ロード・オブ・ザ・リングシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロード・オブ・ザ・リング
The Lord of the Rings
監督 ピーター・ジャクソン
脚本 フラン・ウォルシュ
フィリッパ・ボウエン
ピーター・ジャクソン
スティーヴン・シンクレア(2作目のみ)
原作 J・R・R・トールキン
指輪物語
製作 ピーター・ジャクソン
バリー・M・オズボーン
フラン・ウォルシュ
マーク・オーデスキー
ティム・サンダース(1作目のみ)
音楽 ハワード・ショア
撮影 アンドリュー・レスニー
製作会社 ウィングナット・フィルムズ
ザ・ソウル・ゼインツ・カンパニー
配給 ニュー・ライン・シネマ
公開 2001年 - 2003年
上映時間 558分
683分(エクステンデッド版)
製作国 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $281,000,000
興行収入 $2,917,506,956
テンプレートを表示

ロード・オブ・ザ・リング』(The Lord of the Rings)は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』を原作とし、ピーター・ジャクソンが監督・共同脚本を務めた叙事詩的[1][2]ファンタジー冒険映画の三部作である。ニュー・ライン・シネマが配給した。

総製作費2億8500万ドルで、ジャクソンの母国ニュージーランドで三部作同時に撮影され、プロジェクト全体で8年を要した。各作品は劇場公開版にエクステンデッド版(拡張版)のDVDも発売された。映画は小説の大まかなストーリーにそりつつ、いくらかの省略や追加要素が含まれた。

中つ国を舞台とし、ホビットフロド・バギンズイライジャ・ウッド)ら旅の仲間一つの指輪を捨て、冥王サウロンを滅ぼすための冒険が描かれる。旅の仲間はやがて離れ離れとなり、フロドは忠実な庭師のサムショーン・アスティン)と危険なゴラムアンディ・サーキス)と行動することとなる。一方でゴンドールアラゴルンヴィゴ・モーテンセン)はイスタリガンダルフイアン・マッケラン)と共に中つ国の自由の民を率い、指輪戦争を勝利に導く。

三部作の合計興行収入は、歴代の映画シリーズの興行収入でも高いものである。批評的にも成功し、アカデミー賞では30回ノミネートされ、17回受賞した。特に最終作の『王の帰還』は11部門でノミネートされ、その全てで受賞を果たしたが、これは『ベン・ハー』、『タイタニック』に並んで最多受賞数である。三部作はその革新的な特殊・視覚効果において高く賞賛された[3][4][5]

2012年現在、前日譚となる三部作『ホビット』が製作中である。1作目『ホビット 思いがけない冒険』は2012年12月に公開された。

企画[編集]

監督のピーター・ジャクソンが初めて『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』に触れたのは、ラルフ・バクシによる1978年のアニメ映画『指輪物語 (前編)』を鑑賞した時であった。ジャクソンは「この映画を楽しみ、もっと知りたいと思った」と述べている[6]。彼が17歳の時、ウェリントンからオークランドへ列車で移動する際に小説版を読んだ[7][8]

1995年にジャクソンは『さまよう魂たち』を完成させると、新プロジェクトとして『ロード・オブ・ザ・リング』に興味を抱き、「なぜ誰もこれまで着手しなかったのだろう」と疑問にも思った[8]。『ジュラシック・パーク』以降のCGIの発展により、ジャクソンは比較的シリアスでリアルに感じるファンタジー映画を計画した。10月までに、ジャクソンとそのパートナーのフラン・ウォルシュミラマックス社長のハーヴェイ・ワインスタインと組み、『ホビットの冒険』と『指輪物語』を元にした2本を製作するため、1970年代初頭より映画化権を持っていたソウル・ゼインツとの交渉を始めた。交渉は、ユニバーサル・ピクチャーズがジャクソンに『キングコング』のリメイクをオファーしたことにより遅れた[9]。ワインスタインは激怒し、さらにゼインツは『ホビットの冒険』の配給権を持っておらず、ユナイテッド・アーティスツのものであることが判明した。1996年4月まで権利問題は解決されなかった[9]。ジャクソンは『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影開始前に『キング・コング』を終えたいと考え、また、ミラマックスが『キング・コング』、ユニバーサルが『ロード・オブ・ザ・リング』の海外収益を得るという交渉も行われた[9]

