よろセン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

よろセン!』は、2008年平成20年)10月6日から2009年(平成21年)3月27日までテレビ東京系列で平日深夜に放送されていたハロー!プロジェクトメンバー出演のテレビ番組である。ハイビジョン制作

番組概要[編集]

「よろセン!」とは「よろしくセンセイ!」の略であり、2004年1月5日から4月2日まで放送された「よろしく!センパイ」の略ではない。

この番組は、ハロー!プロジェクトのメンバーが教育者となって立ち上がる、それぞれ感じている理想の先生に扮して、時には優しく、時には厳しく教えるというコンセプトであった。

毎回、異なるテーマが発表されると共にユニットの出演者の1人が「センセイ」となり、センセイはそのテーマに相応しい衣装を着用すると共に、他のメンバーもセンセイと同一扱いで出演していた。

この番組の収録は、吉本興業東京本社にて行われた。

2009年2月は、他のメンバーとともに違うユニットのメンバーが1人だけ出演する様になっていた(備考参照)。

テレビ東京2009年番組改編により、この番組は同年3月27日をもって終了した。そして、同月30日からこの枠では別ジャンルのトーク音楽番組「音風♪[1]になったため、ハロー!プロジェクト出演の深夜帯番組はなくなったが、ハロー!プロジェクト出演のレギュラー番組は4月2日から放送された『美女放談』に引き継がれた(後述参照)。

出演者[編集]

ハロー!プロジェクト[編集]

  • 以上3組はユニット毎に異なる制服を着用し、右胸には番組オリジナルのロゴが記されていた(時によりロゴが記されない場合もあった)。
  • 前番組『ベリキュー!』ではオープニング時に出演していたが、この番組ではエンディング時に独自のコーナーを紹介した。2009年1月30日までは「今日のマノポイント」を紹介し、紹介時に真野以外のメンバーが真野の後ろを向く事があったが、翌2月2日以降は「マノクイズ」を中心に紹介した。
  • 真野も独自の制服を着用していたが、番組オリジナルのロゴは記されていなかった。

テーマ(カッコ内はセンセイ)[編集]

2008年
2009年

スタッフ[編集]

  • 企画:橋山厚志、緒方真二
  • 構成:工藤ひろこ、藤本昌平
  • リサーチ:小堀裕也
  • カメラ:田宮長昭
  • VE:大高浩
  • 音声:増田周生
  • 照明:中原淳一
  • 美術:吉田敬
  • スタイリスト:小島涼子
  • メイク:VANITES
  • 編集:五郎丸亮、太田健二(e-naスタジオ
  • 効果:久坂惠紹(戯音工房
  • AD:森田惇
  • ディレクター:野中哲也
  • AP:(テレビ東京ミュージック)
  • プロデューサー:両角誠(SSM)、宮川幸二(テレビ東京)
  • 技術協力:八峯テレビFLT
  • 美術協力:フジアール
  • 企画協力:アップフロントワークス
  • 制作協力:アップフロントエージェンシー(現:アップフロントプロモーション)
  • 制作プロダクション:エス・エス・エム
  • 製作著作:テレビ東京、テレビ東京ミュージック

ネット局と放送時間[編集]

下記のネット局はすべて『ベリキュー!』から引き継いでいた。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時
関東広域圏 テレビ東京(制作局) テレビ東京系列 月曜・火曜・木曜 24:53 - 25:00
水曜 25:13 - 25:20
金曜 25:53 - 26:00
大阪府 テレビ大阪
備考

DVD[編集]

  • よろセン!Vol.1(2009年9月30日)
  • よろセン!Vol.2(同上)
  • よろセン!Vol.3(2009年10月28日)
  • よろセン!Vol.4(同上)
  • よろセン!Vol.5(2009年11月25日)
  • よろセン!Vol.6(同上)
  • よろセン!Vol.7(2009年12月23日)

備考[編集]

  • 当初は2008年9月29日から放送開始する予定だったが、この日から5日間に前番組『ベリキュー!』のファイナルウィークを放送したため、同年10月6日から放送を開始する運びとなった。
  • この番組ではエンディングで原則としてハロー!プロジェクト関連の曲のPVを放送していた(アップフロント関連のみ)が、2008年10月13日 - 18日はハロプロ外のユニットであるトゥエルブの『青春おでん』のPVが放送された。
  • 2008年12月4日の放送では、アドルフ・ヒトラーを世界の偉人として取り上げ、℃-uteメンバーの一人がヒトラーを「ヒトラーおじさん」と呼んだり「演説に癒しの効果があった」と紹介した事にBPO[4]等から批判され、同月8日に製作会社とテレビ東京のウェブサイト上で「誤った歴史認識に基づく不適切な内容でした」とのお詫びが掲載される[5]とともに、同日の番組のオープニングでお詫びが放送された。同時にこの時間の分「今日のマノポイント」は放送されなかった。
  • 2009年1月27日の放送では、「今日のマノポイント」を道重さゆみが担当した(この時に真野は道重の後ろを向いていた)。
  • 2009年2月2日 - 20日の放送では、℃-uteに混じってモーニング娘。の道重さゆみも出演した。
  • 2009年2月23日 - 27日の放送では、モーニング娘。のジュンジュンがセンセイを担当し、Berryz工房全員が教え子となった。
  • ハロー!プロジェクト関連のレギュラー番組は、2008年9月28日で『ハロモニ@』が放送を終了した事により週1回放送の番組が消滅し、同年10月から2009年3月までこの帯番組一枠のみであったが、同年番組改編によってこの番組が同月27日に終了するとともに帯番組が消滅した。そして、翌4月2日からトーク番組「美女放談」→「美女学」→「ハロプロ!TIME」→「ハロー!SATOYAMAライフ」が放送されており、同月時点にて週1回の関連番組が復活したため、地上波番組枠は引き続き一枠確保した状態となっている。また、番組スタッフの一部が「美女放談」のスタッフとして移行している。なお美女学の終盤からBSジャパンでも放送され全国放送となった。ちなみに木曜深夜の放送はハロー!SATOYAMAライフの2013年9月までの4年半の間続き2013年10月からは火曜深夜に移動するもののハロプロの番組は続く予定。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 音風♪ テレビ東京公式サイト
  2. ^ a b c 『ベリキュー!』から続投。
  3. ^ 元々は英会話であったが、総集編に変わった。英会話の方はよろセン!DVDVol.7に収録された。
  4. ^ 【不適切・低俗な表現や発言、モラルの低下、局の姿勢】より。
  5. ^ 『燃えろ!番組制作部』12月8日分

外部リンク[編集]

テレビ東京 ハロー!プロジェクト ミニ番組
前番組 番組名 次番組
ベリキュー!
(2008年3月31日 - 10月3日)
よろセン!
(2008年10月6日 - 2009年3月27日)
廃枠
テレビ東京 平日深夜24時・25時台帯番組
ベリキュー!
よろセン!
(ここまでハロー!プロジェクト関連番組)
音風♪
(これよりHIP HOPR&Bレゲエ関連トーク音楽番組)