加藤建夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加藤 建夫
Major General Tateo Kato. (Imperial Japanese Army).jpg
加藤建夫(1942年初頭の南方戦線にて)
生誕 1903年9月28日
日本の旗 日本 北海道 上川郡東旭川村
死没 1942年5月22日(満38歳没)
ビルマ(現ミャンマー)アレサンヨウ西方沖(ベンガル湾
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1918 - 1942
最終階級 陸軍少将
墓所 靖国神社
テンプレートを表示

加藤 建夫(かとう たてお、1903年(明治36年)9月28日 - 1942年(昭和17年)5月22日)は、日本陸軍軍人戦闘機操縦者。最終階級陸軍少将位階勲等従四位勲三等功二級。北海道上川郡東旭川村(現:旭川市東旭川町)出身。旭川中学(現:北海道旭川東高等学校)、仙台陸軍幼年学校陸軍士官学校陸軍大学校(専科)卒。

太平洋戦争大東亜戦争)緒戦時、戦隊長として「加藤隼戦闘隊」こと飛行第64戦隊を率い、一式戦闘機「隼」をもって活躍した、帝国陸軍(陸軍航空部隊)のみならず日本軍を代表するエース・パイロットの一人。

来歴・人物[編集]

幼少期[編集]

1903年(明治36年)9月28日、北海道上川郡にて屯田兵として京都から北海道に入植した父・鉄蔵、母・キミとの間に加藤家の末子(兄・農夫也、姉・貞)として誕生する。のちに父は日露戦争軍曹として従軍、奉天会戦にて戦死するも金鵄勲章を受勲し曹長となった。1918年(大正7年)9月、建夫は陸軍軍人だった父兄に倣い仙台陸軍幼年学校に入校。

兄・農夫也は陸軍士官学校を優等で卒業した逸材だったが、砲兵将校として陸軍砲工学校在学中の陸軍砲兵少尉時代に、流行性感冒(インフルエンザ)で早逝する。父親代わりとして弟妹に接し、家族思いだった優しき兄を亡くした事に建夫は酷く落ち込むが、幼年学校の生徒監の支えもあり大きく持ち直し、また後の自身の人格を深く形成する事となった。

飛行機乗りとして[編集]

1938年春、石家荘において。後方は九五式戦闘機

1925年(大正14年)7月、陸士本科(37期、兵科歩兵)を卒業し、見習士官を経た10月26日に札幌歩兵第25連隊附の陸軍歩兵少尉に任官するも、翌27日には本人の希望で航空兵に転科し飛行第6連隊附の陸軍航空兵少尉となる(なお、1925年は帝国陸軍に独立した兵科として、初めて航空兵科が設けられた年である)。1926年(大正15年)6月、所沢陸軍飛行学校に第23期操縦学生として入校し、卒業時には技量成績優秀として御賜の銀時計を拝受し後のエースとしての頭角を現す。1929年(昭和4年)6月に結婚し、のちに3人の男子をもうける。なお、長男の正昭は戦後に素粒子物理学を専攻し、東京大学教養学部教授を経て東京大学名誉教授理学博士を務めている。

陸士本科の生徒隊区隊長を経て、1937年(昭和12年)10月26日には日中戦争支那事変)に陸軍航空兵大尉飛行第2大隊第1中隊長として従軍、1938年(昭和13年)3月には航空部隊として初めて加藤率いる第1中隊に感状(部隊感状)が授与されるなど活躍する。

1938年5月には陸軍大学校入校を命じられ戦地から帰国。1939年(昭和14年)3月に陸大専科卒業後、今度は陸軍航空総監部陸軍航空本部部員を拝命。同年7月には事変におけるエースとしての活躍が認められ、寺内寿一陸軍大将らの等各国への視察旅行の随行に参加。訪独時には、既に第二次世界大戦の火蓋が切られている東部戦線ポーランド)・西部戦線の両戦線を帝国陸軍一行共々視察し、加藤は戦闘機操縦者として先進ドイツ空軍の航空事情を調査し、最新鋭のメッサーシュミット Bf 109に搭乗する機会をもった。

戦隊長として[編集]

