ブノワ・ペール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ブノワ・ペア
ブノワ・ペール
Benoît Paire
Tennis pictogram.svg
Paire RG18 (52) (42077295625).jpg
ブノワ・ペール
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・アヴィニョン
居住地 同・アヴィニョン
生年月日 (1989-05-08) 1989年5月8日(30歳)
身長 198cm
体重 84kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2007年
ツアー通算 4勝
シングルス 3勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 7,574,799 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2014・17)
全仏 4回戦(2019)
全英 4回戦(2017・19)
全米 4回戦(2015)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2013)
全仏 2回戦(2018)
全英 1回戦(2012-16・18)
全米 2回戦(2012)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 18位(2016年1月11日)
ダブルス 84位(2013年8月5日)
2018年5月31日現在

ブノワ・ペールBenoît Paire1989年5月8日 - )は、フランスアヴィニョン出身の男子プロテニス選手。英語読みのブノワ・ペア表記もある。ATP自己最高ランクはシングルス18位、ダブルス84位。これまでにATPツアーではシングルス3勝、ダブルスで1勝を挙げている。身長196cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

2013年BNLイタリア国際ベスト4。2013年全豪オープン男子ダブルスベスト8。

来歴[編集]

2013年全豪オープン男子ダブルストマス・ベルッシと組み出場。グランドスラム初のベスト8に進出を果たした。2013年BNLイタリア国際ではフアン・モナコジュリアン・ベネトー、第7シードのフアン・マルティン・デル・ポトロマルセル・グラノリェルスを破り自身マスターズ1000初のベスト4に進出を果たした。

2014年は右膝の故障に苦しみ、トップ100から陥落してしまった。

2015年7月のスウェーデン・オープンでは決勝でトミー・ロブレドを7-6(7), 6-3で勝利し、キャリア8年で漸くツアー初優勝を果たした。2015年全米オープンでは1回戦で第4シードの錦織圭に6-4, 3-6, 4-6, 7-6(6), 6-4で勝利。2回戦でマルセル・イルハン、3回戦で第26シードのトミー・ロブレドを破り、グランドスラムのシングルスで初めて4回戦に進出するも、第19シードのジョー=ウィルフリード・ツォンガに敗れた。 楽天ジャパン・オープンでは準決勝で再び錦織圭に1-6, 6-4, 6-2で勝利し500では初の決勝進出。決勝で親友のスタン・ワウリンカに2-6, 4-6で敗れ準優勝となった。年間最終ランキングで自己最高の19位となり、カムバック賞を受賞した。

2016年、世界ランキングで自己最高の18位となって臨んだ全豪オープンでは、初戦で世界ランキング328位のノア・ルービンに6-7(4), 6-7(6), 6-7(5)で敗れた。リオ五輪に、背中の故障で棄権したリシャール・ガスケの代わりにシングルスに出場した[1]。2回戦のファビオ・フォニーニ戦で2度のマッチポイントを握ったにもかかわらず敗れた。試合後、フランス代表チーム内のルールを守らなかったという理由でフランステニス協会から代表除外され、選手村を去る羽目になった[2]

2017年は前半戦の4大会でベスト4になった。ウィンブルドンで4回戦進出。9月のモゼール・オープンでは決勝に進出したが、ペーター・ゴヨフチクに敗れた。

2018年は良い結果を残せず、予選からの出場もしばしばあった。シティ・オープンの1回戦でラケットを7度地面に叩きつけ、16,500ドルの罰金をATPから科された[3]。これにより、米テニスメディアが選ぶ「ラケット破壊ランキング」の1位になった[4]

2019年、3月のマルベーリャ・チャレンジャーで決勝に進出したが、パブロ・アンドゥハルに敗れ準優勝に終わった。4月のハサン2世グランプリでも決勝に進出し、決勝では先のパブロ・アンドゥハルを6-2, 6-3で下し、リベンジを果たすとともに4年ぶりのツアー優勝を飾った[5]リヨン・オープンでも決勝でフェリックス・オジェ=アリアシムに6-4, 6-3勝利し、ツアー3勝目を挙げた。

好調で迎えた全仏オープンは自身初のベスト16入り。4回戦では錦織圭に2-6, 7-6(8), 2-6, 7-6(8), 5-7の日を跨ぐ接戦の末敗れた。ウィンブルドン選手権は4回戦進出。8月のウィンストン・セーラム・オープンでは準優勝だった。

選手としての特徴[編集]

強打のバックハンドとドロップショットが特徴的なアグレッシブベースライナー。

ラケットを破壊したり、レストタイムにベンチで寝たりなど問題行動でも知られる[4]リオ五輪ではフランス代表チーム内のルールを守らなかったという理由でフランステニス協会から代表除外され、選手村を去る羽目になった[2]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 8回 (3勝5敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3-4)
サーフェス別タイトル
ハード (0–4)
クレー (3-1)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2012年5月6日 セルビアの旗 ベオグラード クレー イタリアの旗 アンドレアス・セッピ 3–6, 2–6
準優勝 2. 2013年2月10日 フランスの旗 モンペリエ ハード(室内) フランスの旗 リシャール・ガスケ 2–6, 3–6
優勝 1. 2015年7月26日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー スペインの旗 トミー・ロブレド 7–6(9–7), 6–3
準優勝 3. 2015年10月12日 日本の旗 東京 ハード スイスの旗 スタン・ワウリンカ 2-6, 4-6
準優勝 4. 2017年9月24日 フランスの旗 メス ハード(室内) ドイツの旗 ペーター・ゴヨフチク 5–7, 2–6
優勝 2. 2019年4月14日 モロッコの旗 マラケシュ クレー スペインの旗 パブロ・アンドゥハル 6-2, 6–3
優勝 3. 2019年5月25日 フランスの旗 リヨン クレー カナダの旗 フェリックス・オジェ=アリアシム 6-4, 6–3
準優勝 5. 2019年8月24日 アメリカ合衆国の旗 ウィンストン・セーラム ハード ポーランドの旗 フベルト・フルカチュ 3-6, 6-3, 3-6

ダブルス: 1回 (1勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2013年1月6日 インドの旗 チェンナイ ハード スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ ドイツの旗 アンドレ・ベゲマン
ドイツの旗 マルティン・エメリッヒ
6–2, 6–1
準優勝 1. 2016年1月10日 インドの旗 チェンナイ ハード アメリカ合衆国の旗 オースティン・クライチェク オーストリアの旗 オリバー・マラチ
フランスの旗 ファブリス・マルタン
3–6, 5–7
準優勝 2. 2018年4月15日 モロッコの旗 マラケシュ クレー フランスの旗 エドゥアール・ロジェ=バセラン クロアチアの旗 ニコラ・メキッチ
オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ
5-7, 6-3, [7-10]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A 2R 1R 1R 3R LQ 1R 3R 1R 1R 5–8
全仏オープン LQ 1R 1R 2R 3R 2R 3R 2R 1R 2R 4R 11–10
ウィンブルドン A LQ 1R 3R 3R 1R 2R 2R 4R 3R 4R 14–9
全米オープン A 2R LQ 2R 1R 2R 4R 2R 2R 2R 2R 10–9

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

受賞
先代:
ベルギーの旗 ダビド・ゴフィン
ATPカムバック賞
2015
次代:
アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