1997年にユニバーサルが『キング・コング』を中止すると[10]、ジャクソンとウォルシュはすぐにワインスタインから支援を受け、6週間に及ぶ権利の整理のプロセスを始めた。ジャクソンとウォルシュはコスタ・ボーテス英語版に概要執筆を依頼し、彼らは小説を読み返し始めた。2から3ヶ月後、彼らはトリートメントを書いていた[11]。1本目の映画は『ロード・オブ・ザ・リング』、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の冒頭部分から成り、サルマンが死亡し、ガンダルフピピンミナス・ティリスへ行く場面で終わる。このトリートメントは、とガンダルフはサルマンから逃れたあとはローハンを訪れ、ゴラムがフロドを襲うのは旅の仲間が離散する前のことであり、また農夫マゴット英語版グロールフィンデルラダガストエルラダンとエルロヒアが登場する[11]。彼らはハーヴェイとボブ・ワインスタインにトリートメントを読ませた。そして2本の映画で製作費を7500万ドルとすることに合意した[11]

1997年半ば[12]、ジャクソンとウォルシュはスティーヴン・シンクレア英語版と共に脚本執筆を開始した[11]。シンクレアのパートナーのフィリッパ・ボウエンは原作のファンであり、彼らのトリートメントを読んだ後に脚本チームに参加した[12]。2本の映画の脚本を執筆するのに13から14ヶ月を要し[12]、それぞれ147ページと144ページである。シンクレアは劇場の世話のためにプロジェクトを去った。この時期の改訂版では原作のようにサムが盗み聞きをして旅に同行するのでhなく、サム、メリー、ピピンは指輪について考えた末旅立つなどの変更が存在した[11]

マーティ・カッツ英語版がニュージーランドへ行ったときに問題が発生した。彼はそこで4ヶ月過ごし、ミラマックスに製作費は1億5000万ドルに及ぶことを告げ、2本の映画を1本にすることを決定した。1998年6月17日、ボブ・ワインスタインは2時間映画1本分に短縮したトリートメントを発表した。彼はブリー村角笛城の合戦のカットや一部キャラクターの削除、統合を提案した[11]。「良いものの大半を取り除いた」このアイデアに動転した[12]ジャクソンは尻込みし、ミラマックスはウェタ・ワークショップ英語版で完成した脚本や仕事は彼らのものだと宣言した[11]。ジャクソンは4週間にわたってハリウッドを周り[12]、35分間のビデオを見せ、そしてニュー・ライン・シネママーク・オーデスキーと出会った[13]。ニュー・ライン・シネマのロバート・シェイはビデオを見て、ジャクソンたちは全3巻の原作をなぜ2本の映画にしようとするのか疑問に思った。彼は三部作として製作することを望んでいた。すぐにジャクソン、ウォルシュ、ボウエンは新しい3つの脚本を書かねばならなかった[12]

ジャクソンらは脚本の再構築に追われたものの、3本の映画に拡大されたことで創造的な自由も大きくなった。ジャクソンはトールキンの物語に、より編年的なアプローチを取り入れた。フロドの冒険が主要なフォーカス、アラゴルンが主要なサブ・プロットであり[14]、それら2つに直接関わりのない多くの場面(トム・ボンバディルなど)が除外された。書き直し中、アルウェンを戦士兼王女とする計画があったが、結局原作と同様の活躍に戻された[15]

三部作の戦闘や剣技シーンの開発は、元フェンシング選手でありダース・ベイダーのアクションシーンを担当したボブ・アンダーソンに依頼された。アンダーソンはヴィゴ・モーテンセンカール・アーバンらの直接指導も担当した[16]。これらの指導シーンはドキュメンタリー映画『Reclaiming the Blade』で見ることが出来る[17]

プロダクションデザイン[編集]

アラン・リー(2005年8月)

1997年8月よりジャクソンはクリスチャン・リヴァーズ英語版と共にストーリーボーディングを開始し、同時に中つ国のデザインをスタッフに指示した[18]。ジャクソンはリチャード・テイラーを雇い、ウェタ・ワーウショップ英語版を指導させた。1997年11月[12]、トールキンのイラストレーターとして知られるアラン・リー英語版ジョン・ハウ英語版がプロジェクトに加わった。映画のイメージの多くは、彼らのイラストがベースとなっている[19]

