ケヴィン・ドイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケヴィン・ドイル Football pictogram.svg
Kevin Doyle.png
名前
本名 ケヴィン・エドワード・ドイル
ラテン文字 Kevin Edward DOYLE
基本情報
国籍 アイルランド共和国の旗 アイルランド
生年月日 1983年9月17日(30歳)
出身地 ウェックスフォード州アダムスタウン
身長 182cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン
ポジション FW
背番号 29
利き足 右足
代表歴2
2002-2005
2006-
アイルランド共和国の旗 アイルランド U-21
アイルランド共和国の旗 アイルランド
11 (6)
57 (13)
2. 2014年6月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ケヴィン・エドワード・ドイルKevin Edward Doyle, 1983年9月17日 - )は、アイルランド共和国ウェックスフォード州アダムスタウン出身の同国代表サッカー選手。ポジションはフォワード。イングランドのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC所属。第19回アイルランドサッカー協会選出最優秀選手(The 19th eircom/FAI International Soccer Awards Senior, 2008)[1]

略歴[編集]

リーグ・オブ・アイルランド時代[編集]

2001年9月にリーグ・オブ・アイルランドのプレミアディビジョンのセント・パトリックス・アスレティックFCと契約してプロとしてのキャリアをスタートさせた。クラブのユースチーム(アンダー18)で数ヶ月プレイした後、リーグの公式試合に出場。2003年2月に同リーグのコーク・シティに移籍。コークでは、最初は右ウイングとして出場したが、まもなく本来のポジションであるフォワードとして起用された。

レディングFC[編集]

2005年7月、117,000ユーロ(約1800万円)の移籍金でイングランドのFLチャンピオンシップ(イングランドの実質2部リーグ)のレディングFCと契約。バックアップ・メンバーとしてチームに加わったドイルだったが、他の選手の怪我により試合に起用され始めるとゴールを量産。チームのリーグ優勝の原動力となった。2006年4月、チャンピオンシップのファンが選ぶ最優秀選手に選出され、また、プロフェッショナル・フットボーラーズ協会が選ぶチャンピオンシップ・ベスト・イレブンにも選ばれた。

2006年夏にレディングFCがプレミアリーグに昇格した後もドイルはゴールを決め続け、怪我で欠場した時期があるにも関わらず、リーグの得点ランキングの上位に名を連ねている。プレミアシップでの最初のゴールは、2006年9月23日の対アストン・ビラ戦(試合は2対1で敗れる)。少年時代に応援していたマンチェスター・ユナイテッドとの対戦でもPKでゴールを決めた。

2007-2008シーズンは共に中核を担っていたスティーヴ・シドウェルの移籍と厳しいマークにあい、前シーズンほどの得点を挙げることが出来ず、クラブはチャンピオンシップ降格となった。

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC[編集]

2008-2009シーズンは18得点と活躍するもクラブは昇格を逃し、2009年6月30日、新たにプレミア昇格となるウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCに650万ポンド(ウルヴス史上最高額)の移籍金で移籍した。ウルヴスでは2008-2009シーズンにチャンピオンシップで25得点をあげて得点王に輝いたシルヴァン・イーバンクス=ブレイクが故障と不調で全く活躍出来ない中、貴重な得点源として君臨し、下位に低迷し残留争いするチームで9得点を記録した。2011-2012シーズンは4得点に終わり、チームも2部へ降格。2013-2014シーズンは3部リーグにまで降格し、チームに残ったが、シーズン途中よりプレミア昇格を目指すQPRへローン移籍した。

アイルランド代表[編集]

アイルランド共和国U-21代表として2004年2月の対ポルトガル戦でデビュー。U-21代表として11キャップを獲得し、5得点を記録した。2003年FIFAワールドユース代表にも選出された。

2005年10月にA代表に初招集され、2006年3月1日にランズダウン・ロードで行われたスウェーデン戦(親善試合)で初キャップを獲得。代表公式戦初出場は2006年9月2日のヨーロッパ選手権予選の対ドイツ戦。代表初ゴールは2006年11月の同予選の対サンマリノ戦。2007年3月にクローク・パークで行われた同予選の対スロバキア戦でも唯一のゴールを決め、勝利に貢献した。

2008年9月のワールドカップ予選グルジア戦でも先制ゴールを決め、代表チーム勝利に貢献している[2]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]