モディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

モディ(modi、MODI)は、丸井グループの株式会社エイムクリエイツが経営するエンクローズド(共同店舗型)ショッピングモールブランド名である。

概要[編集]

2006年9月東京都町田市に最初の店舗ができ、2016年11月現在、首都圏に6店舗を有する。6店舗とも、丸井の店舗を受け継ぐ形で開店している。

「modi」とは、ラテン語で、旋律、調和を意味する。専門店街であるが、丸井同様、ファッション関連に重点を置いていた。しかし、2015年11月19日に渋谷に2館あったマルイのうち、マルイシティ渋谷をリニューアルし渋谷モディをオープンするにあたり、衣料品の割合を抑え、食品、飲食、雑貨等の比率を高め、コト消費を中心とするSC型店舗として位置付けた。この渋谷モディより、ロゴを従来の「modi」から、新しい「MODI」ロゴに変更することになり、その後開業した柏、静岡もこのロゴを採用している。

店舗[編集]

町田モディ[編集]

町田モディ
町田モディと町田マルイ

町田モディ(町田modi、まちだモディ)は、東京都町田市原町田6-2-6にある。マルイビィ町田をリニューアルして、2006年9月28日に開業した。小田急町田駅西口直結、JR横浜線町田駅中央口北口斜め向かい。町田駅および丸井、小田急百貨店町田東急ツインズルミネなどとはペデストリアンデッキで結ばれている。

  • 施設概要
    • 地上10階、地下3階建て(地下3階〜10階および屋上の全14フロアで構成)
    • 敷地面積:2,066m2
    • 延べ面積:26,730m2
    • 契約駐車場を含み、732台収容できる駐車場がある。
  • フロア構成
    • 地下3階 - 従業員用施設、リサイクルセンター
    • 地下2階 - ビューティー[1][2]、ヨガ、従業員用施設
    • 地下1階 - インテリア生活雑貨キッチン雑貨、ファッション雑貨
    • 1階 - ファッション、雑貨、カフェ
    • 2階 - セレクトショップ、ファッション雑貨(夜9時以降の出口は2階正面口である)
    • 3階 - ファッション、雑貨、カフェ
    • 4階 - ファッション、雑貨、カフェ、リラクゼーション
    • 5階 - ロフト、ビューティー、リラクゼーション
    • 6階 - ロフト
    • 7階 - クロサワ楽器タワーレコード(音楽・映像)、シュ-ズ、エステ
    • 8階 - 有隣堂書店)、Gaba マンツーマン英会話英会話教室
    • 9階 - modi dining(食堂)、保険、占い
    • 10階 - modi dining(食堂)
    • 屋上 - 屋上広場(平常時は閉鎖されているが、2009年10月11日に開催されたクロサワ楽器主催のイベント時に特別解放されたほか、2015年以降は毎年春から夏頃までの期間限定でビアガーデン「ルガル・ア・アモール」が営業を行っている[3]

町田モディの立地の歴史[編集]

横浜線が開業し、小田急線が開業する前の1919年から、この土地を含めた周辺は、岡直三郎商店醤油製造工場があった[4][5]。この地は、1889年3月31日まであった原町田村の南西端にあたり、当時は現在のように栄えていなかった。しかし、1927年4月1日に小田急線が開通し、新原町田駅(現:町田駅)が開業すると、周囲は開発が進んでいった。町役場から勧めがあり、醤油工場は1957年町田町(現:町田市森野に移転し[4]、跡地は区画整理をして、新原町田駅の駅前商店街となった[5]

1963年から[5]株式会社萩原商事によりスーパーマーケット静岡屋(後:シヅオカヤ)が平屋建て[要出典][6]営業した。

1971年大丸が現在地にビルを建て[5]10月大丸町田店を開店し、シヅオカヤは地下2階に入った。この時は、町田映画劇場(映画館)が入っていた町映ビルに、連絡橋がかかっていたが、町田映画劇場が閉場するまでに取り壊された。当時はこの周辺に、これほどの高層ビルがなかったため、注目を集めることとなる。しかし、1976年には隣接地に小田急百貨店が開店し、大丸町田店は業績が振るわなくなった。1980年4月1日、国鉄(現:JR東日本)原町田駅が町田駅として移転し当地に近づき、小田急の町田駅と国鉄の町田駅を結ぶペデストリアンデッキから直接入店できるようになった。これを転機に町田大丸として分社化したうえで、プラザビーミーとしてリニューアルオープンし、この時にシヅオカヤは撤退した。1993年3月には、ペデストリアンデッキの混雑を緩和するため、町田市がプラザビーミー横から当時のまちだ東急百貨店新館(現:町田東急ツインズウエスト)までの部分にもペデストリアンデッキを新設した[7]。しかし、プラザビーミーにリニューアル後も周辺には、東急百貨店(現:町田東急ツインズ)、丸井、ルミネなどの大型店が開業したことで、プラザビーミーは2000年2月27日に閉店し、大丸は町田から撤退した。

