ジョン・オシェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・オシェイ Football pictogram.svg
Manchester - Old Trafford - Manchester United vs Crawley Town.jpg
名前
本名 ジョン・フランシス・オシェイ
愛称 シェシー、ジョニー、ジョシュ
ラテン文字 John O'Shea/Seán Ó Sé
Seán Ó Sé Seán Ó Sé
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 1981年4月30日(32歳)
出身地 ウォーターフォード
身長 190cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 サンダーランドAFC
ポジション DF(CB、SB)/MF(DH、CH、SH)
背番号 16
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2011
2000
2001
2011-
イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC
イングランドの旗 AFCボーンマス(loan)
ベルギーの旗 ロイヤル・アントワープ (loan)
イングランドの旗 サンダーランドAFC
246 (10)
10 0(1)
14 0(0)
28 0(0)
代表歴2
2000-2002
2001-
アイルランドの旗 アイルランド U-21
アイルランドの旗 アイルランド
13 0(1)
93 0(2)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年7月13日現在。
2. 2013年10月15日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj
スローインを入れるオシェイ

ジョン・オシェイ(John O'Shea, アイルランド語ではSeán Ó Sé1981年4月30日 - )はアイルランドウォーターフォード出身の同国代表サッカー選手。所属クラブはサンダーランドAFC。左右のサイドバックセンターバック、セントラルミッドフィールダーこなすユーティリティー・プレイヤーである。[1]

経歴[編集]

トップチームデビュー[編集]

1999年にリーグカップアストン・ヴィラ戦でトップチームデビュー。2001-02シーズンにはトップチームに定着し、2002-2003シーズンには34試合に出場。主にセンターバック、レフトバックとして出場を重ねる。しかし2003-2004シーズンにはプレーに積極性を欠き、また軽率なミスも目立つようになった為、ファンの批判を浴びるようになった。

ユーティリティーマンへの転身[編集]

2004-2005シーズンになるとアルゼンチン代表ガブリエル・エインセの加入により、レフトバックでの出場機会は殆ど失われるが、怪我人の多いチーム事情もあり、セントラルミッドフィールダーやセンターバック、ライトバックとして頻繁に試合に出場した。

2005-2006シーズンもまたあちこちのポジションで先発を務め、ポジション不定のレギュラーメンバーという新ジャンルを開拓することとなる。前半戦ではエインセの怪我により主にレフトバックを務め、後半戦では、ロイ・キーンセルティック移籍、アラン・スミスポール・スコールズの故障など、セントラルミッドフィールダーが払底した為、ライアン・ギグスダレン・フレッチャーとともにセントラルミッドフィールダーのレギュラーとなった。

2006-2007シーズン序盤はセントラルミッドフィールダーとして先発することが多かったが、キャリックの復帰とともに控えに回り、守備固めや怪我人の穴埋めとして後半に交代出場するという起用法が増えていった。そして2007年2月4日のトッテナム戦、ロビー・キーンとのマッチアップで負傷したファン・デル・サールに代わり、ついにゴールキーパーを務めるまでにいたった。

これはチームが交代枠をすでに使い切ってしまっていたためだったのだが、ペナルティエリアという既成概念にとらわれない斬新なプレイスタイルで1対1の場面で相手を止めるなどユナイテッドの完封勝利に貢献。この時ベンチで観戦していたウェイン・ルーニーなどチームメイトや、スタンドのサポーターはオシェイの好プレーに笑みを浮かべる場面もあった。[2]この試合がきっかけで日本の熱狂的なファンのなかでは「ミラクルオシェイ」と呼ぶ人も多い(ただし、ミスも犯すこともあることに対する皮肉でもある)。

ちなみにこのシーズン、オシェイはリーグ一の得点決定率を誇った。放った全てのシュートが枠内に飛び、そのうち8割がゴールマウスを割っている。[3]

二冠チームの一員として[編集]

2007-2008シーズンもオシェイはベンチスタートが中心であったが、試合の大勢が決した後半に、休ませたい選手や今ひとつフィットしていない選手の代わりとして数多く出場。プレミアシップとチャンピオンズリーグの二冠に貢献した。またこのシーズン、オシェイはついにストライカーとして試合に出場。マンチェスター・ユナイテッドでゴールキーパーを含む全てのポジションを経験した選手となった。またリーグカップでは初めてマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンマークを巻くこととなった。

2008-2009シーズンもオシェイは控え選手としてのスタートであったが、ガリー・ネヴィルウェズ・ブラウンの故障によりサイドバックとしての先発の機会を増やし、最終的には54試合に出場(うち42試合で先発)。チャンピオンズリーグ準決勝アーセナル戦2回戦で決勝ゴールを決めるなど、チームの三冠(世界クラブ選手権、リーグカップ、プレミアリーグ)に貢献した。ファーガソン監督はオシェイの活躍を評し、「かつてのデニス・アーウィンのような隠れた英雄(unsung hero)」と語った[4]

2009-2010シーズンのプレミアリーグ開幕戦ではゲーム・キャプテンとして先発している。

2011年7月7日ウェズ・ブラウンとともにサンダーランドAFCへ加入。

代表キャリア[編集]

アイルランド代表ではUEFA EURO 2004予選からレフトバックのレギュラーの位置を獲得しつつあるが、スティーヴ・ストーントン監督の就任、ケニー・カニンガムの代表引退とともにセンターバックのポジションもこなすようになった。

私生活[編集]

2010年6月にイヴォンヌ・マニングとキルデア州にある教会で結婚式を挙げた。

所属クラブ[編集]

→2000年 イングランドの旗 AFCボーンマスloan
→2001年 ベルギーの旗 ロイヤル・アントワープFC (loan)

脚注[編集]

  1. ^ Player Profile
  2. ^ O'Shea proud of keeper stint
  3. ^ United's midfield options
  4. ^ ‘Unsung’ O’Shea set for final start

外部リンク[編集]