ジャクソンの中つ国のビジョンは、ランティ・クックにより「レイ・ハリーハウゼン・ミーツ・デヴィッド・リーン」であると説明された[20]。ジャクソンは砂まみれのリアリズムと歴史的関係をファンタジーに望み、世界観が合理的で説得力が出ると信じた。例えば、植物が本当に成長できるようにニュージーランド軍にはホビット庄を撮影の数ヶ月前から建築させていた[21]指輪の幽鬼といったクリーチャーたちは、生物学的に説得力があるように設計された[22]。ウェタ・ワークショップでは合計で鎧が4万8000個、弓が500本、矢が1万本作られた[23]。また彼らは、ホビットの足の義肢を1800組[12]、さらに付け耳、鼻、頭、そして1万9000の衣裳を作り上げた[12]。すべての小道具はスケールの違いを考慮され、美術部門によって設計された[12]

撮影[編集]

全3作品の撮影は1999年10月11日から2000年12月22日までの438日のあいだに、ニュージーランドの保全地域と国立公園内の多数の場所で同時に行われた。ピックアップ英語版撮影が2001年から2004年まで毎年行われた。三部作の撮影はウェリントンクイーンズタウン周辺で150箇所以上[23]を7つの撮影班を使って行われた。ジャクソンは全体の製作を監督し、ジョン・マーフィー、ジェフ・マーフィ、フラン・ウォルシュ、バリー・オズボーン、リック・ポラス、その他の活動可能な助監督、プロデューサー、脚本家が別班監督を務めた。ジャクソンは衛星中継でこれらの別班をモニターし、脚本の書き直しを行い、一晩の睡眠時間は4時間ほどであった[15]。離れた場所に出向き、ヘリコプターが到着できずに帰宅困難である場合に備えて、スタッフたちはサバイバルキットを携帯した[12]。ニュージーランド自然保護局は 環境への悪影響を十分に考慮せず、公衆に通知することなく国立公園内での撮影を承認したために批判された[24]トンガリロ国立公園での戦闘シーンの撮影の悪影響により、公園は後に復興工事をすることとなった[25]

キャスト[編集]

キャラクター 作品
旅の仲間[26] 二つの塔[27] 王の帰還[28]

旅の仲間[編集]

アラゴルン ヴィゴ・モーテンセン
フロド・バギンズ イライジャ・ウッド
ボロミア ショーン・ビーン
メリアドク・"メリー"・ブランディバック ドミニク・モナハン
サムワイズ・ギャムジー ショーン・アスティン
ガンダルフ イアン・マッケラン
ギムリ ジョン・リス=デイヴィス
レゴラス オーランド・ブルーム
ペレグリン・"ピピン"・トゥック ビリー・ボイド

ホビット庄とブリー村[編集]

ビルボ・バギンズ イアン・ホルム   イアン・ホルム
Mrs. Bracegirdle ロリ・ダンジー英語版  
バーリマン・バタバー デヴィッド・ウェスリー英語版  
Rosie Cotton サラ・マクリード英語版   サラ・マクリード英語版
Gaffer Gamgee ノーマン・フォーシイ   ノーマン・フォーシイ
Elanor Gamgee   ショーン・アスティン
Bree Gate Keeper マーティン・サンダーソン英語版  
Farmer Maggot キャメロン・ロデス英語版  
Old Noakes ビル・ジョンソン  
Everard Proudfoot ノエル・アップルビー   ノエル・アップルビー
Mrs. Proudfoot ミーガン・エドワーズ  
Otho Sackville ピーター・コリガン英語版  
Lobelia Sackville-Baggins エリザベス・ムーディ英語版  
Ted Sandyman ブライアン・サージェント英語版  

裂け谷とロスローリエン[編集]

アルウェン リヴ・タイラー
Figwit ブレット・マッケンジー   ブレット・マッケンジー
ケレボルン マートン・チョーカシュ   マートン・チョーカシュ
エルロンド ヒューゴ・ウィーヴィング
ガラドリエル ケイト・ブランシェット
Haldir クレイグ・パーカー英語版  
Rúmil ヨルン・ベンゾン  

ローハンとゴンドール[編集]

Damrod   アリステア・ブラウニング英語版
デネソール   ジョン・ノーブル
エオメル   カール・アーバン
Éothain   サム・コメリー  
エオウィン   ミランダ・オットー
ファラミア   デビッド・ウェナム
Freda   オリヴィア・テネット英語版  
Gamling   ブルース・ホプキンス英語版
Grimbold   ブルース・フィリップス英語版
Háma   ジョン・リー英語版  
Haleth   カラム・ジティンズ英語版  
Irolas   イアン・ヒューズ
King of the Dead   ポール・ノレル英語版
Madril   ジョン・バック英語版
Morwen   ロビン・マルコム英語版  
セオデン王   バーナード・ヒル
Théodred   パリス・ハウ・ストリュー英語版  
木の鬚   ジョン・リス=デイヴィス(声)