一式戦「隼」

1941年(昭和16年)4月、陸軍少佐・4代目戦隊長として飛行第64戦隊に着任、8月末に部隊は新鋭の一式戦「隼」[注 1]に機種改編を行い、「加藤隼戦闘隊」が誕生した。

太平洋戦争開戦後、第64戦隊と「隼」は各地の航空撃滅戦において連合軍を圧倒、加藤自身も積極的に「隼」に搭乗し戦隊長として空中指揮・戦闘に活躍し、南方作戦の成功に大きく貢献している。中でも1942年(昭和17年)2月14日、オランダ領東インドインドネシアパレンバン油田地帯に対して行われたパレンバン空挺作戦において、奇襲空挺攻撃を行う第1挺進団空の神兵)の護衛・援護を第64戦隊と第59戦隊の「隼」が担当した際には(加藤は戦闘隊指揮官として第59戦隊を含む統一指揮)、イギリス空軍ホーカー ハリケーン2機を確実撃墜している(マクナマラ少尉機・マッカロック少尉機、この撃墜戦果の内1機は加藤の戦果とされている。この他更に2機が燃料切れで不時着)。この空挺作戦において、「隼」と挺進兵を乗せた輸送機に損害はなく(唯一、爆弾倉を用いて物料箱の投下にあたっていた飛行第98戦隊九七式重爆撃機1機が高射砲の攻撃により墜落のみ)、無事降下した挺進団はパレンバン油田・製油所飛行場・市街地全てを1日で制圧している。これによって、日本軍は太平洋戦争の開戦意義であり最重要攻略目標である南方資源地帯確保を達成した。

同年2月19日、陸軍中佐に昇進。

最期[編集]

1942年5月22日、ビルマ戦線において第64戦隊が駐屯しているアキャブ飛行場を襲った、イギリス空軍第60飛行中隊のブリストル ブレニム(ブレンハイム)爆撃機のうち、1機(機長:ハガード准尉)を加藤機以下「隼」5機が追撃。しかし、ブレニムの後上方銃座(銃手:ジョック・マクラッキー軍曹)の巧妙な反撃により、安田義人曹長機は被弾して帰還、次の大谷益造大尉機も連射を浴びて被弾の上帰還した。その次の3機の編隊がブレニムを追い詰めたが、加藤機は最初の降下攻撃からの引き起こし(上昇運動)の際に、銃座からの連射により機体に被弾・発火した。

ベンガル湾上のため帰還・不時着は不可能であったため、僚機の近藤曹長機に向けて翼をゆっくり大きくふると、機を左に反転(「自分が無傷で敵地で自爆するのは難しい。超低空で反転操作をすることだ」の日頃の言葉の通り)、背面飛行になって高度200mからビルマ(現・ミャンマー)アンサンヨウ(アレサンヨウ)西方沖約10kmのベンガル湾[1]の水面に炎を噴きながら突入、壮烈な自爆を遂げた[2]享年38。推定総撃墜数は18機以上。

なお、イギリス側の文献、ジョン・レーク著の「Blenheim Squadrons of World War 2」では、ブレニムからの連射による被弾によって加藤機のコントロール・ワイヤーが切断、あるいは加藤自身が被弾の際に重傷を負い意識不明となったのではないかと自爆を否定する見方をしており、戦後の『アニメンタリー 決断』第14話「加藤隼戦闘隊」ではこのレークの説を用いた脚本になっている。

戦死後[編集]

映画『加藤隼戦闘隊』のポスター

その活躍と、その人格・人徳から部下らからは生前から軍神と尊敬(そのストイックな武士道から加藤教と呼ぶ者もいた)されていたが、一般からも軍神との賞賛を得ることになった。累計6回の部隊感状(加藤を指揮官とする)に加え、改めて1942年5月30日に南方軍総司令官寺内寿一陸軍大将から個人感状が授与され、また後には二階級特進および異例の功二級金鵄勲章拝受の栄誉を受けた。個人感状では「ソノ武功一ニ中佐ノ高邁ナル人格ト卓越セル指揮統帥及ビ優秀ナル操縦技能ニ負フモノニシテ、其ノ存在ハ実ニ陸軍航空部隊ノ至宝タリ」と評され、大元帥昭和天皇)の上聞に達し、これによって第64戦隊の戦隊歌の歌詞は「七度重なる感状」となった。

