芸陽バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かぐや姫号から転送)
移動先: 案内検索
芸陽バス株式会社
GeiyoBus Co.,Ltd.
芸陽バス02.jpg
GeiyoBus.JPG
芸陽バス 本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
739-0043
広島県東広島市西条西本町21番39号
設立 1931年1月3日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業、貸切バス事業、旅行業、保険代理業、物品販売業、不動産業
代表者 代表取締役社長 田中祐太郎
資本金 1億円
売上高 1,585百万円(2011年3月期)
営業利益 15億6358万円(2016年3月期)
総資産 1,436百万円(2011年3月期)[1]
従業員数 192名(2017年1月現在)
主要株主 広島電鉄 92.94% [1]
外部リンク www.geiyo.co.jp/
テンプレートを表示
エアポートリムジン (広島空港線)にも使用される高速バス仕様車
一般路線バス

芸陽バス(げいようバス、英語: Geiyo Bus Co., Ltd.)は、広島県中央部をエリアとする路線バス貸切バスの会社で、広電グループの企業(広島電鉄連結子会社)である。 運行エリアは広島市内東部、海田町、東広島市、竹原市、三原市と広域に及ぶ。

沿革[編集]

  • 1931年1月3日 藝陽自動車、豊田自動車、河戸自動車を合併統合して、(新)藝陽自動車発足
  • 1936年9月30日 小国自動車を買収
  • 1939年10月1日 賀茂自動車を買収
  • 1942年6月29日 芸備自動車を合併
  • 1943年11月23日 戦時統合に基づき、広島県芸備地区の統合主体となり下記各社(個人事業含む)を統合
    • 西備自動車運送、忠海運送、竹原交通社、中村才蔵、笹原憲三、藤原国太郎、平垣内佐六、景山一登、熊野胡子自動車運送、尾越一登
    • 海田市 - 広島間は広島電鉄に譲渡
  • 1964年3月28日 広島電鉄が資本参加[2]
  • 1965年2月15日 広島バスが資本参加[3]
  • 2003年4月1日 中国ジェイアールバスより安芸南線を譲受
  • 2006年10月1日 西三次線(敷名 - 志和地 - 中央病院 - 三次)を備北交通に譲渡
  • 2007年4月1日 三原市交通局より深線・幸崎線・田野浦線・小泉線を譲受(深線は中国バス鞆鉄道との共同運行)
  • 2008年1月26日 白市 - 広島空港線・エアポートリムジンにICカード乗車券『PASPY』導入
  • 2008年4月1日 三原市交通局より頼兼線・本郷線・宮沖線(旧・市バス車庫線)を譲受(三原市交通局は2008年3月31日をもって事業廃止)。
  • 2008年10月25日 ハイブリッドバスを2台導入
  • 2008年12月22日 広島線、広島大学線、豊栄 - 広島線、西条駅乗り入れ路線(竹原営業所管轄の西条 - 竹原線・西条 - 安芸津線を除く)に『PASPY』導入
  • 2009年4月1日 東三次線(敷名・上田小学校跡 - 廻神・塩町 - 中央病院 - 三次)を備北交通に譲渡。西条・豊栄線 豊栄 - 敷名間 豊栄 - 小国間 東三次線 破堂 - 小国間を廃止。小国-甲山線を中国バスに譲渡。女子畑線(安芸津駅 - 女子畑)と仁賀線(竹原フェリー・竹原駅 - 上仁賀)の一部区間を廃止・福祉バス路線化。小梨線(竹原駅 - 小梨)を廃止。これにより三次市内・呉市内から撤退。
  • 2009年8月8日 高速バスかぐや姫号三原やっさ号、竹原管内・三原管内管轄の未導入一般路線にPASPY導入、これにより全路線への導入が完了。
  • 2012年3月9日 広島バスが保有する芸陽バスの株式すべて(芸陽バスの全株式のうち広島バスの持株比率50.89%)を広島電鉄(譲渡前の時点で持株比率42.05%)に譲渡。これにより、広島電鉄の持分法適用会社から連結子会社に変わる[1]

車両[編集]