アイゼンガルドとモルドール[編集]

スメアゴル/ゴラム アンディ・サーキス
Gorbag   スティーヴン・ユア
Gothmog   ローレンス・マコール英語版
クレイグ・パーカー英語版(声)
Gríma Wormtongue   スティーヴン・ユア
Grishnákh   スティーヴン・ユア  
Lurtz ローレンス・マコール英語版  
Mauhur   ロビー・マガシヴァ英語版  
Mouth of Sauron   ブルース・スペンス英語版
一つの指輪 アラン・ハワード英語版(声)   アラン・ハワード英語版(声)
サルマン クリストファー・リー
サウロン サラ・ベイカー英語版   サラ・ベイカー英語版
Shagrat   ピーター・テイト
Sharku   ジェド・ブロフィー英語版  
Snaga   ジェド・ブロフィー英語版  
Uglúk   ナサニエル・リーズ英語版  
アングマールの魔王 シェーン・ランギ英語版
ブレント・マッキンタイア
アンディ・サーキス(声)
  ローレンス・マコール英語版
アンディ・サーキス(声)

歴史上の人物[編集]

Déagol   トーマス・ロビンス英語版
エレンディル ピーター・マッケンジー英語版  
ギル=ガラド マーク・ファガーソン英語版  
イシルドゥア ハリー・シンクレア英語版   ハリー・シンクレア英語版

ポストプロダクション[編集]

各作品のポストプロダクションは年中行われており、10〜11月頃に終了し、12月に公開される頃にはスタッフは次作に移行した。この期間の後半ではジャクソンはスコアリングを監督し、編集を続けるためにロンドンへ移り、その一方でパインウッド・スタジオ英語版からインターネットを通じ、特殊効果を見る。彼はどこにいても会議を開き、新しいい音楽と音響効果を聞けるようにポリコム英語版のビデオリンクと5.1サラウンドサウンドを持ってい。エクステンデッド版でもまた、特殊効果と音楽の完成ために各年の始まりは厳しいスケジュールであった[29]

編集[編集]

圧力を避けるため、ジャクソンは作品ごとに別々の編集技師を雇った。1作目はジョン・ギルバート、2作目はマイケル・ホートンジャベス・オルセン、3作目は長年ジャクソンと組んできたジェイミー・セルカークアニー・コリンズ英語版である。合計で600万フィート(1100マイル以上)に及ぶフィルム[23]はエクステンデッド版上映時間の11時間23分(683分)に編集された。

音楽[編集]

ハワード・ショアが三部作の音楽の作曲、オーケストレーション、コンダクト、プロデュースを行った。彼は2000年8月に雇われ[30]、セットを訪れ、映画の組立てを見物した。音楽でショアは様々なキャラクター、文化、場所を表現するために多くのライトモティーフを含めた。例えば、ホビットのライトモティーフはホビット庄と同様である。最初の映画の一部はウェリントンで録音されたが[12]、実質的に三部作のほとんどはワトフォード・タウン・ホールで収録され、アビー・ロード・スタジオでミキシングされた。ジャクソンは毎年6週間ずつロンドンに滞在して助言することを提案し、実際には『二つの塔』のために12週残った。ビートルズファンのジャクソンは横断歩道でフォト・トリビュートを行った[15]

音楽は主にロンドン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏し、またベン・デル・マエストロ英語版エンヤルネ・フレミングジェームズ・ゴールウェイアニー・レノックスエミリアナ・トリーニらが楽曲を提供した。さらに俳優のビリー・ボイドヴィゴ・モーテンセンリヴ・タイラーミランダ・オットー(2・3作目のエクステンデット版)、そしてピーター・ジャクソン(2作目のゴング音)らも参加した。フラン・ウォルシュとフィリッパ・ボウエンがまた多くの音楽と楽曲を作詞し、デヴィッド・サロ英語版がトールキンの言語に翻訳した。3本目の映画のエンディング曲「イントゥー・ザ・ウエスト」は、2003年にガンで亡くなったジャクソンとウォルシュの友人の若手映画作家のキャメロン・ダンカン英語版に捧げられている[20]

音響[編集]

音響技術者たちは良い音を探すために年の半分を費やした。トラやセイウチなどの動物の鳴き声が購入された。人間の声も使われ、フラン・ウォルシュはナズグールの悲鳴、デヴィッド・ファーマーはワーグの遠吠えに貢献した。フェルビーストの金切り声はロバのそれから、ムマキルはライオンの咆哮の最初と最後から来ている。さらにほとんどの会話でADRが使われている。