1942年7月には「軍神加藤少将戦死」と陸軍より国民に向けて発表され、23日付の各新聞ではトップ・ニュースとして一面で扱われた。例として、朝日新聞では「仰ぐ軍神・加藤建夫少将」の見出しに「前線の加藤少将と新鋭戦闘機「隼」」「建軍以来感状の最高記録」の副題を付け、加藤を「隼」の写真とともに大々的に報道し、7月29日公開日本ニュース第121号「脱帽 感状七度軍神 加藤少将」では、在りし日の映像とともに「帝国陸軍 空の至宝 加藤建夫中佐」と謳い、写真週報8月5日号では「噫々軍神 加藤建夫少将」「双葉より神鷲の面影」、9月16日号では「敵空軍恐怖の的 隼」と特集するなど連日大々的に扱われていた。これによって、加藤は「空の軍神」・「軍神加藤少将」・「隼戦闘隊長」として当時の全国民の知る伝説的英雄となり、また加藤の活躍と相まって、一式戦「隼」は太平洋戦争中の日本軍戦闘機の中でも最も有名な戦闘機として知られることになった。

1942年9月22日、秋雨降る築地本願寺にて陸軍葬が執り行われた。葬儀には近衛師団近衛兵による儀仗に加え、弔辞は参謀総長杉山元陸軍大将が奉読、内閣総理大臣東条英機陸軍大将をはじめ多くの陸海軍高官らが参列した。その模様は「脱帽 空の軍神 加藤少将陸軍葬」と題し日本ニュース第121号で放映されている。墓所は、旭川市豊岡の愛宕墓地および東京都多摩市多摩霊園(遺族は当時小金井市に居住していた)。旭川市東旭川町の旭川神社境内にある兵村資料館には、加藤に関する貴重な資料が展示されている。

1944年(昭和19年)には戦意高揚の意もあって『加藤隼戦闘隊』として映画化(加藤役・藤田進)、劇中歌でもある戦隊歌とともに大ヒットした。

死生観[編集]

日中戦争時代の洛陽攻撃で川原中尉を失った時に髭をそり落とし霊前に手向けて以来、加藤の右手として活躍し強く信頼されていた安間大尉の未帰還以外は、部下を失っても淡々とした表情であったが、心の懊悩は深いものがあった。加藤は常に自ら率先して危地に飛び込み「死を見ること帰するが如し」を実践した。部下には「ただ死の覚悟が出来たというだけでは足らぬと思う。生きている限り心身をみがき何かの役に立たねばならないのだ。そして、死を跳躍台として悠久(ゆうきゅう)に生きるのだ。[3]」と語っている。

人物像[編集]

陸軍航空兵大尉当時の加藤
1938年5月、彰徳にて

性格は豪放磊落でユーモアに溢れ、当時としては長身である約170cmの身長に日本人離れした彫りの深い顔立ちであった。苦しいことは進んで自分で引き受け、それを自分でやってのけた。上官にどんな意見を出しても、自分がその中の一番苦しい仕事をやる計画だった。飛行機が1機しかなければ、自分自身が乗って行った。

戦地で鹵獲したイギリス空軍のハリケーンの操縦を僅か2、3日でマスターし高等飛行を成し遂げるなど、操縦者として類稀なる素質と実力を持つ帝国陸軍古株の飛行機乗りであるとともに、部下思いの指揮官であった。それに応える様に部下も加藤を強く信頼・尊敬し、中でも第64戦隊中隊長として活躍し本土防空戦で「義足のエース」・「隻脚のエース」と謳われた檜與平陸軍少佐は晩年まで加藤を強く慕っていた。また第64戦隊は帝国陸軍の最精鋭飛行部隊として、多くのエースを輩出している。

日中戦争時の1938年2月には、同年1月に戦死した川井曹長および、敵軍将兵に敬意を払い自身らが撃墜破した数多の中国国民党軍機の操縦者を弔うため、敵味方隔てなくそれぞれ2つの加藤部隊長名義の花環を作り空中から戦場に捧げている。