  • 車両は日野自動車製が多くを占めるが、高速バス車両を中心にいすゞ自動車も在籍しており、過去には三菱ふそう製車両も保有していた。2008年には三原市交通局の廃止に伴い車両を引き継ぎ、前面・背面に「GEIYO」のロゴが入った現行デザインに塗装し直した。それが三菱ふそう製であったことから、一般路線でも三菱ふそう製車両が増加した。
  • 車内アナウンスは通常のものと合成音声の2種類が存在する。主要株主が広島バスだったということもあってか、長らく車内チャイムは同社と同一のものが使用され、放送フォーマットも「いつも、芸陽バスを〜」という広島バスに準じたものを使用していた。広電の完全子会社となってからは都営バスと同一のチャイムが採用されたほか、放送アナウンスも広電風の「今日も、芸陽バスを〜」という内容に変更された。

各営業所(車庫)所在地[編集]

  • 西条営業所
  • 瀬野川営業所
  • 一貫田車庫
    • 広島県広島市安芸区上瀬野南2丁目15番12号
  • 広島車庫
    • 広島県広島市西区楠木町1丁目14番8号


  • 竹原営業所、中通車庫
    • 広島県竹原市下野町3098番地1
  • 三原営業所
  • 豊栄営業所
    • 広島県東広島市豊栄町清武35番1号
  • 豊栄営業所河内車庫
    • 広島県東広島市河内町中河内
  • 豊栄営業所甲山転回場(元甲山車庫。現在は駐在無し)

路線[編集]

高速バス[編集]

詳細な運行案内は各記事および#外部リンクの芸陽バスサイトを参照。

広島 - 高美が丘・豊栄線[編集]

広島 - 高美が丘・豊栄線(芸陽バス)
歴史
2000年7月15日 広島から豊栄までの路線が運行開始[4]
2006年10月17日 広島高速1号線山陽自動車道と直結したことに伴い、所要時間を短縮。同時に全便広島東インターチェンジ(広島東IC)へ停車。
停車停留所
広島 - 西高屋・高美が丘線
広島バスセンター - 八丁堀 - 広島駅前 - 矢賀新町二丁目) - 広島東IC - (近畿大学高美が丘小学校など高美が丘地区周辺停留所) - 西高屋駅
広島 - 豊栄・高美が丘線
(広島バスセンター - 八丁堀 - 広島駅前 - 矢賀新町二丁目) - 広島東IC - (高美が丘地区周辺停留所) - (造賀小学校など福富町豊栄町内各停留所) - 豊栄
1日3往復のみの運行。下稲木 - 西高屋駅前・豊栄間は各停留所に停車。
広島バスセンター - 矢賀新町二丁目間は、広島バスセンター行きは降車だけ、西高屋・豊栄方面は乗車だけに限定されている。
また、西高屋駅発の始発便では西高屋駅から昭和団地入口までの乗車人数が30名余りになることが多く、広島東インターチェンジまでの乗車区間で、満席になるケースもある。

かぐや姫号[編集]

かぐや姫(芸陽バス)
歴史
1991年4月25日 運行開始[4]
2006年10月17日 広島高速1号線山陽自動車道と直結したことに伴い、所要時間を短縮。同時に全便 広島東IC へ停車。
2013年8月10日 沿線の竹原市を舞台としたアニメたまゆら (アニメ)のタイアップ企画の一環として、登場キャラクターのラッピングを施したバスを運行。後に導入された新型セレガでは、かぐや姫のイラストが登場キャラクターのイラストに差し替えられたデザインに変更されている。
2016年10月1日 西条IC・湯坂温泉経由便が廃止。河内IC経由に統一。
停車停留所
広島バスセンター - 八丁堀 - 広島駅 - 東区役所前 - 矢賀新町二丁目) - 広島東IC - 河内IC - …この区間は各バス停に停車… - 竹原駅 - 道の駅たけはら - 竹原フェリー(竹原港)(竹原行きはここまで運転。) - …この区間は各バス停に停車… - 大乗駅 - …この区間は各バス停に停車… - 忠海駅
  • 新庄 - 竹原フェリー(竹原港)間相互の利用は忠海発着便のみ可能。
  • (停留所 - 停留所)でくくられた中での相互の乗降はできない。

そのほか[編集]

