千船駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千船駅
西口および駅前広場
西口および駅前広場
ちぶね - Chibune
HS-05 姫島 (1.5km)
(0.9km) 杭瀬 HS-07
所在地 大阪市西淀川区二丁目
駅番号 HS-06
所属事業者 阪神電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 5.9km(梅田起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
18,570人/日
-2012年-
開業年月日 1921年大正10年)1月5日
ホーム

千船駅(ちぶねえき)は、大阪府大阪市西淀川区二丁目にある、阪神電気鉄道本線。阪神本線で大阪府最西端に位置する。

平日の朝ラッシュ時に運行される区間急行の停車駅である。

駅構造[編集]

待避設備を有する島式ホーム2面4線の高架駅改札口コンコースは2階、ホームは3階にある。改札口は1か所のみ。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 本線 上り 野田大阪(梅田)方面
2 本線 上り 野田・大阪(梅田)方面
3 本線 下り 尼崎神戸(三宮)明石姫路方面
4 本線 下り 尼崎・神戸(三宮)・明石・姫路方面

※内側2線(2番線と3番線)が主本線、外側2線(1番線と4番線)が待避線である。ホーム有効長は阪神車両8両編成分。

千船駅配線略図

梅田方面
0D24
sensd voie bifbg sensd
sensg bifhd voie sensg

三宮・元町方面
凡例
出典:[1]


利用状況[編集]

2012年度の1日の乗降人員は18,570人である。JR東西線御幣島駅の開業以降、乗客の減少が著しい。

各年度の1日平均乗車・乗降人員数は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1995年 28,117 14,277 [2]
1996年 28,228 14,271 [3]
1997年 26,433 13,366 [4]
1998年 25,690 12,990 [5]
1999年 24,730 12,502 [6]
2000年 21,297 10,680 [7]
2001年 20,739 10,505 [8]
2002年 20,523 10,353 [9]
2003年 20,496 10,341 [10]
2004年 20,235 10,145 [11]
2005年 19,816 10,015 [12]
2006年 20,000 10,076 [13]
2007年 19,013 9,544 [14]
2008年 18,549 9,304 [15]
2009年 19,117 9,607 [16]
2010年 18,126 9,106 [17]
2011年 18,259 9,173 [18]
2012年 18,570 9,328 [19]

駅周辺[編集]

西口の駅前通り

神崎川中州である佃に立地する。江戸時代に当地より江戸へ移住した人々によって開かれたのが東京都中央区である。

バス路線[編集]

に〜よんバス[20]

歴史[編集]

  • 1921年大正10年)1月5日 - 開業。
    • それまでの佃駅と大和田駅(いずれも1905年4月12日開業)を統合して設置された。佃駅は当駅のやや北側、大和田駅は神崎川橋梁の南岸にあった。
  • 1977年昭和52年)6月10日 - 高架化される。
    • なお、高架化工事の過程で、一時的に待避機能を信号場へと移設している。
  • 2009年平成21年)3月20日 - 本線準急設定消滅、代わって区間急行が停車するようになる。
  • 2014年平成26年)4月1日 - 駅番号導入。

隣の駅[編集]

阪神電気鉄道
本線
直通特急・特急・区間特急・急行
通過
区間急行
野田駅 (HS-03) - 千船駅 (HS-06) - 尼崎駅 (HS-09)
普通
姫島駅 (HS-05) - 千船駅 (HS-06) - 杭瀬駅 (HS-07)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]