣性になりやすく、薬剤に対する感受性が低下し便秘薬を服用しないと排便が行われなくなる便秘薬依存症や腸管粘膜障害などがある。

などが用いられる。

浣腸[編集]

浣腸にはグリセリンなどが入っており、これらの直腸への刺激で排泄を促すものだが、刺激が強く急激に催し、また悪寒や吐き気などといった症状を誘発させる場合もある。グリセリン浣腸では、我慢しきれずすぐに出してしまうなど使い方が悪かった場合などには、後述するような体質にも拠り、出し切ることができず不快感が残る場合もある。完全に腸内の便を取り除くのを望む場合には、腸洗浄と呼ばれる処置もある。こちらはぬるま湯(生理食塩水を使う場合もある)を注入、それらの湯と一緒に排出するが、注入時に無理な圧力を掛けると直腸穿孔など負傷のおそれもある。したがって専用の器具が利用され、また市販もされているが、基本的には専門の医師などの指導が必要といえる。また、こちらは専用の器具や温度管理などで手間が掛かるが、注入量が多く刺激が少ないため、腹痛などの問題がおきにくいなどの体験談も聞かれる。民間療法の範疇としてはぬるま湯や生理食塩水以外のもの(コーヒーなど)を使うという話も聞かれるが、医学的に根拠は無い。

養生法[編集]

原因のはっきりしているものは、それに合った治療をするが、常習性便秘の養生法は以下の通り。

  • 毎日一回、決まった時間にトイレに行く習慣をつける。便意がなくても、朝に一度はトイレに必ず行き、排便をしようと努力する。しかし、本当に出そうもないのに長時間座り続けるのは良くない。
  • 積極的に体操や水泳などの運動に心がけ、腹筋を鍛える。一見、腹筋は関係なさそうだが、腹の筋肉の強化は排便の上で大切。腹部のマッサージも効果的。
  • 朝、起き抜けに冷たい水や牛乳を飲むのも良い。食物繊維を積極的にとり、一日3食を心がける。

排便姿勢[編集]

The Thinker, Rodin.jpg

排便時の座位姿勢は、直腸肛門角が開くよう少し前傾姿勢で、たとえるならロダンの彫刻「考える人」の様な姿勢が良いとされる。更に、腹筋に力が入りやすいように踵を少し上げたり、脇腹を両手で押さえて腹圧を与える方法もある。[15]

予防[編集]

食べ物、飲み物、運動の程度を変えることは、便秘を予防することになる。以下はそれらの他の方法である。

食物繊維の摂取[編集]

食物繊維は柔らかく大きな大便を作る。野菜果物海藻穀物などに多く含まれる。食物繊維を、日常的に摂取している以上に一度に増加させると、腹部に水分を集め下痢につながる。

水分の摂取[編集]

十分な量の水もしくは野菜や果物のジューススープなどを摂取する。水分は大便を柔らかく保ち、通りを良くするため、水分を十分取っただけで便が排出される又は症状が改善される場合も多い。ただし、カフェインアルコールを含む飲料は、消化器の水分を減らす傾向がある。

脂肪の摂取[編集]

脂肪は腸管を滑らかにする働きがあるので、摂取することで便の通りがよくなる。よって油物を摂取するのも効果的である。ただしこれはダイエットなどで過剰な摂食制限をしている場合にいえることで、脂身などの多い肉類を日常的かつ過剰に取っている場合などは当てはまらないし、他の生活習慣病になるおそれがある。あくまでも普段サラダと少量の炭水化物のみなどといった、偏った食生活をしている場合である。

十分な運動[編集]

規則正しい運動は消化器を活発にする。運動は軽いものでも十分で、毎日20~30分の歩行でよい。また、軽い腹筋やストレッチも効果がある。手を使って腹をさすり、腸の蠕動運動を促すだけでも効果がある。

十分な排便の時間[編集]

便意を無視しないようにする。生活習慣において毎日決まった時間に便意を催す者もいるが、そうでない人は、便意を催し易い時間帯を排泄に割り振る生活上の配慮も効果がある。朝食前は体温が低く体全体の活動も活発でないため排泄時間には向かない。

便秘と女性[編集]

便秘は高齢者に多く見られ、男性よりも女性に多い[16]。これには科学的な根拠があり、それは社会的なものから、生活習慣的なもの、そして女性独特の身体構造に大きく関与する[17][18]

