一つの指輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一つの指輪(ひとつのゆびわ、One Ring)は、J・R・R・トールキンのファンタジー小説に登場する架空の魔法の指輪。トールキンが創作した中つ国世界を舞台としたシリーズのうち、第1作である『ホビットの冒険』から登場し、その続編『指輪物語』ではこの指輪を巡る物語が描かれる。

なる指輪」(the Master-ring)[1]、「支配する指輪」(the Ruling Ring)[2]、「」(the One)[3]とも呼ばれる。『ホビットの冒険』における主人公、ビルボ・バギンズが偶然手にした際には、身につければ姿を消すことができる不思議な指輪として登場するものの、それは指輪の能力のほんの一部に過ぎず、『指輪物語』では最大の敵役である冥王サウロンが中つ国を支配するための手段であると同時に弱点でもあるという位置づけで登場する。外見上は単純に金で作られているように見えるが、事実上損なわれることはなく、もともと鍛造された火山の亀裂に投げ込むことでしか破壊することができないという設定である。同じくサウロンが創造した下位の指輪と異なり、宝石はついていないが、(劇中においてはほとんど知られていなかった)単純な方法で一つの指輪であることを試すことが出来る。火で熱すると、火文字で書かれたモルドールの言葉による伝承の一節が浮かび上がるのである。

歴史[編集]

第二紀、冥王サウロンがエルフの金銀細工師の力とかれの力を合わせて、かれの力を増し、かつケレブリンボールとその部下がサウロンの影響下で作ったほかの力の指輪を支配するためにこれを作った。そのために指輪に自分のフェア(あるいは精神)の一部をこめた。したがって、かれは、指輪を身に付けている間は以前より強くなるが、失うとはるかに弱くなることとなった。

バラド=ドゥーアの包囲戦で、イシルドゥアがサウロンの手から指輪を切りおとし、王家の宝とした。その後、イシルドゥアはあやめ野でオークの奇襲を受け、指輪の裏切りによって命を落とす。指輪は大河アンドゥインの川床に隠されており、およそ2000年後、デアゴルという名のホビット(詳しくはストゥア族)によって発見された。しかし、デアゴルのいとこスメアゴルが彼を殺害し、指輪を盗んでしまう。結果、スメアゴルは村を追われ、孤独と指輪による延命の影響により、ゴクリという狡猾さと残忍さを伴う不愉快な生物となった。『ホビットの冒険』で伝えられるように、霧ふり山脈英語版のゴクリのねぐらの近くの洞窟で道に迷ったビルボ・バギンズは指輪を見つけ、指輪の与える不可視性がかれの冒険に役立つことに気づく(『ホビットの冒険』を書いた時、トールキンはまだ指輪に関する不吉な物語を考案していなかった)。

数十年後、友人である魔法使いガンダルフの助言に従い、ビルボはかれの親戚で養子のフロドに指輪を与えた。この指輪の歴史の中で初めて自発的に手放したことから、一連の出来事の連鎖を誘発し、結局その破壊に結びつく。偶然と運命の間の相互作用が『指輪物語』の暗黙のテーマである。

この時、すでにサウロンはかれの力を回復し始めていた。また、モルドールの暗黒の塔が再建された。一つの指輪の奪還を防ぐために、滅びの山オロドルインの火の中で指輪を破壊しようと、フロドたち9人の仲間は裂け谷からモルドールに向けて出発した。

性質[編集]

純金製で、幾何学的に完全な円に見え、この完璧さおよび純粋さはその魅力の一部であった。指輪は、つける者の指に適合するかあるいはそれを裏切って抜け落ちるために大きくなったり小さくなることができたようである。

この指輪を身につけると、人は物理的な領域から精神的な領域へ部分的に「変移する」と考えられる。その上で装着者が自分の意志に指輪の意思を従属させたならば、指輪をなくす前にサウロンが持っていたすべての力を振うことができる。特に他者の意志を制御し、奴隷にすることができる。通常、最初に気づく指輪の副作用は、生きている人間のような物理的な存在からは見えなくなり、幽鬼のような精神的な存在からはよく見えるようになること、また、視界が暗くなり、聴覚が鋭くなることである。この「影界」は幽鬼が常に住むことを強いられた世界だが、そこはカラクウェンディ(光のエルフ)が大きな力を持つ世界でもある。したがって、グロールフィンデルは、フォルノストの合戦英語版で、後に裂け谷のブルイネンの浅瀬で再び魔王を止めることができた。