その後、ペデストリアンデッキで結ばれている丸井が土地・建物共に買収した上で鉄骨などビル骨格部分以外を作り直し(実質的には改築に近い)、2001年2月21日マルイビィ町田として開業した。さらに経営者変更の上2006年9月28日に、町田モディとしてリニューアルオープンした。

なお、シヅオカヤについては、忠実屋およびグルメシティ関東を参照のこと。

戸塚モディ[編集]

戸塚モディ。丸井時代はサインの"modi"の部分が"OIOI"だった

戸塚モディ(戸塚modi、とつかモディ)は、神奈川県横浜市戸塚区戸塚町10にある。丸井戸塚店をリニューアルして、2007年3月15日に開業した。JR各線・横浜市営地下鉄ブルーライン戸塚駅東口前。

  • 施設概要
    • 地上7階、地下1階建て
    • 敷地面積:1,701.73m2
    • 延べ面積:26,730m2
    • 180台収容できる有料駐車場がある。
  • フロア構成

テナントは42店

川越モディ[編集]

川越モディ

川越モディ(川越modi、かわごえモディ)は、埼玉県川越市脇田町4-2にある。丸井川越店をリニューアルして、2007年3月24日開業した。JR川越線東武東上線川越駅東口から徒歩3分、西武新宿線本川越駅から徒歩7分。

  • 施設概要
    • 地上6階、地下1階建て
    • 敷地面積:4,004.86m2
    • 延べ面積:12,919m2
    • 70台収容できる駐車場がある。

テナントは30店

渋谷モディ[編集]

渋谷モディ外観 「マルイシティ渋谷」時代の渋谷モディ
渋谷モディ外観
「マルイシティ渋谷」時代の渋谷モディ

渋谷モディ(渋谷MODI、しぶやモディ)は、東京都渋谷区神南1-21-3にある。マルイシティ渋谷をリニューアルして、2015年11月19日に開業した。前述のとおり、「MODI」ロゴを採用した最初の店舗である。

  • 施設概要
    • 地上9階、地下1階建て
  • フロア構成
    • 地下1階 - サービス、カフェ
    • 1階 - ファッション、雑貨、レストラン
    • 2階 - ファッション、雑貨
    • 3階 - ファッション、雑貨、サービス
    • 4階 - ファッション、雑貨、カフェ
    • 5階 - HMV&BOOKS(書籍・音楽・映像)、雑貨、サービス、カフェ
    • 6階 - HMV&BOOKS(書籍・音楽・映像)、雑貨、サービス、カフェ
    • 7階 - HMV&BOOKS(書籍・音楽・映像)、雑貨、サービス、カフェ
    • 8階 - カラオケレインボーカラオケボックス
    • 9階 - レストラン

テナントは58店(イベントショップ3店を含む)

柏モディ[編集]

柏モディ

柏モディ(柏MODI、かしわモディ)は、千葉県柏市1-2-26にかつて存在した丸井柏店マルイ館(1996年開業)をリニューアルして、2016年10月27日に開業した[8]。JR常磐線東武アーバンパークライン柏駅南口から徒歩2分。

柏市内では、2016年に商業施設の大きな変化が起きている。モディの開業、丸井のリニューアル(VAT館→柏マルイ)、セブンパーク アリオ柏の開業があった一方で、そごう柏店の閉店も同年に起きている。そごう柏店で営業していた一部店舗が、モディに移設して営業することになった。

  • 施設概要
    • 地上6階建て(地下1階は駐輪場、地下2階は駐車場)
  • フロア構成
    • 店舗面積:10,590m2
    • 1階 - 食物販、雑貨、サービス、カフェ
    • 2階 - ライフスタイル、ファッション、雑貨、サービス、カフェ
    • 3階 - ライフスタイル、ファッション、雑貨、サービス
    • 4階 - ユニクロ(ファミリーファッション)
      マルイ館でも4階で営業していたため、事実上の再出店。
    • 5階 - ジュンク堂書店(書籍)
    • 6階 - ヤマノミュージックサロン柏(カルチャー)、サービス
      「ヤマノミュージックサロン柏」は、2016年9月までそごう柏店(スカイプラザ8階の「そごう専門店」)にあり、閉店後移設。