また戦闘機隊指揮官として個人撃墜数には全く拘らず、日中戦争時には中隊長として自ら率先して描いていた「赤鷲の片翼」の撃墜マークを、戦隊長たる太平洋戦争時には描く事を禁止し、あくまで編隊空戦を第一として、部下に対しては日頃から「個人の功に走るな」と訓示していた。爆撃任務に向かう重爆隊の直掩任務において、部下達が直掩を手薄にして敵迎撃機の撃墜に走り戦果を「稼いでしまった」時には「任務にはずれている」と強く叱責するなど、あくまで部隊全体・任務全体を考えることを命じた。そのため、加藤は空戦指揮のために、それほど性能がよくなかったものの、無線機(無線電話)による戦隊の運用を重視した。

太平洋戦争開戦時、加藤は38歳。戦闘機操縦者としてはベテランであり、他の部隊ならば通常は地上で作戦指揮を行なうことが多かった(大佐や中佐クラスの高級将校が長を務める飛行団長・飛行戦隊長は、指揮官として搭乗し戦場で実際に空中指揮を執るのは戦隊が全力出撃を行う「ここ一番の作戦」のみが一般的)が、帝国陸軍航空部隊の指揮官率先を忠実にまもり、たとえ些細な任務でも編隊の先頭一番機として飛んでいた模範的名指揮官であった。また、見張りを厳重にするため厳冬期でも天蓋(キャノピー)を閉めることは稀であった。

これらの南方での加藤及び第64戦隊を物語るエピソードは、加藤戦死後に第64戦隊附から内地の明野陸軍飛行学校に甲種学生(中隊長教育を受ける)として転属となった檜與平中尉遠藤健中尉[注 2]両名が大戦当時に内地で著した戦記『加藤隼戦闘部隊』などに記述されている他、これを原作とした先述の映画『加藤隼戦闘隊』でも詳細に描写されている。

「隼」は高速性に加え、九七戦並みの格闘性能を求められた。結果として機体構造が弱体化して事故が多発し、主桁が強化されたが操縦者らの受けは悪かった。そこで加藤自ら「隼」に乗り込んで、無茶とも思える高等飛行を披露して不安を払拭したという逸話がある[4]。また「隼」は飛行時間は悠に6時間を超えたが、その様な長距離の作戦で加藤は時に1日2回も出撃することがよくあった。さすがに20歳前後の若手操縦者も音をあげて「腰が痛い、隊長は大丈夫ですか」と聞くと、加藤は「若い者が痛むのに、この老人が痛まぬはずがない」と答えつつ、再び出撃していったという[5]

加藤は機体性能の研究にも強い関心をもっていた。墜落した敵機を詳細に研究し、敵機の弱点などを調べるよう努めた。その中で、敵側の優れた所などを、自軍に取り入れる可能性などを研究する態度をつねに示した。

加藤はにんじん袋(騎兵が馬に与えるにんじんなどを入れる袋)を飛行服に下げていた。袋には、磁石、麻縄、小刀、ナイフ、フォーク、マッチ(不時着時の飛行機処分用)などが入っていた。「航空部隊の生命は機動力である。所持品はできるだけ簡単にー」の言葉通り、この袋一つで後進が来るまで最前線の前進基地に進出したのである。袋には、内地の見ず知らずの人から送られたお守り袋など同じ神社のものまで大切にして入れていた。これについては、部下に対して「送ってくれた人に悪いから」と説明している。

趣味[編集]

加藤の並々ならぬ一番の趣味は写真撮影であり、カメラローライフレックス他、戦死の直前まではコンタックス製品を愛用していた。日中戦争当時から陣中にカメラを持ち込んでおり、戦地とはいえ日頃の熱心な趣味としており遺作も残っている[注 3]

スポーツ全般も得意としており、中でも北海道出身らしくスキーの腕前は確かなもので、戦前に親しい航空兵将校ら同士で開いたスキー会では一二を争う腕前であった。第64戦隊長時代には「空中勤務者は健康が第一」という信条から、部下をテニス野球に誘い、占領した英空軍の飛行場では英軍将校が残していった飛行場併設のゴルフコースゴルフを嗜んでいた程であった。相手の必要なスポーツが出来ないときは、一人でマラソンをして体力を鍛えていた。

