バラド=ドゥーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バラド=ドゥーアBarad-dûr)は、J・R・R・トールキンが創造した架空世界である中つ国において第二紀サウロンによってモルドールに築かれた要塞。その名はシンダール語で「暗黒の塔」を意味する。黒の言葉ルグブルズLugbúrz, 指輪の銘より búrz は暗黒を意味するため、恐らく lug は塔を意味してこちらも暗黒の塔の意と思われる)と呼ばれる。ダゴルラドの戦いの後サウロン討伐と共に破壊されるが、一つの指輪の魔力を注いで作られていた強固な土台だけは残った。第三紀に力を取り戻したサウロンにより再建されるが、指輪所持者の使命達成と共に指輪の魔力は消え、土台も含めて完全に消えうせた。旧訳の『指輪物語』では「バラド=ドゥア」と表記されている。