ワイズセレクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キムラヤセレクトから転送)
移動先: 案内検索
ヤマダ電機 > ワイズセレクト
株式会社ワイズセレクト
Y's Select Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 キムラヤ
本社所在地 日本の旗 日本
105-0004
群馬県高崎市栄町1番1号(ヤマダ電機本社内)
設立 2015年7月1日
業種 小売業
法人番号 3070001031101
事業内容 ドラッグ事業・家電小売事業・Web事業等の総合小売業
代表者 代表取締役 二木誠一
資本金 1千万円
売上高 165億5400万円(2010年2月期)
従業員数 183人(2015年7月現在)
主要株主 株式会社ヤマダ電機 100%
主要子会社 なし
外部リンク http://www.kimuraya-tokyo.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ワイズセレクトは、東京・新橋駅前などで、ドラッグストア家電量販店を展開する株式会社。

2005年7月28日に会社分割により株式会社キムラヤセレクトとなり、 2007年9月26日にヤマダ電機のグループ会社になり、 2015年7月1日に会社分割(新旧分割)により株式会社ワイズセレクトとなる。

展開店舗[編集]

キムラヤ[編集]

2007年にヤマダ電機による買収を受けるまで「キムラヤ」の屋号でオーディオパソコンファッションアパレル、スポーツ用品、輸入ブランド品、医薬品、化粧品、健康食品、飲料水などのディスカウントショップを、東京の新橋駅前にある本店をはじめとして首都圏を中心に展開していた。

ヤマダ電機による子会社化後は、店舗の整理(閉店もしくは「LABI」「テックランド」「テックサイト」に転換)・ヤマダポイントカード(LABIカード)導入など、ヤマダとの統合が急速に進められた。またこの買収は都市型店舗「LABI」の新橋への出店が目的といわれており、2007年12月に旧セレクト・イン キムラヤ新橋本店(しんばしほんてん)を転換した「キムラヤLABI新橋デジタル館」、2008年6月に「LABI新橋生活館(新築店舗・オープン当初からヤマダ電機直営)」がそれぞれ営業を開始した。2008年9月29日付で本社をLABI新橋生活館10階へ移転、その後群馬県高崎市のヤマダ電機本社内に再移転した。ヤマダ電機のインフラを生かし、ドラッグストア・家電小売・WEB事業を中心に新たなビジネスモデルの構築に傾注している。

2008年に最後にファッションを取り扱っていた吉祥寺店が閉鎖(2014年に復活するが、ドラッグストアとなりファッションの取り扱いはなし)、2014年に最後の家電店であった神保町店が閉鎖(ヤマダモバイルに転換)されたため、キムラヤの実店舗はドラッグストア業態に特化している。 また、インターネット通信販売では家電、ファッションや医薬品を取り扱っている。

ヤマダ電機[編集]

キムラヤ店からヤマダ電機店へ転換した店舗は、2015年3月以降すべてヤマダ電機直営店となっている。旧セレクト・イン キムラヤ新橋本店から転換したLABI新橋デジタル館のみ、転換後もキムラヤセレクトによる運営であったが、2015年3月8日に近隣にあった白物家電を中心に扱うLABI新橋生活館が免税店「LABI アメニティー&TAX FREE新橋銀座口店」としてリニューアルした為、白物家電もLABI新橋デジタル館に集約してLABI新橋(家電総合館)となり、運営もヤマダ電機に移管された。

店舗[編集]

各店舗の詳細は公式サイト「店舗一覧」を参照。

  • ドラッグ・イン キムラヤ 新橋日比谷口店 - ドラッグストア
  • ドラッグ・イン キムラヤ 新橋烏森口店 - ドラッグストア
  • ドラッグ・イン キムラヤ 秋葉原店 - ドラッグストア
  • ドラッグストア キムラヤ 神保町店 - ドラッグストア
  • ドラッグストア キムラヤ 御茶ノ水店 - ドラッグストア

閉店した店舗[編集]

  • キムラヤ町田PART2店(閉店)
  • キムラヤ松山店(閉店) - 2007年3月31日閉店
  • キムラヤ横浜西口店(閉店) - 2007年4月1日閉店
  • キムラヤ博多ゲイツ店(閉店) - 2007年7月10日閉店 唯一、関東外の出店
  • キムラヤ渋谷東口店(閉店) - 2007年7月25日閉店
  • キムラヤ新宿店(閉店) - 2007年7月30日閉店
  • セレクト・イン キムラヤ新橋本店(閉店) - 2007年12月6日、ヤマダ電機に転換(LABI新橋デジタル館)
  • キムラヤサンストリート店(亀戸)(閉店) - 2007年12月21日、ヤマダ電機に転換(テックランド亀戸店(サンストリート内))
  • キムラヤ新橋銀座口店(閉店) - 2007年12月31日閉店
  • キムラヤ町田PART1店(閉店) - 2008年2月27日閉店
  • キムラヤ田町店(閉店) - 2008年2月28日閉店、ヤマダ電機に転換(テックサイト田町店、ただし店舗運営は同じくヤマダ電機子会社である株式会社ダイクマが行っていた)
  • キムラヤ新橋烏森口店(閉店) - 2008年1月11日に1階携帯ショップを除いて一度閉店。4月頃から期間限定で営業再開していたが、8月1日再閉店。
  • キムラヤモレラ岐阜店(閉店) - 2008年8月17日閉店
  • セレクト・イン キムラヤ 神保町店 ‐ 2014年3月31日閉店、ヤマダモバイル神保町店に転換
  • アルベレ川越モディ店(閉店) - 雑貨等の店舗。2008年1月18日閉店
  • アルベレ戸塚モディ店(閉店) - 2008年1月25日閉店
  • ナコモ川越モディ店(閉店) - 香水・輸入化粧品の店舗。2008年1月18日閉店
  • ナコモ戸塚モディ店(閉店) - 2008年1月25日閉店
  • LABI新橋デジタル館(閉店) - キムラヤ経営のLABI店舗。2015年3月8日閉店(LABI新橋生活館の「LABI アメニティー&TAX FREE新橋銀座口店」へのリニューアルに伴い、白物家電も扱うLABI新橋に転換しヤマダ電機に運営譲渡)
  • ドラッグ・イン キムラヤ吉祥寺店(閉店) - 2015年6月14日閉店

沿革[編集]

株式会社キムラヤ[編集]

  • 1955年2月 東京・上野にて設立
  • 1986年1月 東京・新橋駅烏森口に出店
  • 2004年9月13日 東京地方裁判所民事再生法の適用を申請して、経営破綻。
  • 2004年9月22日 東京地方裁判所が民事再生手続の開始を決定。
  • 2005年1月20日 不動産ファンドのアセット・マネジャーズと民事再生のスポンサー契約締結。

株式会社キムラヤセレクト[編集]

  • 2005年7月28日 設立。会社分割により旧キムラヤからキムラヤの営業を承継。民事再生手続が終結。
  • 2007年9月26日 アセット・マネジャーズ系のファンド(有限会社ノーブルライフ)が保有する株式94.25%をヤマダ電機に譲渡し、ヤマダ電機の子会社となる。
  • 2015年7月1日 会社分割により新会社「株式会社ワイズセレクト」にキムラヤの営業を承継。
  • 2015年9月1日 親会社のヤマダ電機に吸収合併され解散。

株式会社ワイズセレクト[編集]

  • 2015年7月1日 設立。会社分割により旧キムラヤセレクトからキムラヤの営業を承継。
  • 2015年9月1日 キムラヤセレクト解散により、ヤマダ電機の直接完全子会社となる。

外部リンク[編集]