コエ語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コエ語族
話される地域 ナミビアカラハリ砂漠
言語系統 Khoe–Sandawe (仮説)
  • Kwadi–Khoe[1]
    • コエ語族
下位言語
  • Khoekhoe
  • Tshu–Khwe
  • ?Kwadi
Glottolog khoe1240[2]

コエ語族(Khoe languages)はアフリカ南部の非バンツー語語族である。かつてはコイサン語族の下位系統である「中央コイサン語」とされたが、コイサン諸語は現在ではひとつの語族として受け入れられていないため、現在はその名は便宜上の用語としてしか用いられない。

最も規模が大きくよく知られたコエ語族の言語はナミビアナマ語であり、ナマ語は「Khoekhoegowab」や「ホッテントット」の名で知られる。その他の言語はボツワナのカラハリ砂漠に主に分布する。

コエ諸語はヨーロッパの植民地支配者によって最初に知られたコイサン諸語であり、吸着音で有名であるが、他のコイサン諸語ほど広範に用いない。コエ語族はナミビアおよび南アフリカコエコエ語派英語版[要リンク修正]ボツワナおよびジンバブエTshu–Khweg語派が下位系統である。南アフリカのナマ語をのぞいて、ツワナ語のような国家的・地域的共通言語の圧力にさらされている。

類縁関係[編集]

コエ語族は絶滅したクワディ語とともにクワディ・コイ語族(Kwadi-Khoe)を成すとの見方が有力である。さらにクワディ・コイ語族は孤立した言語であるサンダウェ語と姉妹群をなし、コエ・サンダウェ語族を形成するという説もあるが、現段階では仮説である。

脚注[編集]

  1. ^ Nordhoff, Sebastian; Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin, eds. (2013). "Khoe–Kwadi". Glottolog. Leipzig: Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology.
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Khoe–Kwadi”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/khoe1240.