デヴィッド・コノリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィッド・コノリー Football pictogram.svg
名前
本名 デイヴィッド・ジェイムズ・コノリー
David James Connolly
カタカナ デイヴィッド・コノリー
ラテン文字 David CONNOLLY
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 1977年6月6日(37歳)
出身地 ブレント・ロンドン特別区
ウィレスデン英語版
身長 172cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 AFCウィンブルドン
ポジション FW (CF)
背番号 34
利き足 右足
ユース
0000-1994 イングランドの旗 ワトフォード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1997 イングランドの旗 ワトフォード 26 (10)
1997-2001 オランダの旗 フェイエノールト 25 (7)
1998-1999 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン (loan) 32 (6)
1999-2001 オランダの旗 エクセルシオール (loan) 48 (42)
2001-2003 イングランドの旗 ウィンブルドンFC 63 (42)
2003-2004 イングランドの旗 ウェストハム 39 (10)
2004-2005 イングランドの旗 レスター 49 (17)
2005-2006 イングランドの旗 ウィガン 19 (1)
2006-2009 イングランドの旗 サンダーランド 39 (13)
2009-2012 イングランドの旗 サウサンプトン 61 (14)
2012-2015 イングランドの旗 ポーツマス 38 (11)
2014 イングランドの旗 オックスフォード・U (loan) 16 (4)
2015- イングランドの旗 AFCウィンブルドン 7 (1)
代表歴
1996-2004 アイルランドの旗 アイルランド 41 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年3月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デイヴィッド・コノリーDavid CONNOLLY1977年6月6日 - )は、イングランド出身のアイルランドサッカー選手AFCウィンブルドン所属。ポジションはセンターフォワード

来歴[編集]

ロンドン北西部のウィレスデン生まれ。ワトフォードFCを皮切りに数多くのクラブを渡り歩く、さすらいのストライカーである。体格もさほど大きくないし、華麗な足技があるわけでもないが、ゴールに向かう闘志は一級品である。特にイングランドの2部(旧ディヴィジョン1、現チャンピオンシップ)では安定した成績を残してきており、確実に計算出来るストライカーであると言える。ただ、ストライカーとしての判りやすさに欠けるためか、常に2番手、3番手のストライカー扱いであり、そこに目を付けた別のクラブに当座を凌ぐ為のストライカーとして引き抜かれ、やがて本来のエース・ストライカーが復帰する(あるいは育つ、移籍してくる)とベンチ要員に格下げされ、再び別のクラブに・・・ということを繰り返している。これはアイルランド代表においても同じで、常にロビー・キーンクリントン・モリソンの控え扱いであった。

2005-2006シーズンにはウィガン・アスレティックFCに所属してFAプレミアリーグを戦ったが、故障でシーズンの大半を棒に振り、2006-2007シーズン開幕とともに、旧知のロイ・キーンに引き抜かれてサンダーランドAFCへと移った。サンダーランドはターンオーバー制を敷いていてストライカーの布陣は流動的であるが、13得点をあげて同シーズンのチーム最多得点者となった。2009年10月、サウサンプトンFCへ移籍。

2015年1月15日、フットボールリーグ2AFCウィンブルドンに移籍した[1]

選手経歴[編集]

イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC 1998-1999 (loan)
オランダの旗 エクセルシオール・ロッテルダム 1999-2000 (loan)
イングランドの旗 オックスフォード・ユナイテッドFC 2014 (loan)


  1. ^ David Connolly: AFC Wimbledon sign veteran striker BBCスポーツ 2015年1月15日付