筋萎縮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

筋萎縮きんいしゅく)とは、筋肉がやせること。

筋肉そのものにその原因のある筋原性のものと、筋肉に指令や栄養を供給している運動ニューロンにその原因のある神経原性、なんらかの原因により長期に筋肉を使用しなかったために筋体積が減少し筋の萎縮をきたした廃用性に分けられる。

前者の代表的なものが筋ジストロフィーであり、後者を代表するものが筋萎縮性側索硬化症(ALS)と脊髄性筋萎縮症(SMA)、球脊髄性筋萎縮症である。筋原性の筋萎縮症をミオパチー、神経原性の筋萎縮症をニューロパチーとも言う。

若年性に発症し、20歳程で進行が止まるという珍しい平山病という病気もある(ただし、痩せてしまった筋肉は戻らない)