エアポートリムジン (広島空港線)
詳細は当該記事を参照

かつて運行していた高速バス[編集]

広島空港 - 岩国・柳井・平生
共同運行:防長交通
1997年3月19日から半年限定で運行予定だったが、利用者低迷のためわずか3ヶ月で廃止となった。
おのみちうずしおロマン号(広島 - 尾道)
共同運行:鞆鉄道
後に鞆鉄道単独運行となり、現在は廃止されている。「フラワーライナー」も参照。
広島 - 西条
一般路線は国道2号経由で渋滞が多い為、所要時間短縮を目的として山陽自動車道広島東ICと志和IC間を高速道経由で運行していた路線。
高速バス(三原やっさ号)
三原やっさ号
最末期の停車停留所
(広島バスセンター - 八丁堀 - 広島駅前 - 矢賀新町二丁目) - 広島東IC - (本郷町・三原市内の各停留所) - 三原駅前 - (芸陽バス)三原営業所
沿革
1995年7月15日 - 三原やっさ号運行開始[4]
2003年3月26日 - 三原市内のみの利用が可能となる。
2006年10月17日 - 広島高速1号線山陽自動車道と直結したことに伴い、所要時間を短縮。同時に全便広島東ICへ停車。
2009年10月1日 - 土曜・日曜・祝日のみ運行となる。
2011年3月27日‐運行終了

一般路線バス[編集]