静岡モディ[編集]

静岡モディ

静岡モディ(静岡MODI、しずおかモディ)は、静岡県静岡市葵区御幸町6-10にかつて存在した丸井静岡店B館「けやきプラザ」(1996年開業)をリニューアルし、A館をリニューアルした静岡マルイとともに2016年11月19日に開業した[9]。なお、8階のホットヨガスタジオ「カルド静岡」は施設開業から4ヶ月後の2017年3月19日にオープン[10]し、残る7階も2017年中に開業予定だったが、2018年現在も閉鎖されたままとなっている。

  • 施設概要
    • 地上8階建て
  • フロア構成
    • 店舗面積:5,540m2
    • 1階 - バッグ、ジュエリー、コスメ、カフェ・レストラン、ライフスタイル雑貨
    • 2階 - レディス、メンズ、ライフスタイル雑貨、カフェ・レストラン
    • 3階 - スポーツ
    • 4階 - スポーツ、ビューティ、整体・リラクゼーション
    • 5階 - ライフスタイル雑貨
    • 6階 - 手芸用品、着物・和雑貨、カルチャー
    • 7階 - 閉鎖中
    • 8階 - ホットヨガ、フィットネス、岩盤浴

かつて存在した店舗[編集]

立川モディ[編集]

立川モディ(立川modi、たちかわモディ)は、東京都立川市曙町2-7-17にあった。マルイミニ立川をリニューアルして、2007年9月28日に開業、2012年5月27日に閉店。JR中央線立川駅北口から徒歩2分、多摩都市モノレール線立川北駅から徒歩2分。

立川モディ
  • 施設概要
    • 地上7階、地下1階建て
    • 契約駐車場を含み、1164台収容できる駐車場があった。
  • フロア構成
    • 店舗面積:5,777m2
    • 地下1階 - 立川献血ルーム(献血ルーム)
    • 1階 - レディス、レディスバッグ、雑貨、メガネ化粧品
    • 2階 - レディス、雑貨
    • 3階 - レディス、レディスシューズ、レディスバッグ、雑貨
    • 4階 - レディス、雑貨(BLUE MOON BLUE
    • 5階 - メンズ、メンズシューズ、雑貨
    • 6階 - メンズ、メンズシューズ、雑貨、リフォーム
    • 7階 - イシバシ楽器(楽器)、エポスカードセンター(カードセンター)

閉店直前の時点で、テナントは34店 ※閉店後の2012年8月30日にロフトがオープンをし、立川ロフト[11]となる。(5、6階はブックオフ、7階は引き続きイシバシ楽器が入居している。)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元々は従業員用施設のみだったが、2016年2月27日に一部が売場に転換された
  2. ^ 町田モディ店 フロア移転と、2月25日・26日休業のお知らせ銀座カラー
  3. ^ LUGAR HA AMOR
  4. ^ a b 会社概要:木桶仕込み天然醸造の日本一醤油・(株)岡直三郎商店
  5. ^ a b c d 町田市史編纂委員会編集『町田市史 下巻』町田市 昭和59年6月30日三版発行 P.1065 - P.1069 大正・昭和/第四章 戦後の町田と市勢の発展/第五節 都市化の進行/四 商店街の発展
  6. ^ JR 横浜線の昔 Archived 2006年6月15日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 『広報まちだ(第998号、1993年4月1日発行)』
  8. ^ “「柏モディ」10月27日オープン” (プレスリリース), 丸井グループ, (2016年9月16日), http://www.0101maruigroup.co.jp/pdf/settlement/16_0916/16_0916_1.pdf 2016年9月19日閲覧。 
  9. ^ 2016年11月7日付、丸井グループニュースリリースより
  10. ^ [1]カルド
  11. ^ 先にオープンしたルミネ立川店内の店舗が当初「立川ロフト」と名乗っていて、モディ跡地にオープンした店舗が新しく「立川ロフト」を名乗った際に「ルミネ立川ロフト」と改称し、その店舗と区別するためにしばらくはモディ跡地の店舗は「新・立川ロフト」と名乗っていた。

外部リンク[編集]