悪寒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Chills
分類および外部参照情報
ICD-10 R50.0
ICD-9-CM 780.64
MedlinePlus 003091
Patient UK 悪寒
MeSH D023341

悪寒(おかん)とは、全身がぞくぞくとする不快な寒けのこと。発熱初期に感じ、ふるえが伴うこともある(悪寒戦慄身震い、英: chills, shivering, rigor)。

悪寒は外気温皮膚温の低下によって起こるわけではない。悪寒は炎症反応の一部であり、サイトカインおよびプロスタグランジンが放出され、それにより視床下部が司る体温の設定ポイントを上昇させる。この設定値が上がると、体温が上昇する(発熱)のだが、その設定値に達するまで、患者は寒さや悪寒を感じるのである。

転じて、嫌な予感がするときなどに感じる独特の雰囲気を悪寒と呼ぶことがある。

原因[編集]

悪寒は通常、インフルエンザなどの炎症性疾患によって引き起こされる[1]。交感神経、自律神経の失調による。薬物の副作用にもよる。

脚注[編集]

  1. ^ Stan Tian (2015年4月30日). “The Main Flu Symptoms Fever, Aches and Chills”. Healthguidance.org. 2016年5月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]