海田中学校入口バス停

詳細な運行案内は#外部リンクの芸陽バスサイトを参照。

(停留所名)は一部の便のみ停車。<停留所名/停留所名>はどちらかを経由。
  • 海田市駅 - 海田大正町 - 矢野大浜 - 済生会広島病院・フジグラン安芸(循環)
  • 海田市駅 → 日本フード前 → 済生会広島病院 → フジグラン安芸 → 矢野大浜 → 海田市駅(循環)(平日のみ運行)
  • 広島バスセンター - 広島駅 - マツダスタジアム前 - 向洋駅前 - 海田 - 海田小学校 - 三迫
  • 広島バスセンター - 広島駅 - マツダスタジアム前 - 向洋駅前 - 海田 - 海田小学校 - さいわい保育所
  • 広島バスセンター - 広島駅 - マツダスタジアム前 - 向洋駅前 - 海田 - 海田小学校 - 国信橋 - 奥畑
  • 広島バスセンター - 広島駅 - マツダスタジアム前 - 向洋駅前 - 海田 - 海田市駅 - 畝二丁目 - 奥畑
  • 広島バスセンター - 東雲本町三丁目 - 海田小学校 - 国信橋 - 中野東七丁目 - 瀬野駅 - 一貫田 - 宮の前
  • 広島バスセンター - 広島駅 - マツダスタジアム前 - 向洋駅前 - 海田 - 海田小学校 - 国信橋 - 中野東七丁目 - 瀬野駅 - 一貫田 - 宮の前 - 神立 - 阿戸学校 - 海上側
  • 瀬野駅 - 榎山 - 立石みつぎ団地
  • 広島バスセンター - 広島駅 - マツダスタジアム前 - 向洋駅前 - 海田 - 海田小学校 - 国信橋 - 中野東七丁目 - 瀬野駅 - 一貫田 - 八本松駅南口 - 磯松団地 - 市田橋 - 栄町 - 西条駅
  • 西条駅 - <西条昭和町 - 中央図書館/栄町 - 下見大池> - 広島大学(西条昭和町経由便は循環運行・下見大池経由便は午前は西条駅→広島大学便のみ、午後はその逆)
    • 中国ジェイアールバスと共同運行(ただし、下見大池経由便の中国ジェイアールバス単独区間(中央公園前 - 西条東 - 鴻の巣 - 下見大池間)を除く)。
  • 東広島駅 - 東広島運動公園 - 広島大学(午前は東広島駅→広島大学のみ・午後はその逆)
    • 中国ジェイアールバスと共同運行、土曜・休日は全便運休。
  • 八本松駅南口 - 下見大池 - 広島大学(循環)
    • 中国ジェイアールバスと共同運行。
  • 西条駅 - 栄町 - 吉川 - 田口研究団地 - 吉川工業団地 - 栄町 - 西条駅(循環)
  • 八本松駅南口 - 吉川工業団地
  • 八本松駅北口 - シャープ前 - 篠 - 八本松駅北口(循環)
  • 西条駅 - 栄町 - 市田橋 - 磯松団地 - (シャープ前) - 磯松団地 - 八本松駅南口
  • 西条駅 - 栄町 - 市田橋 - 磯松団地 - 八本松駅南口 - 七条 - 別府 - 志和堀 - 東志和 - 八本松駅南口 - 磯松団地 - 市田橋 - 栄町 - 西条駅(循環)
    • 上記は西回り。東回りは文末方向から順番にとまる。
  • 西条駅 - 栄町 - 市田橋 - 東広島医療センター - 篠 - 造賀小学校 - 小竹 - 上戸野 - 久芳 - 上竹仁 - 豊栄
    • 中国ジェイアールバスの路線との競合をさけるため、東広島医療センターは、豊栄行きは乗車のみ、西条駅行きは降車のみの扱いとなっている。
  • 西条駅 - 栄町 - 河尻 - 西高屋駅 - 高美が丘 - 近畿大学 - 造賀小学校 - 小竹 - 上戸野 - 久芳 - 豊栄
  • 西条駅 - 栄町 - 河尻 - 昭和団地入口 - 造賀小学校 - 小竹 - 上戸野 - 久芳 - 豊栄
  • 西条駅 - 栄町 - <河尻/昭和団地入口 - 近畿大学 - 高美が丘> - 西高屋駅 - 白市 - ネオポリス北 - ネオポリス南 - 白市駅
  • 西高屋駅 - 近畿大学 - 高美が丘 - 西高屋駅(循環)
    • 上記は右回り。左回りは文末方向から順番にとまる。
  • 高屋東工業団地 - ネオポリス北 - ネオポリス南 - 白市駅 - <河内IC/元兼> - 広島空港
  • 河内駅 - 河内中学校 - 上戸野 - 久芳 - 豊栄(休日運休)
  • 河内駅 - 西宇山 - 豊栄(休日運休)
  • 河内駅 - 西宇山 - 上戸野(休日運休)
  • 河内駅 - 和木 - 徳良 - 賀茂 - 公立世羅中央病院 - 甲山バイパス東口(休日運休)
  • 豊栄 - 米山集会所(休日運休)
  • 近畿大学 - 西高屋駅 - 河尻 - 栄町 - 西条駅 - 法務局前 - フジグラン前(フジグラン東広島) - 東広島駅 - 安芸津駅 - 風早駅口 - 小松原 - 大芝北
  • 近畿大学 - 西高屋駅 - 河尻 - 栄町 - 西条駅 - 法務局前 - フジグラン前(フジグラン東広島) - 東広島駅 - 安芸津駅 - 安芸津港 - 竹原駅
  • 西条駅 - 栄町 - フジグラン前(フジグラン東広島) - 東広島駅 - 中田万里 - 湯坂温泉入口 - 中通 - 竹原駅