風呂好きであり「風呂に入らねばどうもさっぱりせん」と前線でもドラム缶風呂での入浴を楽しみ、風呂上りには部下らと打ち解けて話をすることも多かったという。夫人の回顧では、内地時代は特に澄んだ湯を好み、家では一番湯を楽しんだという。作戦の立案などでいそがしい時に、風呂の用意ができた事を知らされると、部下に「先に入れよ」と言いながらも、入れないことを大層残念そうにしていたという。

煙草は太巻煙草を好んでいた。愛煙家であったが前線では煙草の補給がないことも稀ではなかったため、その時は部下らに自分のとって置きの煙草を分け与えていた。戦死の3日前、檜少尉が煙草を土産に病院から帰還したところ「よく気がついてくれた」とそれを喜んだが、結局缶のフタを開けることはなかった。物への執心をまるで見せなかった加藤だが、煙草に対してだけは、戦地で手に入るとそれを非常に喜んだという。

食の嗜好としては周りからは果物好きとして知られていた。

経歴[編集]

  • 1903年(明治36年)9月28日 -北海道旭川生まれ
  • 1925年(大正14年)- 仙台幼年学校を経て、陸軍士官学校卒業(37期)
  • 1927年(昭和2年)- 所沢陸軍飛行学校卒業
  • 1928年(昭和3年)- 所沢飛校教官
  • 1932年(昭和7年)- 明野陸軍飛行学校教官
  • 1936年(昭和11年)- 飛行第5連隊中隊長
  • 1937年(昭和12年) - 飛行第2大隊第1中隊長
  • 1939年(昭和14年) - 陸軍大学校専科卒業、陸軍航空本部員
  • 1941年(昭和16年) - 飛行第64戦隊長
  • 1942年(昭和17年)5月22日 - ベンガル湾上空で乗機が被弾発火、帰還見込みなく自爆戦死

演じた俳優[編集]

顕彰歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、加藤は前任の航本勤務時代はキ43-I(「隼」の試作名称)の制式採用に反対した。火力不足を懸念していたと言われるが、制式採用が決まると不平を言わず乗りこなし、第64戦隊在籍中には空中分解などの事件でも「隼」を大成させる方向での研究に熱心に取り組んだ。
  2. ^ 両名は明野飛校卒業後に原隊である第64戦隊に戻るが、遠藤中尉は空戦で戦死している。
  3. ^ このカメラは戦死後は御賜の銀時計や軍刀とともに形見として残った。

出典[編集]

  1. ^ 檜與平「つばさの血戦ーかえらざる隼戦闘隊」 光人社 1967年 P.309
  2. ^ 黒江保彦「隼戦闘機隊 かえらざる撃墜王」光人社 2003年 p.128。なお、本書では「アレサンヨウ沖50キロ、高度300メートルから」となっている。
  3. ^ 檜與平「つばさの血戦ーかえらざる隼戦闘隊」 光人社 1967年 P.147
  4. ^ 『太平洋戦争秘録 勇壮!日本陸軍指揮官列伝』別冊宝島編集部編 p58~p59
  5. ^ 『太平洋戦争秘録 勇壮!日本陸軍指揮官列伝』別冊宝島編集部編 p59~p60

参考文献[編集]

  • 東洋経済新報社 『軍神加藤少将写真伝記』 東洋経済新報社(監修:陸軍航空本部)、1943年
  • 檜與平 『つばさの血戦―かえらざる隼戦闘隊』 光人社NF文庫、1984年
  • 監修秦郁彦、編集伊沢保穂 航空情報編集部 『日本陸軍戦闘機隊 付・エース列伝 新改訂増補版』 酣燈社、1984年
  • ヘンリー・サカイダ著 梅本弘訳 『オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦闘機エース6 日本陸軍航空隊のエース 1937-1945』 大日本絵画、2000年
  • Lake,Jon.(1998). Blenheim Squadrons of World War 2. London Osprey Publishing. ISBN1-85532-723-6
  • 梅本弘 『第二次大戦の隼のエース』大日本絵画、2010年

関連項目[編集]