リチャード・ダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ダン Football pictogram.svg
Richard Dunne 2011.jpg
名前
本名 Richard Patrick Dunne
愛称 Honey Monster、Dunninho
カタカナ リチャード・パトリック・ダン
ラテン文字 Richard DUNNE
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 1979年9月21日(35歳)
出身地 ダブリン
身長 188cm
体重 95kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 QPR
ポジション DF
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000
2000-2009
2009-2013
2013-
イングランドの旗 エヴァートン
イングランドの旗 マンチェスター・シティ
イングランドの旗 アストン・ヴィラ
イングランドの旗 QPR
60 (0)
296 (7)
95 (4)
0 (0)
代表歴2
2000- アイルランドの旗 アイルランド 77 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年7月16日現在。
2. 2012年6月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リチャード・パトリック・ダンRichard Patrick Dunne1979年9月21日 - )は、アイルランドダブリン出身の同国代表サッカー選手フットボールリーグ・チャンピオンシップクイーンズ・パーク・レンジャーズFC所属。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

クラブ[編集]

マンチェスター・シティ[編集]

ダブリンでサッカーを始め、16歳の時にエヴァートンFCと契約。2000年10月18日に300万ポンドの移籍金でマンチェスター・シティFCに移籍。当初は右サイドバックとして起用されたが、すぐにセンターバックにコンバートされ、頭角を現す。2002-03シーズンにはしばらくポジションを失ったが、その後きっちりと体を絞ってケビン・キーガン監督の信頼を取り戻し、レギュラーのポジションを奪回している。2004-05シーズンにはマンチェスター・シティのサポーター選出によるシーズン最優秀選手となる。2006年からシティの主将を務めている。

主将となった2006-07シーズン、シティは得点力不足にあえいだが、ダンを中心とする鉄壁のディフェンスによってこれを凌ぎ、降格圏転落を回避し続けた。このシーズンのシティはイングランドのトップリーグ史上、ホームでの得点が最も少なかったクラブとなったが、降格は免れた。

2007-08シーズンはセンターバックの相棒がポーツマスFCに移籍したシルヴァン・ディスタンからマイカ・リチャーズとなったが、リチャーズの抜群の身体能力を持って相手をチェックし、ダンのカバーリングでボールを奪うというシーンが多々見られた。リーダーシップも発揮し、前半戦の快進撃の原動力となった。後半戦は負け試合こそ少なかったが、勝ち試合を落とすことが多く、シーズン終盤、リチャーズが故障で戦列を離れるとクラブの失点は増え、更に順位を下げる結果になった。それでもクラブ史上、プレミアリーグで最も多くの勝ち点を獲得したシーズンとなった。最終節のミドルズブラFC戦では、8失点を許し大敗している。

一方でクラブのオーナーとスヴェン・ゴラン・エリクソン監督の不和がささやかれるようになった為、クラブの先行きは不透明なものとなり、これに不信感を抱いたダンとクラブの契約延長交渉は暗礁に乗り上げた。ダンの移籍は確定かと思われ、ポーツマスはダン獲得の意思を公にしたが、新たにブラックバーン・ローヴァーズFCから引き抜かれたマーク・ヒューズ監督が着任すると、間もなくダンはシティとの契約を4年間延長した。

アストン・ヴィラ[編集]

2009年夏の移籍市場で、シティはアーセナルFCからコロ・トゥーレを、ダンの古巣であるエヴァートンからジョリオン・レスコットを獲得。マーク・ヒューズの構想では先発のセンターバックはこの二人となった為、ヒューズはダンの移籍を容認。8月28日アストン・ヴィラFCへの移籍が発表された。この移籍に際し、ヒューズはダンがアイルランド代表のレギュラーとしてワールドカップ予選を戦っている最中であることや、これまでのクラブへの貢献を考えると彼に控えのポジションを与えることは敬意を欠いた行動であるとの考えを表明した[1]

クイーンズ・パーク・レンジャーズ[編集]

2013年7月、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCへ移籍[2]

代表[編集]

アイルランド代表として2002 FIFAワールドカップの代表メンバーとして選出されているが、本大会では一度も出場することはなかった。2002年のワールドカップ終了後からは同国代表の主力として活躍している。スティーヴ・ストーントンケニー・カニンガム引退後のアイルランド代表のディフェンスリーダーであり、サポーターからも高い評価を受けている。[3]

評価[編集]

  • 前述のように4季連続でマンチェスター・シティのファン選出最優秀選手に選ばれている他、2006-2007シーズンには最優秀アイルランド人選手にもなっている。2007-2008シーズンからマンチェスター・シティの監督となったスヴェン・ゴラン・エリクソンもダンを「我々にとって特別な、本当に特別な選手」と形容している[4]

人物[編集]

  • 愛称は「ダニー・モンスター」。これは「シュガー・パフ」というシリアル商品のキャラクター(ハニー・モンスター)に似ていることから。2004-2005シーズンから2007-2008シーズンまで4季連続でマンチェスター・シティのサポーターが選ぶクラブの最優秀選手に選ばれる(クラブ史上初)[5]など、マンチェスター・シティの歴史上、最高の評価を受ける選手の一人である。

エピソード[編集]

  • 娘の名前は熱狂的なマンチェスター・シティサポーターとして知られるロックバンド、オアシスの曲にちなんで名付けられた。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]