  • 竹原フェリー - 竹原駅 - 中通 - 湯坂温泉入口 - かんぽの宿竹原
  • 中通 - 竹原駅 - フェリー前 - 大乗駅前 - 忠海駅前 - 久津公民館 - 須波ハイツ入口 - すなみ荘前 - 須波ハイツ入口 - 須波駅前 - 宮沖 - 三原駅 - 三原営業所
  • 三原駅 - 東高校前 - 干川神社 - 別所 - 如水館前 - 深下組
  • 三原営業所 - 三原駅 - 垣内 - 用水 - 坂井原 - 羽倉 - 徳良
    • 三原駅 - 垣内間は中国バスと共通乗車可能
  • 三原営業所 - 三原駅 - 宮浦中央 - 警察署前 - 田野浦小学校 - 青葉台
  • 三原営業所 - 三原駅 - 宮沖 - 田野浦小学校 - 両名 - 生田 - 甲原橋 - シャープ前 - あやめヶ丘 - 生田橋 - 両名 - 田野浦小学校 - 宮沖 - 三原駅 - 三原営業所(循環)
    • 上記は右回り。左回りは文末方向から順番にとまる。
  • 三原営業所 - 三原駅 - 宮沖 - 田野浦小学校 - 両名 - あやめヶ丘 - 松江中 - 本郷駅前 - 沼田東団地上 - 長谷農協前 - 警察署前 - <商工会議所前/宮浦中央> - 三原駅 - 三原営業所(循環)
    • 上記は右回り。左回りは文末方向から順番にとまる。右回りは宮浦中央経由、左回りは商工会議所前経由。
  • 三原営業所 - 三原駅 - <宮浦中央/商工会議所前> - 警察署前 - 長谷農協前 - 木々津 - 本郷駅前
    • 本郷駅前行は商工会議所前経由、三原営業所行は宮浦中央経由。
  • 三原駅 - <宮浦中央/商工会議所前> - 警察署前 - (沼田東団地上) - 神社下 - 竹ノ橋 - (真良 - 竹ノ橋 - 神社下) - 竹ノ橋 - 西野 - 浄水場前 - 三原駅(循環)
    • 上記は右回り。左回りは文末方向から順番にとまる。右回りは商工会議所前経由、左回りは宮浦中央経由。
  • 三原駅 - <宮浦中央/商工会議所前> - 警察署前 - (沼田東団地上) - 神社下 - 竹ノ橋 - 真良 - (仏通寺) - 真良 - 本郷駅前 - 真良 - (仏通寺) - 真良 - 竹ノ橋 - 神社下 - 竹ノ橋 - 西野 - 浄水場前 - 三原駅(循環)
    • 上記は右回り。左回りは文末方向から順番にとまる。右回りは商工会議所前経由、左回りは宮浦中央経由。
  • 三原駅 - 宮浦中央 - 県立広島大学 - 西野 - (小西北住宅) - 西野 - 法常寺下 - 三原駅(循環)
    • 上記は右回り。左回りは文末方向から順番にとまる。
  • 本郷駅前 - 松江中 - あやめヶ丘 - 生田橋 - 甲原橋
  • 本郷駅前 - 小原工業団地 - シャープ前 - 甲原橋 - 鍵掛池 - 農協三田支所 - 本郷駅前
  • 本郷地域内交通バス(PASPYは使用できない)
    • 本郷駅前 - 北方橋 - 日名内上 - 観現寺 - 北方小学校 - 北方橋 - 本郷駅前(月曜・水曜・金曜のみ運行、ただし休日の場合は運休)
    • 本郷駅前 - 姥ヶ原 - 船木農協前 - 花園(火曜・木曜・土曜のみ運行、ただし休日の場合は運休)
  • 河内町福祉バス
    • 河内駅 - 西宇山高橋 - 瀬谷 - 河内駅(月曜・木曜のみ運行、ただし休日の場合は運休)
    • 河内駅 - 入野駅 - 大矢会館 - 元兼 - 入野駅 - 河内駅(火曜のみ運行、ただし休日の場合は運休)

無料循環送迎バス[編集]

ゆめタウン東広島利用客送迎用
  • 西条駅 - (中央公民館前 - 西条朝日町 - 大坪通) - ゆめタウン東広島 - 朝日町通り - 中央公民館前 - 西条駅

※(  )内での降車不可。朝日町通りは「セブンイレブン西条朝日町」(旧:「進物の大進」)前(バス停なし)。

  • ゆめタウン東広島 - 城信 - 円城寺南 - 円城寺北 - 助実住宅前 - 大坪橋 - ゆめタウン東広島

※左から右への片方向運行。

企業送迎バス[編集]

スクールバス[編集]

臨時[編集]

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(平成24年3月)” (PDF) (プレスリリース), 広島電鉄, (2012年3月9日), http://www.hiroden.co.jp/ir/report/oshirase_20120309.pdf 2012年3月10日閲覧。 
  2. ^ 『広島電鉄開業80創業50年史』広島電鉄社史編纂委員会編、1992年11月、資料編116ページ。
  3. ^ 『広島バス60年史』広島バス、2010年8月、83ページ。
  4. ^ a b c 高速バス(都市間バス)の運行状況”. 国土交通省 中国運輸局 (2008年10月1日). 2012年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]