不可解なことにトム・ボンバディルはこの指輪に影響されなかった。あるいは、指輪はかれに効果を及ぼすことがなかった。これにはいくつかの解釈があるため、トム・ボンバディルの記事を参照されたし。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』では、指輪をはめるとすべてが歪んだ陰の世界へ移動するという描写がある。

指輪の性質の一部は、(逆のどんな意図があったにせよ)着用者をゆっくり、しかし間違いなく蝕むことである。これが指輪の魔術として特に設計されたのか、単にその邪悪な起源のためかは不明である(サウロンがそのような特性を一つの指輪に賦与したとも考えられるが、恐らくかれ以外の者がこの指輪を付けることは想定していなかっただろう)。指輪を制御できるほど強靭な意志の持ち主なら、サウロンを滅ぼすために用いることも可能なのだが、最初は善なる目的に使っていたとしても、最後には新たな冥王となってしまうのである。このために、ガンダルフエルロンドおよびガラドリエルを含む賢人たちは、指輪を自分たちの防御のために用いることを拒絶し、その代り、それが破壊されなければならないと決めた。

指輪を破壊するための探求の物語、そして指輪の歴史のほとんどは、トールキンの小説『指輪物語』で伝えられている。

中つ国も参照のこと。

指輪の銘[編集]

Unico Anello.png

一つの指輪は普段は飾りのない金の指輪にしか見えないが、火で熱すると指輪の表と裏に火文字が浮かび上がる。これはサウロンの燃えるような手を指輪が恋うるためであるという。火文字にはエルフの文字が使われているが、その言葉はモルドールの暗黒語である。

One Ring inscription.svg

銘には

アッシュ・ナズグ・ドゥルバドゥルーク
アッシュ・ナズグ・ギムバトゥル
アッシュ・ナズグ・スラカトゥルーク・アグ・ブルズム・イシ・クリムパトゥル
(Ash nazg durbatulûk, ash nazg gimbatul, ash nazg thrakatulûk, agh burzum-ishi krimpatul)

と書かれている。これをガンダルフが口にした際には周囲に不吉な効果をおよぼした。

意味は、

一つの指輪は全てを統べ、
一つの指輪は全てを見つけ、
一つの指輪は全てを捕らえて、暗闇の中に繋ぎとめる。
(One Ring to rule them all, One Ring to find them, One Ring to bring them all, and in the darkness bind them)

というものである。

旅の仲間』(上)第二章「過去の影」にエルフ文字による銘が示されている。

この銘は火の山においてサウロンが指輪を造り出したさいに口にした詩の一部(全文は各巻の冒頭に記載されている有名なものがそれである)であり、その声を遠くエレギオン英語版ケレブリンボールが聞き賢者らに伝わったものである。

指輪所持者[編集]

指輪所持者(Ring-bearer)とは、字義通り取れば力の指輪の持ち主すべてのことになるが、おおむね一つの指輪を担うものをさして使われる。『指輪物語』本編では主にフロドの称号のようになっているが、ビルボやサム・ギャムジーも当てはまる。指輪所持者は中つ国に生まれたものであっても、エルフたちとともに不死の国アマンへ渡航する権利を得る……あるいはそうするよりほかにない。指輪の喪失によってこうむる苦痛は、この世の手段では癒せないからである。ごく短い間しか指輪を持たなかったサムは、戦争終結後も長くホビット庄に残っていたが、最後にはかれも西へ船出した。

脚注[編集]

  1. ^ 『新版 指輪物語』1、113頁,『The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring』、57頁。
  2. ^ 『新版 指輪物語』1、138頁,『The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring』、68頁。
  3. ^ 『新版 指輪物語』1、115頁,『The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring』、58頁。

参考文献[編集]