  • 男性に比べ、排便に必要な括約筋、腹筋の力が弱い。
  • 男性に比べ、外や人前で便意を催したときなどでも、気恥ずかしさなどの理由で排便を躊躇、我慢する傾向があるが、それによって排便のリズムが狂い、排便反射が鈍くなってしまう。したがって、便が滞留しても便意を感じなくなる。
  • 女性に多いダイエットも大きく原因している。食べないことによって腸の蠕動(ぜんどう)運動がおろそかになる。
  • 女性独特の黄体ホルモン、プロジェステロンが体内に水分を蓄積しようとする。その結果、排便に十分な水分が補給されなくなってしまう(このホルモンは生理妊娠などの時に多く分泌され、そのためにその時期の便秘が多くなる)。更にこのホルモンは流産を防ぐために括約筋を収縮させる働きがあるため、一層排泄を困難にさせる。
  • 女性は胎児を育てるため、骨盤が広い。そこに腸が下垂しやすくなり、腸が不安定になる。また、下半身に脂肪がたまりやすくなるために、血液も骨盤に滞りがちになる。そのため腸の働きが弱まりやすい。
  • 上記と同様の理由で腸管の形がいびつになりやすく、そこに硬い便などが留まりやすい。
  • ストレスによる過敏性腸症候群などにより、歪になった腸が閉塞してしまい、そこに便が滞ってしまう。
  • 便秘薬など薬の濫用。一例として、ビサコジル製剤は腸の蠕動を促進させるものであるが、何度もそれに頼ると身体が慣れてしまい、反応が鈍くなる。それだけでなく、自立的な蠕動運動を阻害するために、薬に頼らないと排便が困難になるような慢性的な便秘に陥りやすい。その他、浣腸や下剤の濫用も、自然な排泄や排便サイクルを乱してしまう恐れがあるので、濫用すべきではない。

などの理由が挙げられており、便秘治療薬の購入者は女性が圧倒的に多い(パッケージピンクが多いのは明らかに女性をターゲットにしている証拠である)。その一方、男性は、高齢者以外は便秘で悩まされるケースは少ない。だが、男性は便秘より下痢に悩まされている傾向にある[19]。これも同様に、食習慣(アルコール、油物、刺激物を好む傾向にあるが、これらは腸の動きを活発化させたり、腸壁をなめらかにさせたりする作用がある)や外的ストレスに対する脆弱性(前述の過敏性腸症候群は、男性だと下痢になりがちである)、太い腸管など身体の構造に起因するものである。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 吉田一典ほか、大腿部膿瘍で発症した閉鎖孔ヘルニアの1例 腹部救急診療の進歩 Vol.12 (1992) No.1 P136-138
  2. ^ a b c 浦尾正彦、排便と健康 順天堂醫事雑誌 Vol.60 (2014) No.1 p.16-24
  3. ^ 下痢と便秘 日本消化器病学会
  4. ^ a b c 徳井教孝 、三成由美 、便秘の定義と便秘体質 中村学園大学薬膳科学研究所研究紀要= Proceedings of PAMD Institute of Nakamura Gakuen University 5 (2012): 49-54, ISSN 18829384
  5. ^ a b 総症状数-平均症状数,年齢(5歳階級)・症状(複数回答)・性別 2013年国民生活基礎調査 総症状数(第66表~第68表)
  6. ^ 稲松孝思、島田馨、リンコマイシンによると思われる偽膜性大腸炎の4例 CHEMOTHERAPY Vol.24 (1976) No.3 P519-523
  7. ^ 全身性強皮症 大阪大学 免疫アレルギー内科
  8. ^ 松村理司ほか、腹痛を呈した鉛中毒の2例 日本内科学会雑誌 Vol.91 (2002) No.5 P1593-1594
  9. ^ 丸尾國造、水嶋宜章、竹平安則、腹部大動脈瘤,両側総腸骨動脈瘤に伴つた巨大左内腸骨動脈瘤の1例 日本内科学会雑誌 Vol.73 (1984) No.3 P414-419
  10. ^ 藤野泰宏ほか、巨大後腹膜腫瘤を呈した孤立性内腸骨動脈瘤の1治験例 日本臨床外科医学会雑誌 Vol.52 (1991) No.1 P193-198
  11. ^ 腸閉塞: 消化管の緊急事態 メルクマニュアル
  12. ^ a b 大久保秀則、中島淳、II.代表的疾患の診療の現況と将来展望 6.難治性便秘 日本内科学会雑誌 Vol.102 (2013) No.1 p.83-89
  13. ^ 福土審ほか、過敏性腸症候群の診断・治療ガイドライン(シンポジウムI/心身症の診断基準と治療ガイドライン) 心身医学 43(1), 13, 2003-01-01]
  14. ^ 坂東正造 編. 漢方治療44の鉄則. pp 137-140.
  15. ^ 日経メディカル2012年5月号特別編集版「消化管診療のトピックス&トレンド」転載~特集 便秘診療の勘所【その2】下剤投与、生活指導の注意点日経メティカルオンライン 記事:2012年6月1日
  16. ^ 平成10年国民生活基礎調査の概況統計表厚生労働省
  17. ^ 健康通信倶楽部
  18. ^ セルフドクターネット
  19. ^ ミクスon-line

関連項目[編集]

外部リンク[編集]