バーバラ・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バーバラ・ゴードン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 バットガール
Detective Comics #359 (1967年1月)
オラクル
Suicide Squad #23 (1989年1月)
クリエイター ウィリアム・ドージー
ジュリアス・シュワルツ
ガードナー・フォックス
カーマイン・インファンティーノ
作中の情報
本名 バーバラ・ゴードン
所属チーム バットマン・ファミリー
バーズ・オブ・プレイ
ジャスティス・リーグ
スーサイド・スクワッド
バットマン・インコーポレイテッド
パートナー バットマン
ロビン
スーパーガール
ブラックキャナリー
ハントレス
サポート・
キャラクター
カサンドラ・カイン
ステファニー・ブラウン
著名な別名 バットガール
オラクル
能力

バーバラ・ゴードン: Barbara Gordon)は、DCコミックスの出版するアメリカンコミックバットマン』に登場する架空のスーパーヒロイン。ウィリアム・ドージーとジュリアス・シュワルツ、カーマイン・インファンティーノによって創造され、1967年に登場した[1]

概要[編集]

ウィリアム・ドージーが発案し、ジュリアス・シュワルツとガードナー・フォックス、カーマイン・インファンティーノによって創造され、"Detective Comics #359"(1967年1月)でジェームズ・ゴードン英語版の娘でゴッサム・シティ図書館司書として初登場した。バットガールとして活動し始めた頃、ブルース・ウェインキラーモス英語版に襲撃されたところに遭遇しバットマンと出会う。

バーバラはバットマン・ファミリーの一員として当時のロビンであるディック・グレイソンと共に活躍した。1988年の『バットマン: キリングジョーク英語版』でジョーカーに撃たれ下半身不随の重傷を負い、"Suicide Squad #23"(1989年1月)でコンピュータを駆使してバットマンやヒーローたちをサポートする「オラクル」として再登場した。その後はブラックキャナリーバーズ・オブ・プレイを結成し、バットガールの役割はカサンドラ・カインステファニー・ブラウンに受け継がれていった。

2011年にバーバラはリハビリを経てバットガールに復帰した。ゴッサム・シティ近郊のバーンサイドを拠点として、新生バーズ・オブ・プレイやバットマン・ファミリーと共に活躍している。

書誌情報[編集]

翻訳版[編集]

小学館集英社プロダクション。2016年09月28日発売。

原語版[編集]

タイトル 収録内容 発売日 ISBN
(1967年-1988年)
Batman Batgirl: Batgirl Batman Batgirl: Batgirl 1997年7月 978-1563893056
Batman: The Cat and the Bat Batman Confidential #17-21 2009年12月 978-1401224967
Batgirl: Year One Batgirl: Year One #1-9 2003年12月 978-1401200800
Showcase Presents: Batgirl Vol.1 Detective Comics #359, #363, #369, #371, #384-385, #388-389, #392-393, #396-397,#400-401, #404-424
World's Finest #169, #176, Batman #197, Justice League of America #60, Brave and the Bold #78
Adventure Comics #381 and Superman #268, #279
2007年7月 978-1401213671
Batgirl: The Greatest Stories Ever Told Detective Comics #359, #396-#397, #400, #422-424, Batman Family #1, #9, Batman Chronicles #9 and Legends of the DC Universe #10-11 2010年12月 978-1401229245
Batgirl/Robin Year One Batgirl: Year One #1-9 and Robin: Year One #1-4 2013年6月 978-1401240332
New 52 (2012年-2014年)
Batgirl Vol.1: The Darkest Reflection Batgirl Vol.4 #1-6 2012年7月 978-1401234751
Batgirl Vol.2: Knightfall Descends Batgirl Vol.4 #7-13, #0 2013年10月 978-1401238179
Batgirl Vol.3: Death of the Family Batgirl Vol.4 #14-19, Batgirl Annual #1, Batman Vol.2 #17 and Young Romance: A New 52 Valentine's Day Special #1 2013年10月 978-1401242596
Batgirl Vol.4: Wanted Batgirl Vol.4 #20-26 and Batman: The Dark Knight Vol.2 #23.1: The Ventriloquist 2014年12月 978-1401250409
Batgirl Vol.5: Deadline Batgirl Vol.4 #27-34, Batgirl Annual #2 and Batgirl: Futures End #1 2014年12月 978-1401250416
New 52 (2014年-2016年)
Batgirl Vol.1: The Batgirl of Burnside Batgirl Vol.4 #35-40 and Secret Origins #10 2015年6月 978-1401253325
Batgirl Vol.2: Family Business Batgirl Vol.4 #41-45, Batgirl Annual #3 and DC Sneak Peek: Batgirl #1 2016年2月 978-1401259662
Batgirl Vol.3: Mindfields Batgirl Vol.4 #46-52 2016年8月 978-1401262693
DC Rebirth (2016年-2018年)
Batgirl Vol.1: Beyond Burnside Batgirl Vol.5 #1-6 2017年3月 978-1401268404
Batgirl Vol.2: Son of Penguin Batgirl Vol.5 #7-11 and Batgirl Annual #1 2017年10月 978-1401274245
Batgirl Vol.3: Summer of Lies Batgirl Vol.5 #12-17 2018年4月 978-1401278908
Batgirl Vol.4: Batgirl Vol. 4: Strange Loop Batgirl Vol.5 #18-23 2018年10月 978-1401284657

