ビンカアルカロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ビンカアルカロイド(Vinca alkaloid)とは、ニチニチソウ(学名:Catharanthus roseus、旧学名:Vinca rosea)から抽出されるアルカロイドの総称である。微小管重合阻害作用、有糸分裂阻害作用を持つ。抽出されたアルカロイドを化学修飾した物質もビンカアルカロイドに含める。

ビンカアルカロイドは癌化学療法に用いられる。細胞周期選択的な細胞毒性を持ち、チューブリンに作用して微小管の形成を妨げ、細胞分裂を停止させる[1]

ビンカアルカロイドは今日では化学合成によって製造でき、癌化学療法剤や免疫抑制剤として使用されている。ビンブラスチンビンクリスチンビンデシンビノレルビンが医薬品として承認されている。

他にも、デスオキシビンカミノールl英語版ビンカミノール英語版ビンブルニン英語版ビンカマジン英語版ビネリジン英語版ビンブルニン英語版が研究されていた。

またビンポセチン英語版はビンカアルカロイドの一つビンカミン半合成誘導体アポビンカミン英語版エチルエステル)である[2]

出典[編集]

  1. ^ Takimoto, C. H.; Calvo, E. (2008). “Chapter 3: Principles of Oncologic Pharmacotherapy”. In Pazdur, R.; Wagman, L. D.; Camphausen, K. A.; Hoskins, W. J.. Cancer Management: A Multidisciplinary Approach (11th ed.). ISBN 978-1-891483-62-2. http://www.cancernetwork.com/cancer-management-11/chapter03/article/10165/1402628. 
  2. ^ Lörincz C, Szász K, Kisfaludy L (1976年). “The synthesis of ethyl apovincaminate”. Arzneimittel-Forschung 26 (10a): 1907. PMID 1037211. 

外部リンク[編集]