変形性関節症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)とは、関節変形することによって起こる。加齢の使いすぎで関節が痛むと理解されている。発症する代表的な関節は、膝関節変形性膝関節症)、股関節足関節などで、体重負荷のかかる関節に多く発生する。肩関節肘関節手関節手指関節脊椎椎間関節にも発症し、痛みが生じる[1][2]

老化などが原因で発症するものを1次性関節症、外傷や病気などが原因で発症するものを2次性関節症とも言う。

鑑別診断[編集]

鑑別診断が必要な疾患として、関節リウマチがある。初見の違いとしては関節リウマチではPIP関節が高頻度で侵され、DIP関節が侵されることは稀であるが[3]、変形性関節症はDIP関節が高頻度で侵される[3]。また関節リウマチは全身炎症のためCRP(+)となるが、変形性関節症は局所の炎症のためCRPは上昇しない。

栄養補助食品[編集]

サプリメントのメタアナリシスでは、証拠の質は低いが、コラーゲン加水分解物、パッションフルーツ果皮抽出物、クルクマロンガ抽出物、ボスウェリアセラタ抽出物、クルクミンピクノジェノールL-カルニチンが疼痛の緩和のために効果量0.8以上と大きな有効性を示していた[4]。以下は統計的に有意な差を示してはいるものの、臨床的に意味のない治療効果であった、コンドロイチン(効果量0.3)、グルコサミン、未変性II 型コラーゲン、アボカド大豆不けん化物、メチルスルホニルメタン、ジアセレイン[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec05/ch066/ch066a.html
  2. ^ 変形性関節症(標準医療情報センター)
  3. ^ a b 『病気がみえるVol.6』メディックメディア社 ISBN 978-4-89632-309-2
  4. ^ a b Liu X, Machado GC, Eyles JP, Ravi V, Hunter DJ (February 2018). “Dietary supplements for treating osteoarthritis: a systematic review and meta-analysis”. Br J Sports Med 52 (3): 167–175. doi:10.1136/bjsports-2016-097333. PMID 29018060.