技術者たちは多くの音声を手に入れるために地元ニュージーランド市民と協力した。モリアの場面でのエコーのようなエフェクトのために放棄されたトンネルで再録音された。ウエストパック・スタジアムで行われたイングランドとニュージーランドのクリケットの国際試合の際、ジャクソンはコンダクターとなり、2万人のクリケットファンが『二つの塔』のウルク=ハイ軍の声を提供した[15]。彼らは夜の墓地で録音し、また、『王の帰還』での投石音のために建設労働者が石のブロックを落としていた。ジャクソンが2003年に新たなスタジオを建設する以前、ミキシングは8月から11月まで「フィルム・ミックス」で行われた。だが建設は、『王の帰還』のミキシングが始まるときにはまだ完全に終わっていなかった[20]

特殊効果[編集]

1作目では540、2作目では799、3作目では1488のエフェクト・ショットが存在した。エクステンデッド版では3作合計で3420にまで増加する。260人の視覚効果アーティストで三部作の作業が始まり、『二つの塔』の頃には倍に増えた。ジム・ライジールランディ・クック英語版率いるスタッフは、長時間、時には一晩中にわたって特殊効果を製作した。ジャクソンの豊かな想像力が駆動力となった。例えば、ヘルムズディープのいくつかの主要なショットは、『二つの塔』のポストプロダクションの最後の6週間以内に作り、同様の事が『王の帰還』の最後の6週間以内に再び起こった。

公開[編集]

劇場[編集]

2000年4月27日に三部作のオンライン・プロモーション予告が公開され、24時間以内に170万ヒットに至り、ダウンロードの新記録を築き上げた[31]。予告編では『ブレイブハート』と『ショーシャンクの空に』などのサウンドトラックの一部が使われた。2001年、モリアの場面に焦点を当てた三部作のフッテージがカンヌ国際映画祭で上映され、好評を得た[32]。上映ではまた、中つ国のようにデザインされた場所も含まれていた[23]

ロード・オブ・ザ・リング』は2001年12月19日に公開された。アメリカ合衆国とカナダでは公開初週末に約4700万ドルを売り上げ、全世界での累計興行収入は8億7100万ドルに達した。『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』のプレビューが、1作目の劇場公開終了間近にエンドクレジット後に挿入された[33]。『二つの塔』のプロモーション予告では映画『レクイエム・フォー・ドリーム』の音楽を再編成したものが使われた[34]。『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』じゃ2002年12月18日に公開された。。アメリカ合衆国とカナダでは公開初週末に約6200万ドルを売り上げ、全世界での累計興行収入は9億2600万ドルに達した。『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のプロモーション予告は、2003年9月23日公開のニュー・ライン・シネマの映画『ウォルター少年と、夏の休日』で排他的に公開された[35]。『王の帰還』は2003年12月17日に公開され、アメリカ合衆国とカナダでは公開初週末に約7200万ドルを売り上げ、全世界興行収入は『タイタニック』以来史上2例目となる10億ドル超えを達成した。

ホームメディア[編集]

各映画は次回作のプレビューを含む標準的な2枚組版DVDでリリースされた。劇場版に加え、新編集、追加特殊効果、音楽を加えた4枚組エクステンデッド版も発売された[36]

2010年4月6日、ワーナー・ブラザーズは三部作の劇場版のBlu-rayボックスセットを発売した[37]。2011年3月にAmazon.comのBlu-rayボックスの事前注文が始まり、2011年6月28日に発売された[38]。各作品のエクステンデッド・カットはDVD版のそれと同じであるが、ブルーレイではプロジェクトに協力した「『ロード・オブ・ザ・リング』ファンクラブ会員」が追加クレジットされた[39]

上映時間
作品 オリジナル版(分) エクステンデッド版(分) エクステンデッド・ブルーレイ版(分)
旅の仲間 178 208 228
二つの塔 179 223 235
王の帰還 201 251 263

評価[編集]

興行収入[編集]

作品名 公開日 興行収入 順位 製作費 出典
北米 北米外 全世界 北米歴代 世界歴代
ロード・オブ・ザ・リング 2001年12月19日 $314,776,170 $555,985,574 $870,761,744 #28
#75(A)
#22 $93,000,000 [40]
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 2002年12月18日 $341,786,758 $583,495,746 $925,282,504 #17
#59(A)
#14 $94,000,000 [41]
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 2003年12月17日 $377,027,325 $742,083,616 $1,119,110,941 #13
#50(A)
#3 $94,000,000 [42]
合計 $1,033,590,253 $1,881,564,936 $2,915,155,189 $281,000,000
備考

