オロドルイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オロドルインOrodruin)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』及び『シルマリルの物語』に登場する火山。別名滅びの山Mount Doom)。

モルドール国内のゴルゴロス平原にそびえる孤峰であり、一つの指輪はその火口、滅びの罅裂でサウロンによって鍛造された。『指輪物語』では、指輪所持者フロド・バギンズの最終目的地。

シンダール語でOrodは「山」、ruinは「紅蓮の炎」を意味し、オロドルインは「燃えさかる火の山」を意味する。第三紀にサウロンが力を取り戻すと、ゴンドールの国人はこれを、シンダール語でアモン・アマルスと呼んだ。滅びの山はこれの西方語訳である。

第二紀にサウロンがその根拠地にモルドールを選んだ際、オロドルインの存在がその理由であった。かれは自身の魔力と鍛冶の力、そして地の底から噴き出す炎の力を用いて一つの指輪を鍛えた。

サウロンの影響下で、オロドルインは自然の火山以上のものとなった。サウロンはある程度火山を操作することが出来た。またかれの力が衰えるとオロドルインは沈静化し、かれの力が栄えると活発化した。

フロド・バギンズをはじめとする9人の指輪の仲間がこの山をめざして旅をすることになった。最終的にフロドと従者のサム(サムワイズ・ギャムジー)がこの山の中腹にある火室サンマス・ナウア、滅びの罅裂にたどり着き、かれらと指輪を追ってきたゴクリの予想だにせぬ働きによって指輪は火の中で無に帰し、ついにサウロンは永遠に滅びた。