スピンオフ[編集]

タイニー・タイタンズ
DCコミックスのサイドキック達が小学生となった日常を描いた作品。
リル・ゴッサム
バットマン関連のキャラクターたちが三頭身になったシリーズ[2]
アメコミ・ガールズ
DCコミックスの女性キャラクターを日本のアニメ風にデザインしたシリーズ[3]
DCコミックス・ボムシェルズ
DCコミックスの女性キャラクターをピンナップガール調にアレンジしたシリーズ[4]
ゴッサムシティ・ガレージ
DCコミックスの女性キャラクターとオートバイを組み合わせたシリーズ[5]

映画[編集]

実写映画[編集]

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲
演 - アリシア・シルヴァーストーン
原作の設定を継承しているが、名前はバーバラ・ウィルソンとなっている。
ダークナイト
演 - ハンナ・ガン
ジェームズ・ゴードンの娘バーバラ・ゴードンとして登場。まだ少女であり、母親や弟と共にトゥーフェイスの人質に取られてしまう。

アニメ映画[編集]

レゴバットマン ザ・ムービー
声 - ロザリオ・ドーソン、日本語吹替 - 沢城みゆき

ドラマ[編集]

Yvonne Craig Batgirl
怪鳥人間バットマン
演 - イヴォンヌ・クレイグ
本名バーバラ・ゴードン。ジェームズ・ゴードンの娘。父親には自分がバットガールであることを秘密にしている。寝室にバットバイクを隠していて事件が起きるとコスチュームを着てバイクに乗り出動しバットマンとロビンと共にアクションを展開し、またピンチに陥る事もある。
ゴッサム・シティ・エンジェル
演 - ディナ・メイヤー
ジョーカーにより、多くを失い、自身も下半身不随となってしまっている。ニューゴッサム高校教師として働くとともに、「オラクル」として、ヒーローをサポートする。

アニメ[編集]

テレビ・ウェブ[編集]

バットマン (アニメ)
声 - メリッサ・ギルバート、日本語吹替 - 林原めぐみ
ザ・ニュー・バットマン・アドベンチャーズ
声 - タラ・ストロング
バットマン・ザ・フューチャー
声 - ストッカード・チャニング、日本語吹替 - 定岡小百合
ゴッサム・ガールズ英語版
声 - タラ・ストロング
ザ・バットマン
声 - ダニエル・ジュドヴィッツ(オラクルはケリー・マーティン)、日本語吹替 - 山川琴美
バットマン:ブレイブ&ボールド
声 - メイ・ホイットマン、日本語吹替 - 山川琴美
ヤング・ジャスティス
声 - アリソン・ストーナー、日本語吹替 - 山川琴美
スーパー・ベスト・フレンズ・フォーエバー
声 - タラ・ストロング
DCスーパーヒーロー・ガールズ
声 - メイ・ホイットマン/アシュリン・セリック、日本語吹替 - 中村千絵

長編アニメ[編集]

バットマン サブゼロ 凍りついた愛
声 - メアリー・ケイ・バーグマン、日本語吹替 - 林原めぐみ
バットマン・ザ・フューチャー 蘇ったジョーカー
声 - ストッカード・チャニング、日本語吹替 - 定岡小百合
40年前の回想シーンではタラ・ストロング(日本語版は林原めぐみ)が声を担当。
バットマン:キリングジョーク (アニメ)英語版
声 - タラ・ストロング

ゲーム[編集]

インジャスティス:神々の激突
声 - キンバリー・ブルックス
対戦型格闘ゲーム。DLC追加プレイアブルキャラクターとして登場。
バットマン アーカム・アサイラム
声 - キンバリー・ブルックス
バットマン アーカム・シティ
声 - キンバリー・ブルックス
バットマン アーカム・ビギンズ
声 - ケルシー・ランズドーン
バットマン アーカム・ナイト
声 - アシュリー・グリーン、日本語吹替 - 有賀由樹子

脚注[編集]

  1. ^ スコット・ビーティほか 赤塚京子ほか訳 (2011). 『DCキャラクター大事典』. 小学館集英社プロダクション. ISBN 978-4796870795. 
  2. ^ BATMAN: LI’L GOTHAM 2013”. 2013年5月15日閲覧。
  3. ^ AME-COMI GIRLS 2012”. 2018年2月14日閲覧。
  4. ^ DC COMICS BOMBSHELLS 2015”. 2015年6月8日閲覧。
  5. ^ GOTHAM CITY GARAGE 2017”. 2018年3月21日閲覧。