社会及び批評家の反応[編集]

『ロード・オブ・ザ・リング』三部作は『スター・ウォーズ』オリジナル三部作、『ゴッドファーザー』三部作を超えて、世界で最も商業的に成功した三部作となった。三部作の累計世界興行収入は29億1000万ドルに達している。『王の帰還』はアカデミー賞11部門を受賞し、『ベン・ハー』、『タイタニック』と並んでいる[43]

三部作は多くの批評家からも賞賛された。Rotten Tomatoesでの批評家支持率は92%、96%、94%で、三部作平均は94%である。2010年7月時点でMetacriticの「Metacritic Best-Reviewed Movies」一覧に三部作全てが入っているのは本作と『トイ・ストーリー』三部作のみである。『ロサンゼルス・タイムズ』のケネス・トゥラン英語版は「これと同等の三部作はすぐには出てこないだろう」と書いた[44]

三部作は多くの「トップ10」作品に入った。さらに『タイム』の歴代100作品、ジェームズ・ベラディネリ英語版のトップ100にも入った[45]。2007年に『USAトゥデイ』では過去25年間で最も重要な映画として本三部作が挙がった[46]。『Paste Magazine』の2000年代(2000-2009年)のベスト映画50では4位となった[47]。また2009年、『タイム』の「この10年間のベスト映画」で三部作は2位となった[48]

作品名 Rotten Tomatoes Metacritic Yahoo! Movies
Overall Cream of the Crop
ロード・オブ・ザ・リング 92% (206 reviews)[49] 92% (38 reviews)[50] 92% (34 reviews)[51] A (15 reviews)[52]
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 96% (219 reviews)[53] 100% (39 reviews)[54] 88% (39 reviews)[55] A- (16 reviews)[56]
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 94% (239 reviews)[57] 98% (43 reviews)[58] 94% (42 reviews)[59] A- (15 reviews)[60]

受賞[編集]

『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のアカデミー賞での合計ノミネート数は30であり、その内受賞に至ったのは17である。『王の帰還』は11部門でノミネートされ、その全てで受賞を果たした。受賞数11は、『ベン・ハー』、『タイタニック』に並んで史上最多である。一方で演技部門では『旅の仲間』のイアン・マッケランが助演男優賞にノミネートされたのみである。

  • 『旅の仲間』 - ノミネート: 13、受賞: 4
  • 『二つの塔』 - ノミネート: 6、受賞: 2
  • 『王の帰還』 - ノミネート: 11、受賞: 11
結果
旅の仲間 二つの塔 王の帰還
美術賞 ノミネート ノミネート 受賞
撮影賞 受賞
衣裳デザイン ノミネート 受賞
監督賞 ノミネート 受賞
編集賞 ノミネート ノミネート 受賞
メイクアップ賞 受賞 受賞
作曲賞 受賞 受賞
歌曲賞 ノミネート
(「メイ・イット・ビー」)
受賞
(「イントゥー・ザ・ウエスト」)
作品賞 ノミネート ノミネート 受賞
音響編集賞 受賞
録音賞 ノミネート ノミネート 受賞
助演男優賞 ノミネート
イアン・マッケラン
視覚効果賞 受賞 受賞 受賞
脚色賞 ノミネート 受賞

アカデミー賞と同じく三部作はヒューゴー賞映像部門MTVムービー・アワード作品賞サターンファンタジー映画賞英国アカデミー賞作品賞(1作目と3作目のみ)を受賞した。『二つの塔』のサウンドトラックがノミネートされなかったのは、前作のそれから音楽を流用してはいけないという規則に触れたためである。この規則は、『王の帰還』が受賞できるように覆された。ニューヨーク映画批評家協会賞作品賞受賞の際、授賞式司会者のアンドリュー・ジョンストン英語版は、「a masterful piece of filmmaking」と評した[61]

『ホビット』[編集]

