防風通聖散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

防風通聖散は(ぼうふうつうしょうさん)は漢方方剤の一つ。 出典は漢方の古典である『宣明論(せんめいろん)』。

効能・効果[編集]

体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症: 高血圧肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・浮腫・便秘、副鼻腔炎湿疹皮膚炎群、肥満症

気道皮膚尿路腸管からの排泄を促進すると考えると理解しやすい。
適応証(体質)は、実証(体力充実)、熱証(暑がり・のぼせ)、湿証(水分停滞)。火熱に対し、熱を冷ますもの。
食欲増進ホルモンのグレリンを低下させ食欲を抑制する横浜市立大学医学部 循環器・腎臓内科学の田村功一准教授ら

組成[編集]

防風オウゴン大黄芒硝麻黄石膏白朮
荊芥連翹桔梗山梔子芍薬当帰センキュウ
薄荷滑石生姜甘草

副作用[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本 博之 ほか. 防風通聖散の長期服用中肝障害が出現し, 劇症化に至った1例. 肝臓. 2003;44(11):579-585.

参考文献[編集]

防風通聖散情報サイト