ピーター・ジャクソンはトールキンの1937年の小説『ホビットの冒険』の映画化に取り組んでいる。1本目の映画のタイトルは『ホビット 思いがけない冒険』(The Hobbit: An Unexpected Journey)であり、2012年12月14日に公開される[62]。2本目のタイトルは『ホビット 竜に奪われた王国』(The Hobbit: The Desolation of Smaug)で2013年12月13日、3本目はThe Hobbit: The Battle of the Five Armiesで2014年7月18日公開が予定されている[63]。『ロード・オブ・ザ・リング』からはイアン・マッケランアンディ・サーキスヒューゴ・ウィーヴィングイライジャ・ウッドイアン・ホルム(老ビルボ役)、クリストファー・リーケイト・ブランシェットオーランド・ブルームが出演する。

参考文献[編集]

  1. ^ http://uk.movies.ign.com/articles/667/667848p1.html
  2. ^ “'Lord' rings true / Tolkien's epic fantasy springs to wondrous life onscreen”. The San Francisco Chronicle. (2001年12月30日). http://www.sfgate.com/movies/article/Lord-rings-true-Tolkien-s-epic-fantasy-2837728.php 
  3. ^ The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring”. Rotten Tomatoes. 2006年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月12日閲覧。
  4. ^ The Lord of the Rings: The Two Towers”. Rotten Tomatoes. 2006年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月12日閲覧。
  5. ^ The Lord of the Rings: The Return of the King”. Rotten Tomatoes. 2006年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月12日閲覧。
  6. ^ “Peter Jackson interview”. Explorations (the Barnes & Noble Science Fiction newsletter). (October/November 2001). 
  7. ^ Ian Nathan (2003年11月28日). “Peter Jackson”. Empire. p. 90 
  8. ^ a b Sibley (2001), pp.11–12
  9. ^ a b c Brian Sibley (2006). “Cheats, Spooks, Hobbits and Apes”. Peter Jackson: A Film-maker's Journey. London: Harper Collins. pp. 310–328. ISBN 0-00-717558-2. 
  10. ^ Watkin, Tim (2001年8月12日). “The 'Rings' movies, a potted history”. The New Zealand Herald. 2006年12月21日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g Brian Sibley (2006). “Quest for the Ring”. Peter Jackson: A Film-maker's Journey. London: Harper Collins. pp. 329–87. ISBN 0-00-717558-2. 
  12. ^ a b c d e f g h i j k l The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring Appendices (DVD). New Line Cinema.. (2002年) 
  13. ^ Sibley (2006), pp.388–92
  14. ^ Head, Steve (2002年12月13日). “An interview with Peter Jackson”. IGN. 2006年10月24日閲覧。
  15. ^ a b c d The Lord of the Rings: The Two Towers "Appendices" (DVD). New Line Cinema.. (2003年) 
  16. ^ Bob Anderson - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  17. ^ Reclaiming the Blade - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  18. ^ Russell, Gary (2003). The Art of the Two Towers. Harper Collins. ISBN 0-00-713564-5. 
  19. ^ Braun, J.W. (2009). The Lord of the Films. ECW Press. ISBN 978-1-55022-890-8. 
  20. ^ a b c The Lord of the Rings: The Return of the King "Appendices" (DVD). New Line Cinema.. (2004年) 
  21. ^ “Hobbiton is being built”. The One Ring.net. (2006年4月12日). http://www.theonering.net/perl/newsview/1/923891184 2006年10月15日閲覧。 
  22. ^ French, Lawrence; Paul A. Woods (editor) (2005). Peter Jackson From Gore to Mordor – Ray Harryhausen visits Middle-earth. Nexus. pp. 149–150. ISBN 978-0-85965-356-5. 
  23. ^ a b c d Sibley, Brian (2002). The Making of the Movie Trilogy. Harper Collins. ISBN 978-0-618-26022-5. 
  24. ^ Johnson, S. 2002. 'The Lord of the Rings and Vertical Limits Film Concessions and the Conservation Act 1987', 4 Butterworths Resource Management Bulletin Vol. 11:125–129, Butterworths of NZ, Wellington, New Zealand.
  25. ^ Tongariro/Taupo Conservation Awards 2005, Department Of Conservation Regional Awards. Retrieved 1 February 2008.
  26. ^ Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring cast”. Yahoo! Movies. 2006年11月20日閲覧。
  27. ^ The Lord of the Rings: The Two Towers cast”. Yahoo! Movies. 2006年11月20日閲覧。
  28. ^ The Lord of the Rings: The Return of the King cast”. Yahoo! Movies. 2006年11月20日閲覧。
  29. ^ Dennis Lloyd (2003年11月19日). “iPod helped to make Lord of the Rings”. iLounge. 2012年12月4日閲覧。
  30. ^ Davidson, Paul (2000年8月15日). “Lord of the Rings Composer Confirmed”. IGN. http://uk.movies.ign.com/articles/034/034262p1.html 2006年11月14日閲覧。 
  31. ^ Lord of the Rings News | LoTR movie internet trailer preview”. Xenite.org. 2010年4月30日閲覧。
  32. ^ Davidson, Paul (2001年5月15日). “IGN: LOTR Footage Wows Journalists”. Uk.movies.ign.com. 2010年4月30日閲覧。
  33. ^ Davidson, Paul (2002年1月25日). “A Longer Fellowship Ending?”. IGN. News Corporation. 2011年2月21日閲覧。
  34. ^ Movie Answer Man”. rogerebert.com. 2012年12月4日閲覧。
  35. ^ MovieWeb.com's News for 23 September 2003, last retrieved on 5 August 2006”. Movieweb.com. 2010年4月30日閲覧。
  36. ^ Patrizio, Andy (2004年12月8日). “The Lord of the Rings: The Return of the King (Special Extended Edition)”. IGN. News Corporation. 2011年2月21日閲覧。
  37. ^ Comingsoon.net, "Lord of the Rings on Blu-ray on April 6"; 13 December 2009. Retrieved 13 December 2009.
  38. ^ ‘The Lord of the Rings’ Extended Edition Heads To Blu-Ray”. MTV. 2011年3月11日閲覧。
  39. ^ Dellamorte, Andre (20 June 2011). "The Lord of the Rings: The Motion Picture Trilogy: Extended Edition Blu-ray Review." Collider.com. Retrieved 2012-09-21.
  40. ^ The Fellowship of the Ring (2001)”. Box Office Mojo. 2009年12月5日閲覧。
  41. ^ The Two Towers (2002)”. Box Office Mojo. 2009年12月5日閲覧。
  42. ^ The Return of the King (2003)”. Box Office Mojo. 2009年12月5日閲覧。
  43. ^ Remaking King Kong an honor for Jackson by John Horn. Retrieved 5 August 2006
  44. ^ Return of the King review at CalendarLive.com by Kenneth Turan. Retrieved 5 August 2006
  45. ^ James Berardinelli. “Berardinelli's All-Time Top 100”. Reelviews. 2007年3月16日閲覧。
  46. ^ Susan Wloszczyna (2007年7月2日). “Hollywood highlights: 25 movies with real impact”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/top25-movies.htm?csp=34 2007年7月3日閲覧。 
  47. ^ The 50 Best Movies of the Decade (2000–2009)”. Paste Magazine (2009年11月3日). 2011年12月14日閲覧。
  48. ^ Corliss, Richard (2009年12月29日). “The Lord of the Rings trilogy (2001–03) – Best Movies, TV, Books and Theater of the Decade”. TIME. http://www.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,1949837_1949237_1949176,00.html 2011年4月22日閲覧。 
  49. ^ The Fellowship of the Ring”. Rotten Tomatoes. 2009年12月5日閲覧。
  50. ^ The Fellowship of the Ring (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. 2009年12月5日閲覧。
  51. ^ The Fellowship of the Ring (2001): Reviews”. Metacritic. 2009年12月5日閲覧。
  52. ^ The Fellowship of the Ring – Critics Reviews”. Yahoo! Movies. 2009年12月5日閲覧。
  53. ^ The Two Towers”. Rotten Tomatoes. 2009年12月5日閲覧。
  54. ^ The Two Towers (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. 2009年12月5日閲覧。
  55. ^ The Two Towers (2002): Reviews”. Metacritic. 2009年12月5日閲覧。
  56. ^ The Two Towers – Critics Reviews”. Yahoo! Movies. 2009年12月5日閲覧。
  57. ^ The Return of the King”. Rotten Tomatoes. 2009年12月5日閲覧。
  58. ^ The Return of the King (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. 2009年12月5日閲覧。
  59. ^ The Return of the King (2003): Reviews”. Metacritic. 2009年12月5日閲覧。
  60. ^ The Return of the King – Critics Reviews”. Yahoo! Movies. 2009年12月5日閲覧。
  61. ^ New York film critics honor 'Rings'”. MSNBC (2003年12月15日). 2011年3月10日閲覧。
  62. ^ Titles and Release Dates Announced for the Hobbit Films!”. ComingSoon.net. 2011年5月30日閲覧。
  63. ^ McClintock, Pamela (2012年8月31日). “Third 'Hobbit' Film Sets Release Date”. The Hollywood Reporter. 2012年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]